基本情報

写真b

佐藤 朗

SATOU Akira


キーワード

荷電レプトン混合現象の探索

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 2003年12月31日,理学研究科 物理学専攻,助手,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2005年03月31日,理学研究科 物理学専攻,特任助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科,特任助手(常勤),専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 物理学専攻,助教,専任

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,核物理研究センター,助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京理科大学 理工学研究科 物理学専攻 修了 博士(理学) 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院理学研究科・助教 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ミューオン素粒子物理学、FFAG加速器、大強度ミューオン生成、cLFV

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本中間子科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • R&D Status of the High-intense Monochromatic Low-energy Muon Source: PRISM,A. Sato, M. Aoki, Y. Arimoto, T. Itahashi, Y. Kuno, Y. Kuriyama, T. Oki, T. Takayanagi, M. Yoshida, S. Machida, C. Ohmori, T. Yokoi, K. Yoshimura, M. Aiba, Y. Mori, and Y. Iwashita,Proceedings of 10th European Particle Accelerator Conference (EPAC 2006),2508-2510,2006年10月,国際会議(proceedingsあり)

  • Novel Method for Beam Dynamics Study Using a Alpha Particle Source,A. Sato, M. Aoki, Y. Arimoto, T. Itahashi, Y. Kuno, T. Oki, and M. Yoshida,Proceedings of 10th European Particle Accelerator Conference (EPAC 2006),1157-1159,2006年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • Image Analysis of SCITIC for Hyperon Scattering Experiments,M. Kurosawa, J. Asai, T. Fukuda, M. Ieiri, K. Imai, W. Imoto, S. Iwata, T. Kadowaki, T. Maruta, T. Nagae, H. Noumi, A. Sato, H. Takahashi, C. J. Yoon, and K. Nakai,Jpn. J. Appl. Phys.,45(5A):4204–4213,2006年05月,学術論文

  • Ultra-High Field Gradient RF for Bunch Rotation,C. Ohmori, M. Aoki, Y. Kuriyama, M. Yoshida, Y. Arimoto, A. Sato, Y. Kuno, Y. Iwashita, and S. Ninomiya,Nucl.Phys.B Proc.Suppl.,149:280-282,2005年12月,学術論文

  • Search for the H -dibaryon resonance in 12 C(K-,K+ΛΛX),C. Yoon, A. Sato, et. al,Phys.Rev., C,75:022201,2007年02月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,加速器試験装置および加速器試験方法,久野良孝、佐藤朗、板橋隆久,2006-026185(登録),2006年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー加速器科学研究奨励会西川賞,佐藤朗、吉田誠,公益財団法人高エネルギー加速器科学研究奨励会,2016年02月