基本情報

写真b

境 慎司

SAKAI Shinji


生年月

1975年04月

キーワード

生物化学工学, バイオマテリアル

URL

http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/tayalabo/sakai/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月01日 ~ 2016年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

九州大学 工学部 化学機械工学科 卒業 1998年03月
九州大学 工学研究科 物質プロセス工学専攻 修了 2000年03月
九州大学 工学府 物質プロセス工学専攻 修了 博士(工学) 2002年07月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員DC2 2002年04月 ~ 2002年07月
日本学術振興会特別研究員PD 2002年08月 ~ 2002年10月
九州大学大学院工学研究院・助手 2002年10月 ~ 2009年12月
大阪大学大学院基礎工学研究科・准教授 2010年01月 ~ 2016年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科・教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ヒトiPS細胞の大量培養法の開発:iPS細胞を細胞源とした再生医療が普及するためには目的細胞への分化誘導法の確立だけでなく、大量に培養する方法の確立が必要です。そこで、微生物を培養する際に使用されるような大型の撹拌培養装置を用いた培養を実現するための研究を行っています。
    バイオ機能応用およびバイオプロセス工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本生物工学会

  • 化学工学会

  • 再生医療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Differentiation potential of human adipose stem cells bioprinted with hyaluronic acid/gelatin-based bioink through microextrusion and visible light-initiated crosslinking,Shinji Sakai, Hiromi Ohi, Tomoki Hotta, Hidenori Kamei, Masahito Taya,Biopolymers, e23080,2018年02月,http://orcid.org/0000-0002-1041-4798,その他

  • Visible Light-Induced Hydrogelation of an Alginate Derivative and Application to Stereolithographic Bioprinting Using a Visible Light Projector and Acid Red,Shinji Sakai, Hidenori Kamei, Toko Mori, Tomoki Hotta, Hiromi Ohi, Masaki Nakahata, Masahito Taya,Biomacromolecules,2018年02月,http://orcid.org/0000-0002-1041-4798,その他

  • Drop-On-Drop Multimaterial 3D Bioprinting Realized by Peroxidase-Mediated Cross-Linking,Shinji Sakai, Kohei Ueda, Enkhtuul Gantumur, Masahito Taya, Makoto Nakamura,Macromolecular Rapid Communications, 1700534,2018年02月,http://orcid.org/0000-0002-1041-4798,その他

  • Horseradish Peroxidase Catalyzed Hydrogelation for Biomedical, Biopharmaceutical, and Biofabrication Applications,Shinji Sakai, Masaki Nakahata,Chemistry - An Asian Journal,2017年12月,http://orcid.org/0000-0002-1041-4798,その他

  • Cover Feature: Horseradish Peroxidase Catalyzed Hydrogelation for Biomedical, Biopharmaceutical, and Biofabrication Applications (Chem. Asian J. 24/2017),Shinji Sakai, Masaki Nakahata,Chemistry - An Asian Journal,2017年12月,http://orcid.org/0000-0002-1041-4798,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Therapeutic Applications of Cell Microencapsulation, Chapter 3: Development and application of subsieve-sized microcapsules for cell immobilization,Shinji Sakai,Springer/Lanndes Bioscience Inc,2010年01月

  • 専門著書,Biochemical Engineering, Chapter 8: Mammalian Cell Enclosing Capsules and Fibers Production in Co-flowing Ambient Liquid Stream,Shinji Sakai, Koei Kawakami,Nova Science Publishers Inc,2009年12月

  • 辞典,ガラスの百科事典, 10.4節 微生物・動植物細胞埋入ガラス,川上幸衛、境慎司,朝倉書店,2007年10月

  • 専門著書,ゾルーゲル法および有機-無機ハイブリッド材料 -構造制御・高性能化とその応用,第3章第20節,川上幸衛, 境慎司, 山口 哲,技術情報協会,2007年08月

  • 専門著書,ゾル-ゲル法のナノテクノロジーへの応用 -Application of Sol-Gel Processing to Nanotechnology-: 第5章 生体機能への応用- 2. ゾル-ゲルシリカへの生体物質の包括固定化,川上幸衛, 境慎司,シーエムシー出版,2005年11月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ヒドロゲルの製造方法,境慎司, 駒谷季実子, 田谷正仁,2011-23145(出願),2011年09月

  • 日本,高機能繊維構造体,渡邊理恵, 川部雅章, 山口哲, 境慎司, 川上幸衛,2010-156440(出願),2010年07月

  • 日本,細胞組織体の製造方法 ,境慎司, 伊藤翔, 川上幸衛,2011-019513(公開),2010年06月

  • アメリカ,無機系繊維構造体及びその製造方法,渡邊理恵, 多羅尾隆, 川部雅章, 山口哲, 境慎司, 川上幸衛,PCT/JP2010/050347(出願),2010年05月

  • 日本,繊維集合体,渡邊理恵, 川部雅章, 山口哲, 境慎司, 川上幸衛,2009-248449(出願),2009年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会奨励賞【内藤雅喜記念賞】「Coflowing Streamを利用した微小細胞包括カプセル作製技術の開発とその応用に関する研究」,境慎司,化学工学会,2008年03月

  • Best Poster Award in International Conference on Materials for Advanced Technologies "The use of carboxymethylcellulose-derived hydrogel to control hepatocyte aggregation behavior and maintain liver-specific function in vitro",Yuko Ogushi, Shinji Sakai, ..., Koei Kawakami,International Conference on Materials for Advanced Technologies,2009年06月

  • Best Poster Presentation "Surface immobilization of PEI and plasmid DNA on electrospun fibrous mats using a layer-by-layer approach for gene delivery",Shinji Sakai, Yusuke Yamada, Tetsu Yamaguchi, Koei Kawakami,International Symposium in Bioengineering and Regenerative Medicine,2007年09月

  • 化学工学会第67年会全国大会 学生賞「クオリティーオブライフの向上を目指した人工すい臓用シリカ膜の開発」,境慎司,化学工学会,2002年03月

  • 日本生物工学会九州支部大会 学生賞「シリカからなるマイクロカプセル型人工膵臓の開発」,境慎司,日本生物工学会九州支部,2001年12月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • Bespoke Cell Jackets: Scientists make hydrogel coats for individual cells that can be tailored to specific research questions ,The Scientists,2014年12月

  • 阪大、ヒト肝臓由来細胞に毛細血管網再現し培養液流通に成功,日刊工業新聞,2014年05月

  • 中空マイクロカプセル化細胞の局所移植で抗腫瘍効果を増強,Medical Tribune(医学新聞),2010年09月

  • シリカナノファイバー応用/3次元細胞培養容易に-,化学工業日報,2010年02月

  • シリカナノファイバーの再生医療への利用,日刊工業新聞,2009年07月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第31回基礎工学研究科産学交流会,「細胞1個の活性酸素放出速度を定量可能な細胞検出ツール」,2015年12月