基本情報

写真b

伊川 正人

IKAWA Masahito


生年月

1969年04月

キーワード

生殖生物学、発生工学、実験動物学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.egr.biken.osaka-u.ac.jp/information/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2004年03月31日,遺伝情報実験センター,助手,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,微生物病研究所,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年10月31日,微生物病研究所,准教授,専任

  • 2012年11月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,教授,専任

  • 2012年11月01日 ~ 継続中,薬学研究科,教授,兼任

  • 2013年03月01日 ~ 継続中,医学系研究科,教授,兼任

  • 2012年12月01日 ~ 継続中,免疫学フロンティア研究センター,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学部 薬学科 卒業 1992年03月
大阪大学 薬学研究科  修了 博士(薬学) 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会・特別研究員(DC) 1994年04月 ~ 1997年03月
日本学術振興会・特別研究員(PD) 1997年04月 ~ 1998年06月
大阪大学・遺伝情報実験センター・助手 1998年07月 ~ 2004年03月
The Salk Institute (USA), Research Associate 2000年09月 ~ 2002年09月
大阪大学・微生物病研究所・附属感染動物実験施設・助教授 2004年04月 ~ 2012年10月
大阪大学・微生物病研究所・附属感染動物実験施設・教授 2012年11月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子組換えによる疾患モデルマウスの作製と解析
    実験動物学関連,発生生物学関連

  • 受精・着床メカニズムの解明
    発生生物学関連,産婦人科学関連,泌尿器科学関連,動物生産科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本実験動物学会

  • アメリカ生殖生物学会

  • 日本生殖免疫学会

  • 日本分子生物学会

  • アメリカ遺伝子治療学会(ASGT)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sperm calcineurin inhibition prevents mouse fertility with implications for male contraceptive,Miyata H, Satouh Y, Mashiko D, Muto M, Nozawa K, Shiba K, Fujihara Y, Isotani A, Inaba K, Ikawa M.,Science.,50(6259) 442-445,2015年10月,学術論文

  • Protein disulfide isomerase homolog PDILT is required for quality control of sperm membrane protein ADAM3 and male fertility.,Tokuhiro K, Ikawa M, Benham AM, Okabe M.,Proc Natl Acad Sci U S A.,109(10):3850-5.,2012年03月,学術論文

  • Complementation of placental defects and embryonic lethality by trophoblast-specific lentiviral gene transfer.,Okada Y, Ueshin Y, Isotani A, Saito-Fujita T, Nakashima H, Kimura K, Mizoguchi A, Oh-Hora M, Mori Y, Ogata M, Oshima RG, Okabe M, Ikawa M.,Nat Biotechnol.,25 (2) p233-237,2007年02月,学術論文

  • The immunoglobulin superfamily protein Izumo is required for sperm to fuse with eggs.,Inoue N, Ikawa M, Isotani A, and Okabe M.,Nature,434:234-8,2005年03月,学術論文

  • The putative chaperone calmegin is required for sperm fertility.,Ikawa M, Wada I, Kominami K, Watanabe D, Toshimori K, Nishimune Y, Okabe M.,Nature.,387(6633):607-11,1997年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,「マウスでのゲノム編集」 実験医学増刊 Vol.34 No.20 All Aboutゲノム編集,野田 大地 , 大字 亜沙美 , 伊川 正人,(株)羊土社,ISBN,978-4-7581-0359-6,2016年12月

  • 専門著書,実験医学別冊マウス表現型解析スタンダード 第4章(8) 生殖不全の表現型解析,藤原祥高,佐藤裕公,伊川正人,羊土社,ISBN,978-4-7581-0198-1,2016年11月

  • 専門著書,「 生殖不全の表現型解析」 実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード,藤原 祥高 , 佐藤 裕公 , 伊川 正人,(株)羊土社,2016年11月

  • 専門著書,「ゲノム編集技術を使った遺伝子改変マウスの作製」 実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード,野田 大地 , 大字 亜沙美 , 伊川 正人,(株)羊土社,2016年11月

  • 専門著書,「精子カルシニューリンが受精能力に必要」 医学のあゆみ Vol. 258 No. 9,宮田 治彦, 伊川 正人,医歯薬出版株式会社,2016年08月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,栄養外胚葉細胞特異的遺伝子導入法,岡部勝, 伊川正人,特許第5020083号(登録),2006年07月,2012年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会賞,伊川 正人,日本学術振興会,2013年02月

  • 第109回日本繁殖生物学会大会 優秀発表賞(口頭発表部門),野田大地,日本繁殖生物学会,2016年09月

  • 第63回日本実験動物学会Experimental Animals 最優秀論文賞,Arata Honda, Michiko Hirose,  Tadashi Sankai, Lubna Yasmin, Kazuaki Yuzawa, Kimiko Honsho, Haruna Izu, Atsushi Iguchi, Masahito Ikawa,  Atsuo Ogura,日本実験動物学会,2016年05月

  • DGD Wiley Blackwell Prize 2015,Daisuke Mashiko, Samantha A Young, Masanaga Muto, Hirotaka Kato , Kaori Nozawa, Masaki Ogawa, Taichi Noda, Yeon-Joo Kim , Yuhkoh Satouh, Yoshitaka Fujihara, Masahito Ikawa,日本発生生物学会 ,2015年06月

  • 日本実験動物学会・奨励賞,伊川正人,日本実験動物学会,1999年05月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • ゲノム編集 ヒトの病気再現,朝日新聞,2017年03月

  • 国際宇宙ステーション・「きぼう」における、長期飼育マウスの全数生存帰還の世界初の達成ならびに次世代仔マウスの誕生について,JAXAウェブサイト,2016年10月

  • 「宇宙マウス」の精子から子誕生,日本経済新聞,2016年10月

  • 「宇宙マウス」2世誕生=大西さん飼育、帰還後に―JAXA,YAHOO!JAPANニュース,2016年10月

  • 東大の濡木教授と阪大の伊川教授ら、精子IZUMO1への結合で重要な卵子JUNOのアミノ酸残基を特定 CRISPRで作成したJUNO欠損マウスの卵子で新実験系を確立,日経バイオテク,2016年07月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 通年講座「ラスタ教養大学」伊丹市立生涯学習センター,デザイナーベビー/ゲノム編集の光と影,2017年06月

  • 第48回大阪大学公開講座,「デザイナーベビー/ゲノム編集の光と影」,2016年12月

  • Lecture Series from Osaka University, Japan,CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mice,2016年01月

  • 第7回遺伝子組換え実験安全研修会 ~ゲノム編集技術の進展と課題~,CRISPR/Cas9 システムを用いたマウスゲノム編集,2015年08月

  • サイエンスカフェ@待兼山,ゲノム編集ってどんな技術?~遺伝子組み換えマウスの未来~,2014年12月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,NPO法人 発生工学研究会,理事長,2012年11月 ~ 継続中

  • 学会,米国生殖生物学会,プログラム委員,2012年07月 ~ 2014年07月

  • 学会,日本実験動物学会,理事,2012年05月 ~ 2014年05月

  • 学会,日本実験動物学会,評議員,2006年05月 ~ 継続中