基本情報

写真b

井上 豪

INOUE Tsuyoshi


キーワード

構造生物学,蛋白質X線結晶構造解析

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~inoue-tken/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年01月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2008年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,准教授,専任

  • 2008年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

  • 2014年04月01日 ~ 2017年03月31日,未来戦略機構,第六部門副部門長,兼任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,国際医工情報センター,教授(兼),兼任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,先導的学際研究機構,創薬サイエンス部門・副部門長,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用精密化学科 卒業 1989年03月
大阪大学 工学研究科 応用精密化学専攻 修了 1994年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1994年04月 ~ 1999年03月
大阪大学講師 1999年04月 ~ 2001年12月
(財)大阪バイオサイエンス研究所 客員研究員 1999年04月 ~ 2005年06月
理化学研究所 構造生物物理 共同研究員 1999年04月 ~ 継続中
科学技術振興機構、さきがけ研究21兼務 2001年11月 ~ 2005年03月
大阪大学助教授 2002年01月 ~ 継続中
茨城大学理学部非常勤講師 2005年04月 ~ 2006年03月
日本結晶学会評議員 2005年04月 ~ 継続中
(財)大阪バイオサイエンス研究所 客員研究員 2005年07月 ~ 継続中
神戸大学大学院医学研究科・非常勤講師 2006年02月
独立行政法人理化学研究所・客員研究員 2006年04月 ~ 2007年03月
大阪大学教授 2008年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 脂質関連タンパク質のX線結晶構造解析と阻害剤開発
    構造生物化学関連,薬系化学および創薬科学関連,生体関連化学

  • 金属タンパク質の構造機能相関と分子進化
    構造生物化学関連,生体関連化学

  • エピゲノム関連タンパク質のⅩ線構造解析と創薬化学
    構造生物化学関連,分子生物学関連,機能生物化学関連,生体関連化学,薬系化学および創薬科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本結晶学会

  • 日本蛋白質科学会

  • 日本生化学会

  • 日本生物物理学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structural and functional characterization of HQL-79, an orally, selective inhibitor of human hematopoietic prostaglandin D synthase,Kosuke Aritake, Yuji Kado, Tsuyoshi Inoue, Masashi Miyano, Yoshihiro Urade,J. Biol. Chem.,in press,2006年06月,学術論文

  • ヒト由来造血器型プロスタグランジンD合成酵素と阻害剤BSPTとの複合体構造,井上 豪,門 祐示,岡野 洋介,有竹 浩介,入倉 大祐,魚留 信子,岡崎 伸生,衣笠 茂浩,猪谷 秀幸,松村 浩由,甲斐 泰,裏出 良博,2004年度日本結晶学会年会,2004年11月,会議報告/口頭発表

  • Mechanism of Metal Activation of Human Hematopoietic Prostaglandin D Synthase,T. Inoue, D. Irikura, N. Okazaki, S. Kinugasa, H. Matsumura, N. Uodome, M. Yamamoto, T. Kumasaka, M. Miyano, Y. Kai & Y. Urade,Nature Structural Biology, 10, 291 – 296 (2003),296,2003年04月,学術論文

  • Crystal structure of secretory abundant heat soluble protein 4 from one of the toughest “water bears” micro-animals Ramazzottius varieornatus,Yohta Fukuda, Tsuyoshi Inoue,Protein Science,27(5):993-999,2018年02月,学術論文

  • Identification of the key interactions in structural transition pathway of FtsZ from Staphylococcus aureus,Junso Fujita, Ryuhei Harada, Yoko Maeda, Yuki Saito, Eiichi Mizohata, Tsuyoshi Inoue, Yasuteru Shigeta and Hiroyoshi Matsumura,J. Struct. Biol., ,2017年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,コンピューターで薬を創ろう,安達宏昭、井上豪、奥野恭史、片桐豊雅、北島正人、木下誉富、坂田恒昭、佐久間俊広、志水隆一、高田俊和、高野和文、仲西功、福西快文、松村浩由、溝端栄一、南方聖司、水口賢司、村上聡、森勇介,株式会社化学同人,2009年06月

  • 専門著書,タンパク質結晶の最前線「XFEL微結晶構造解析―構造生物学の新時代」,溝端栄一, 鈴木守, 南後恵理子, 田中里枝, 井上豪, 岩田想,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-0929-3,2013年12月

