基本情報

写真b

吾郷 由希夫

AGO Yukio


キーワード

精神疾患, 動物モデル, 環境因子, モノアミン, グルタミン酸, グルココルチコイド

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8176

FAX番号

06-6879-8179

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b011/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,助教,専任

  • 2012年04月01日 ~ 2018年03月31日,薬学研究科 医療薬学専攻,助教,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科,准教授,専任

  • 2018年05月15日 ~ 継続中,大阪大学,薬学研究科附属創薬センター 次世代食品 開発プロジェクト/三井農林共同研究講座,兼任

  • 2018年06月01日 ~ 継続中,大阪大学,国際医工情報センター,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学部 薬学科 卒業 2001年03月
大阪大学 薬学研究科 応用医療薬科学専攻 修了 2003年03月
大阪大学 薬学研究科 応用医療薬科学専攻 中退 2005年03月
大阪大学 薬学研究科  薬学博士 2007年08月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 助手 (大学院薬学研究科) 2005年04月 ~ 2007年03月
大阪大学 助教 (大学院薬学研究科) 2007年04月 ~ 2018年03月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校・客員研究員 2013年07月 ~ 2015年06月
大阪大学 准教授 (大学院薬学研究科) 2018年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 精神疾患治療薬における複数標的分子の創薬的意義に関する神経薬理学的研究
    薬理学関連,薬系衛生および生物化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本薬学会

  • 日本神経化学会

  • 日本神経科学会

  • 日本神経精神薬理学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Autism-associated protein kinase D2 regulates embryonic cortical neuron development.,Matsumura K, Baba M, Nagayasu K, Yamamoto K, Kondo M, Kitagawa K, Takemoto T, Seiriki K, Kasai A, Ago Y, Hayata-Takano A, Shintani N, Kuriu T, Iguchi T, Sato M, Takuma K, Hashimoto R, Hashimoto H, Nakazawa T,Biochemical and biophysical research communications,519(3) 626-632,2019年11月,学術論文

  • (R)-ketamine induces a greater increase in prefrontal 5-HT release than (S)-ketamine and ketamine metabolites via an AMPA receptor-independent mechanism.,Ago Y, Tanabe W, Higuchi M, Tsukada S, Tanaka T, Yamaguchi T, Igarashi H, Yokoyama R, Seiriki K, Kasai A, Nakazawa T, Nakagawa S, Hashimoto K, Hashimoto H,The international journal of neuropsychopharmacology,2019年07月,その他

  • Psychiatric-disorder-related behavioral phenotypes and cortical hyperactivity in a mouse model of 3q29 deletion syndrome.,Baba M, Yokoyama K, Seiriki K, Naka Y, Matsumura K, Kondo M, Yamamoto K, Hayashida M, Kasai A, Ago Y, Nagayasu K, Hayata-Takano A, Takahashi A, Yamaguchi S, Mori D, Ozaki N, Yamamoto T, Takuma K, Hashimoto R, Hashimoto H, Nakazawa T,Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology,2019年06月,その他

  • Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide Modulates Dendritic Spine Maturation and Morphogenesis via MicroRNA-132 Upregulation.,Hayata-Takano A, Kamo T, Kijima H, Seiriki K, Ogata K, Ago Y, Nakazawa T, Shintani Y, Higashino K, Nagayasu K, Shintani N, Kasai A, Waschek JA, Hashimoto H,The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience,39(22) 4208-4220,2019年05月,その他

  • Whole-brain block-face serial microscopy tomography at subcellular resolution using FAST.,Seiriki K, Kasai A, Nakazawa T, Niu M, Naka Y, Tanuma M, Igarashi H, Yamaura K, Hayata-Takano A, Ago Y, Hashimoto H,Nature protocols,14(5) 1509-1529,2019年05月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 翻訳作品,ストレス百科事典「抗うつ薬の作用、グルココルチコイド受容体に対する」,吾郷 由希夫,丸善株式会社,2009年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Poster Award at The Akira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides Symposium,Yukio Ago,VIP/PACAP and Related Peptides Symposium,2019年11月

  • Translational Science Award at The Akira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides Symposium,Yukio Ago,VIP/PACAP and Related Peptides Symposium,2019年11月

  • Neuropsychopharmacology Reports Reviewer Award 2019,Yukio Ago,The Japanese Society of Neuropsychopharmacology,2019年10月

  • Journal of Pharmacological Sciences Excellent Reviewer Award 2017,Yukio Ago,(公社)日本薬理学会,2018年03月

  • JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016,吾郷 由希夫,一般社団法人 日本神経精神薬理学会,2016年07月

全件表示 >>

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本神経化学会,評議員,2013年06月 ~ 継続中

  • 学会,(公社)日本薬学会,代議員,2013年02月 ~ 2015年01月

  • 学会,(一社)日本神経精神薬理学会,評議員,2012年11月 ~ 継続中

  • 学会,トランスポーター研究会,幹事(神経系),2012年07月 ~ 継続中

  • 学会,(公社)日本薬理学会,代議員,2010年10月 ~ 2014年09月

全件表示 >>