基本情報

写真b

鷲尾 隆

WASHIO Takashi


キーワード

人工知能,知識発見

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.ar.sanken.osaka-u.ac.jp/%7Ewashio/washprjp.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1996年06月01日 ~ 2006年08月31日,産業科学研究所,助教授,専任

  • 2006年09月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 工学部 原子核工学科 卒業 1983年03月
東北大学 工学研究科 原子核工学専攻 修了 1985年03月
東北大学 工学研究科 原子核工学専攻 修了 1988年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1987年04月 ~ 1988年10月
マサチューセッツ工科大学原子炉研究所客員研究員 1988年04月 ~ 継続中
(株)三菱総合研究所研究員 1990年02月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1996年06月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 測定データからの第一原理法則発見に関する研究,
    グラフ構造データからの規則性パターンのデータマイニング研究,
    大次元データの部分空間クラスタリング・データマイニング研究,
    大量データからのデータマイニングに関するする研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会

  • 日本知能情報ファジイ学会

  • 計測自動制御学会

  • 人工知能学会

  • AAAI (American Association for Artificial Intelligence)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Data Mining Oriented CRM Systems Based on MUSASHI: C-MUSASHI,Katsutoshi Yada, Yukinobu Hamuro, Naoki Katoh, Takashi Washio, Issey Fusamoto, Daisuke Fujishima and Takaya Ikeda,Lecture Notes in Computer Science, Publisher: Springer-Verlag GmbH, ISSN: 0302-9743, Volume 3430, Active Mining: Second International Workshop, AM 2003, Revised Selected Papers,pp152,2005年05月,学術論文

  • Knowledge Discovery from Consumer Behavior in an Alcohol Market by Using Graph Mining Technique,M.Kuroda, K.Yada, H.Motoda and T.Washio,Proc. of Joint Workshop of Vietnamese Society of AI, SIGKBS-JSAI, ICS-IPSJ and IEICE-SIGAI on Active Mining,SIG-KBS-A403, pp.111-116,2004年12月,国際会議(proceedingsなし)

  • Consumer Behavior Analysis by Graph Mining Technique,Katsutoshi Yada, Hiroshi Motoda, Takashi Washio and Asuka Miyawaki,Lecture Notes in Computer Science, Publisher: Springer-Verlag Heidelberg, ISSN: 0302-9743, Volume 3214 / 2004, Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems: 8th International Conference, KES 2004, Proceedings, Part II,Volume 3214,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • Classifier Construction by Graph-Based Induction for Graph Structured Data,Warodom Geamsakul, Takashi Matsuda, Tetsuya Yoshida, Hiroshi Motota, and Takashi Washio,The 6th SANKEN (ISIR) International Symposium, The New Trands in Knowledge Processing - Data minig, Semantic Web and Computational Scoence -, pp.63-64,2003年03月,大学・研究所等の報告

  • 大規模ビジネスデータからの知識発見システム:MUSASHI,羽室行信,加藤直樹,矢田勝俊,鷲尾隆,人工知能学会誌,Vol.20, No.1, pp.59-66,2005年03月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,組織知識管理とデータマイニング, 安全研究「人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学とその実践,鷲尾 隆,株式会社 ERC出版,2001年12月

  • 専門著書,知識マネジメント,鷲尾 隆,オーム社,2003年09月

  • 辞典,人工知能学辞典, 13-1 知識発見のプロセス, 13-2 科学的発見, 13-15 構造マイニング, 13-d AssociationとCorrelation, pp.656, pp.659-660, pp.661-62, pp.681-682,鷲尾 隆,オーム社,2005年12月

  • その他,人工知能学辞典,人工知能学会編、沼尾正行(編集幹事、章担当編集委員、執筆者),共立出版,2005年12月

  • 専門著書,Advances in Mining Graphs, Trees and Sequences, Frontiers in Artificial Intelligence and Applications,Takashi Washio, Joost .N. Kok, Luc De Raedt,IOS Press,2005年04月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,記号及び数値バスケット分析方法と記号及び数値バスケット分析装置,鷲尾 隆,藤本 敦,元田 浩,特願2004-343126(登録),2004年11月