  • 専門著書,タンパク質結晶の新展開~新しい育成技術から構造解析・応用研究へ~,井上豪、福西快文、中村春木、木下誉富、仲西功、奥野恭史、南方聖司、佐久間俊広、高田俊和、北島正人、福岡良忠、 奥村利幸、安達宏昭、森勇介、高野和文、松村浩由、村上聡、坂田恒昭、杉山成、他,シーエムシー出版,2008年05月

  • 専門著書,バイオプロセスハンドブック,森勇介、安達宏昭、高野和文、井上豪、村上聡、松村浩由、佐々木孝友,エヌ・ティー・エス,2007年03月

  • 専門著書,Functional and Structural Biology on the Lipo-network 2006,Yoshihiro Urade, Ikuko Mohri, Kosuke Aritake, Tsuyoshi Inoue, and Masashi Miyano,TRANSWORLD RESEARCH NETWORK,2006年12月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,耐熱性DNAポリメラーゼの改変方法,黒板敏弘,宝田裕、岡正則、横田直彦、松村浩由、井上豪、甲斐泰、今中忠行,特開2005-065540(登録),2003年08月

  • 日本,造血器型プロスタグランジンD2合成酵素阻害剤,武藤進,裏出良博,井上豪,板井昭子,特開2004-051600(登録),2002年07月

  • 日本,ヒト由来プロスタグランジン合成酵素阻害剤,井上豪,板井昭子,武藤進,裏出良博,甲斐泰,特開2004-002248(登録),2002年06月

  • ヨーロッパ,Crystals of Ketopantoate Hydroxymethyltransferase,Tsuyoshi Inoue, Frank von Delft, Adrian Saldanha, Chris Abell, Alison G. Smith and Tom L. Blundell,02720121.9-2405-GB0201405(登録),2002年04月

  • 日本,プロスタグランジンD合成酵素の3次元立体構造及びその使用,井上豪,甲斐泰,裏出良博,岡野洋介,衣笠茂浩,松村浩由,入倉大祐,早石修,山本雅貴,熊坂崇,宮野雅司,特開2003-144145(登録),2001年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 文部科学大臣表彰科学技術賞,森勇介,高野和文,安達宏昭,井上豪,松村浩由,文部科学省,2008年04月

  • 第1回モノづくり連携大賞特別賞,大阪大学、創晶、辻丸国際特許事務所、三菱商事,日刊工業新聞社,2006年09月

  • 第20回(2006年度)独創性を拓く 先端技術大賞特別賞,安達宏昭、新納愛、松村浩由、高野和文、村上聡、井上豪、森勇介,フジサンケイビジネスI,2006年06月

  • 2012年度日本結晶成長学会賞 第29回論文賞,杉山成、安達宏昭、高野和文、村上聡、井上豪、森勇介、松村浩由,日本結晶成長学会,2012年11月

  • 第29回日本結晶成長学会 論文賞,井上 豪, 森 勇介, 安達 宏昭, 杉山 成,日本結晶成長学会,2012年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 地域コンソーシアムの取り組み,日刊工業新聞,2007年09月

  • ニキビ菌の酵素を発見,日本経済新聞,2007年06月

  • アレルギー薬剤候補 抑制効果2倍に向上  阪大、既存化合物を改良,日経産業新聞,2007年03月

  • マラリア薬候補 化合物15種特定,日経産業新聞,2007年03月

  • 「第20回先端技術大賞」きょう授賞式,フジサンケイビジネスアイ,2006年07月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第6回関西ライフサイエンス・リーディングサイエンティストセミナー,第3世代抗体医薬品の開発に必須のアダプター分子の設計 ,2015年12月

  • 生命ダイナミックスの数理とその応用講演会,革新的結晶化技術の開発と抗原抗体複合体にみる相互作用解明,2013年01月

  • 第67回未来医療セミナー,異分野連携による革新的タンパク質結晶化技術の開発と阻害剤開発の試み,2012年04月

  • 平成23年度生物構造学研究会,革新的タンパク質結晶化技術の開発と中性子線解析の試み,2011年12月

  • 酵素工学研究会第66回講演会,異分野連携による革新的タンパク質結晶化技術の開発と阻害剤開発の試み,2011年09月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,NPO法人バイオグリッドセンター関西,理事,2016年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本結晶学会,評議員,2016年04月 ~ 2018年03月

  • 国・地方公共団体,独立行政法人医薬基盤研究所 創薬支援スクリーニングセンター,技術顧問,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 学会,日本蛋白質科学会,庶務,2016年04月 ~ 2017年03月

  • その他,日本学術振興会 回折構造生物第169委員会,運営委員,2015年04月 ~ 2016年03月

全件表示 >>