基本情報

写真b

遠藤 誠之

Endo Masayuki


キーワード

胎児治療

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月01日 ~ 2013年06月30日,医学部附属病院,助教,専任

  • 2014年10月01日 ~ 2014年11月30日,医学部附属病院,助教,専任

  • 2014年12月01日 ~ 継続中,医学系研究科,講師,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Pathophysiology of preeclampsia: an angiogenic imbalance and long-lasting systemic vascular dysfunction.,Tomimatsu T, Mimura K, Endo M, Kumasawa K, Kimura T.,Hypertension Research ,40・4・305-310,2017年04月,学術論文

  • Vasa previa with an intact amniotic membrane.,Shinya Matsuzaki, Masayuki Endo, Tadashi Kimura,American Journal of Obstetrics and Gyneclogy,2017 Mar 9. pii: S0002-9378(17)30414-3,2017年03月,学術論文

  • Treatment and repair of uterine scar dehiscence during cesarean section.,58. Sawada M, Matsuzaki S, Nakae R, Iwamiya T, Kakigano A, Kumasawa K, Ueda Y, Endo M, Kimura T,Clinical Case Reports,5・2・1545-149,2017年01月,学術論文

  • Successful conservative management of placenta percreta: Investigation by serial magnetic resonance imaging of the clinical course and a literature review,Sawada, M. Matsuzaki, S. Mimura, K. Kumasawa, K. Endo, M. Kimura, T.,The journal of obstetrics and gynaecology research,42(12) 1858-1863,2016年12月,学術論文

  • 産科編 EXIT(Ex Utero Intrapartum Treatment) Procedure,遠藤 誠之,周産期医学,46増刊:476-479,,2016年12月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,新生児先天性横隔膜ヘルニア(CDH)診療ガイドライン,新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ(金森豊,左合治彦,遠藤誠之他),株式会社メジカルビュー社,2016年03月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,子宮圧迫止血用針,松崎 慎哉,2016-190970(出願),2016年09月