  • PCT,個数分析方法、個数分析装置および個数分析用記憶媒体,鷲尾隆, 川合知二, 谷口正輝, 筒井真楠, 横田一道, 石井陽, 吉田剛,PCT/JP2016/087821(出願),2016年12月

  • 日本,粒子種分析方法、粒子種分析装置および粒子種分析用記憶媒体,谷口正輝, 川合知二, 鷲尾隆, 筒井真楠, 横田一道, 石井陽,特願2015-254398(出願),2015年12月

  • アメリカ,記号及び数値バスケット分析方法と記号及び数値バスケット分析装置,鷲尾 隆, 藤本 敦, 元田 浩,PCT/JP2005/17836(登録),2005年09月

  • 日本,サッカーチーム分析システム及びサッカーチーム分析・利用方法,片山 宗臣, 鷲尾 隆,特許公開2004-110826(登録),2003年09月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会研究会優秀賞,中西耕太郎,鷲尾 隆,藤本 敦,元田 浩,人工知能学会,2005年06月

  • 人工知能学会研究会優秀賞,矢田勝俊,羽室行信,加藤直樹,鷲尾 隆,元田 浩,人工知能学会,2003年06月

  • 日本化学会情報科学部会JCAC論文賞,鷲尾 隆, 猪口明博,岡田 孝,元田 浩,日本化学会情報科学部会,2002年11月

  • 2010年度人工知能学会研究会優秀賞,市川昊平,Edward Hak-Sing Ip,矢田勝俊,鷲尾 隆,人工知能学会,2011年06月

  • 人工知能学会論文賞受賞,鷲尾 隆,人工知能学会,2001年05月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • MUSASHIでらくらくデータマイニング,Software Design, 2003,10月号,pp.83-91,2003年10月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第76回(平成27年度第2回)産研テクノサロン 「大規模情報時代における価値創造」,「ビッグデータからのモデルマイニング」,2015年07月

  • (社)日本オペレーションズリサーチ学会, 第55回シンポジウム, データ解析の最前線,生産プロセス品質管理におけるデータマイニングの現状,2006年03月

  • 日本製薬工業協会・統計数理研究所共催シンポジウム,データマイニング技術と医薬品・生理化学への適用可能性, 医薬品の安全性情報を考える,2005年12月

  • 第32回構造活性相関シンポジウム,データマイニング -その発展と今後-,2005年10月

  • International Exchange Seminar among VAST, HUS, HUT and JAIST, Fusion of Computer Science and Materi,Scientific Equation Discovery,2004年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,PAKDD-08:The Twelfth Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining,PROGRAM CHAIR,2008年05月

  • 国際会議,PAKDD-07:The Eleventh Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining,WORKSHOP CHAIR,2007年05月

  • 国際会議,CIKM-2006: Knowledge Management (KM) track of the ACM 15th Conference on Information and Knowledge M,PROGRAM COMMITTEE MEMBER,2006年10月

  • 国際会議,ECML/PKDD-06: European Conference on Machine Learning/European Conference on Principles and Practice,PROGRAM COMMITTEE MEMBER,2006年09月

  • 国際会議,PRICAI06: The 2006 Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence,PROGRAM COMMITTEE MEMBER,2006年08月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,Japanese Society of Artigicial Intelligence,EDITOR,2006年06月 ~ 継続中

  • 公益法人,独立行政法人医薬品医療機器総合機構,データマイニングに関する検討委員会委員,2005年10月 ~ 継続中

  • 学会,Journal of Advanced Engineering Informatics,EDITOR,2005年08月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,情報システム研究機構,情報化時代にめざす科学的推論の形 -予測と発見のためのモデリング技術とアルゴリズムの開発- 代表者,2005年06月 ~ 継続中

  • 学会,日本知能情報ファジイ学会,日本知能情報ファジイ学会事業監査,2005年04月 ~ 2007年03月

全件表示 >>