基本情報

写真b

伊東 忍

ITOH Shinobu


キーワード

錯体化学、生物無機化学、触媒化学、有機化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7932

FAX番号

06-6879-7935

URL

http://www-bfc.mls.eng.osaka-u.ac.jp/BioFunctional_Chemistry/Home.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年10月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部  卒業 工学学士 1981年03月
大阪大学 工学研究科  修了 工学修士 1983年03月
大阪大学 工学研究科  修了 工学博士 1986年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学工学部・助手 1986年04月 ~ 1994年05月
大阪大学工学部・助教授 1994年06月 ~ 1995年03月
大阪大学大学院工学研究科・助教授 1995年04月 ~ 1999年09月
大阪市立大学大学院理学研究科・教授 1999年10月 ~ 2008年09月
大阪大学大学院工学研究科・教授 2008年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学、生物無機化学、触媒化学、有機化学
    生体関連化学,構造有機化学および物理有機化学関連,無機・錯体化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

  • 錯体化学会

  • 触媒化学会

  • 国際生物無機化学協会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ヒスチジンブレース―高難度C−H結合活性化を担う銅含有モノオキシゲナーゼの活性中心モチーフ,深津 亜里紗, 伊東 忍,化学,74(11) 70-71,2019年11月,解説・総説

  • Cupric-superoxide complex that induces a catalytic aldol reaction type C–C bond formation,Tsukasa Abe, Yuta Hori, Yoshihito Shiota, Takehiro Ohta, Yuma Morimoto, Hideki Sugimoto, Takashi Ogura, Kazunari Yoshizawa, and Shinobu Itoh,Communications Chemistry,2、1-7,2019年02月,学術論文

  • Oxido-alcoholato/thiolato-molybdenum(VI) complexes with a dithiolene ligand generated by oxygen atom transfer to the molybdenum(IV) complexes,Hideki Sugimoto, Masanori Sato, Kaoru Asano, Takeyuki Suzuki, Takashi Ogura, and Shinobu Itoh,Inorg. Chim. Acta,485,2019年01月,学術論文

  • 銅錯体を用いた電気化学的酸素還元反応,朝日将史, 山崎眞一, 伊東 忍, 五百蔵勉,触媒,60(6) 333-339,2018年12月,解説・総説

  • Structure and Reactivity of Copper Complexes Supported by a Bulky Tripodal N4 Ligand: Copper(I)/Dioxygen Reactivity and Formation of a Hydroperoxide Copper(II) Complex,Sayantan Paria, Takehiro Ohta, Yuma Morimoto, Hideki Sugimoto, Takashi Ogura, and Shinobu Itoh,Z. Anorg. Allg. Chem. (ZAAC),644 780-789,2018年10月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Structures, Functions, and Assembly of Tyrosinases and Hemocyanins,Nobutaka Fujieda and Shinobu Itoh,John Wiley & Sons, Ltd,ISBN,9781119159834,2017年09月

  • 教科書,続 実験を安全に行うために−基本操作・基本測定 編−(第4版),西脇永敏・伊東 忍・小廣和哉・南方聖司,化学同人,ISBN,978-4-7598-1834-5,2017年02月

  • 専門著書,フロンティア生物無機化学,伊東 忍,三共出版,ISBN,978-4-7827-0756-2,2016年12月

  • 専門著書,Chemical Science of π-Electron Systems: Chapter 42. β-Diketiminates as Redox Non-innocent Supporting Ligands in Coordination Chemistry,Shinobu Itoh, Yuma Morimoto,Springer,ISBN,9784431553571,2015年11月

  • 専門著書,Handbook of Metalloproteins to the Encyclopedia of Inorganic and Bioinorganic Chemistry,Nobutaka Fujieda and Shinobu Itoh*,John Wiley & Sons, UK,2015年06月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Prof. Animesh Chakravorty Endowent Award,Shinobu Itoh,Chemical Society of India,2016年01月

  • 大阪大学総長顕彰,伊東 忍,大阪大学,2015年07月

  • 日本化学会学術賞,伊東 忍,日本化学会,2015年03月

  • 有機合成化学奨励賞,伊東 忍,有機合成化学協会,1993年02月

  • 若い世代の特別講演者,伊東 忍,日本化学会,1991年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC-15),(121) Oxygen Activation Mechanism by Copper Monooxygenases and Models,2019年06月

  • 日本化学会第99春季年会(中長期企画講演・革新的触媒の創製:炭素―水素結合の活性化),オキシラジカルおよびナイトレンラジカル錯体を用いた触媒的なC(sp3)–H結合の酸化,2019年03月

  • 9th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC-9),New Insights into Tyrosinase Mechanis,2018年12月

  • 2018 Nankai International Symposium on Advanced Materials,Catalytic Activity of Late Transition Metal Complexes Supported by Non-innocent Ligands in C(sp3)-H Bond oxidation,2018年11月

  • The 14th Europian Biological Inorganic Chemistry Conference (EuroBIC14),Unusual Reactivity of Copper(II) Superoxide Complex,2018年09月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第12回バイオ関連シンポジウム,副実行委員長,2018年09月

  • 国際会議,The 43 th International Conference on Coordination Chemistry,セッション実行委員長,2018年08月

  • 国際会議,アジア若手国際シンポジウム,実行委員長,2017年03月

  • 国際会議,イギリス化学会無機化学シンポジウム,実行委員長,2016年10月

  • 国際会議,日韓台生物無機化学国際シンポジウム,実行委員長,2016年09月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本化学会・生体機能関連化学部会,部会長,2019年03月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本化学会,理事,2017年05月 ~ 継続中

  • 学会,錯体化学会,事務局長,2015年10月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本化学会,ディビジョン主査(錯体化学・有機金属化学),2015年04月 ~ 2017年03月

  • 公益法人,日本化学会・生体機能関連化学部会,副会長,2014年04月 ~ 継続中

全件表示 >>