基本情報

写真b

髙島 義徳

TAKASHIMA Yoshinori


キーワード

超分子・高分子材料の設計と合成

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/takashima/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 高分子科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2016年06月30日,理学研究科 高分子科学専攻,助教,専任

  • 2016年07月01日 ~ 2018年05月31日,理学研究科 高分子科学専攻,講師,専任

  • 2018年06月01日 ~ 継続中,高等共創研究院,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科  修了 博士 2003年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会・特別研究員 2003年04月 ~ 2004年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 特殊な架橋点を有する高分子材料の作製
    高分子材料関連,高分子化学関連

  • 外部刺激による超分子錯体の構造制御

  • 修飾シクロデキストリンによる超分子錯体形成

  • 共役分子を有す超分子錯体の合成

  • 修飾 CD を用いた超分子触媒の構築

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

  • MRSJ

  • シクロデキストリン学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mechanical properties of supramolecular polymeric materials formed by cyclodextrins as host molecules and cationic alkyl guest molecules on the polymer side chain,Takashima, Y.; Otani K.; Kobayashi Y.; Aramoto H.; Nakahata M.; Yamaguchi H.; Harada, A.,Macrocolrcules,2018年08月,学術論文

  • 分子接着技術を駆使した材料間接着,高島 義徳, 大崎 基史, 関根 智子, 庄島 靖, 原田 明,日本接着学会誌,54(6) 201-211,2018年08月,解説・総説

  • Adhesion of dissimilar materials through host-guest interactions and its re-adhesion properties,Yoshinori Takashima, Yasushi Shojima, Tomoko Sekine, Motofumi Osaki, Yuichiro Kobayashi, Hiroyasu Yamaguchi, Takeshi Sekito, Kazuhiro Hatano, Katsuhiko Nakajima, Akira Harada,Chemistry Letters,2018年08月,学術論文

  • Linear Viscoelastic Studies on a Transient Network Formed by Host-Guest Interaction.,Yu Kashiwagi, Takuya Katashima, Masaki Nakahata, Yoshinori Takashima, Akira Harada, Tadashi Inoue,Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics,56 1109-1117,2018年06月,学術論文

  • A Photoresponsive Polymeric Actuator Topologically Cross-Linked by Movable Units Based on a [2]Rotaxane,Yoshinori Takashima, Yuki Hayashi, Motofumi Osaki, Fumitoshi Kaneko, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada,Macromolecules,51 4688-4693,2018年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,異種材料の接着・接合技術とマルチマテリアル化-接合方法、接合メカニズム、界面制御、強度評価-,原田明, 高島義徳,技術情報協会,ISBN,978-4-86104-682-7,2017年10月

  • 専門著書,Comprehensive Supramolecular Chemistry II,A. Hashidzume, Y. Takashima, H. Yamaguchi, A. Harada,Elsevier,ISBN,978-0-12-803198-8.01001-4,2017年07月

  • 専門著書,超分子 サイエンス&テクノロジー ‐基礎からイノベーションまで‐,,高島義徳, 原田明,NTS,2009年12月

  • 専門著書,次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能,共役高分子の超分子形成による機能化に関する研究,高島義徳, 原田明,CMC出版,2009年11月

  • 一般著書,化学、切れてもつながるゴム?!,高島義徳, 原田明,化学同人,2009年02月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,包接錯体、自己修復性及び形状記憶性を有するゲル,原田明, 高島義徳, 角田貴洋,特許第6239043号(登録),2016年06月,2017年11月

  • 日本,自己修復材料及びその製造方法,原田明, 高島義徳, 中畑雅樹, 小野肇, 高橋宏明, 白川瑛規,特開2017-71710(公開),2015年10月

  • 日本,自己修復性を有する高分子材料及びその製造方法,小林裕一郎、中畑雅樹、森祥子、高島義徳、原田明,特許第6300926号(登録),2015年06月,2018年03月

  • 日本,材料界面での共有結合形成による接着の実現,「原田明」「山口浩靖」「橋爪章仁」「高島義徳」「小林裕一郎」「中畑雅樹」「関根智子」,特許第6257633号(登録),2014年08月,2017年12月

  • 日本,自己修復性及び形状記憶性を有するゲル、及びその製造方法,原田明, 高島義徳, 角田貴洋,特許第5951758号(登録),2013年04月,2016年06月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第58回高分子研究発表会ヤングサイエンティスト講演賞,高島 義徳,公益社団法人 高分子学会,2012年07月

  • 平成23年度シクロデキストリン奨励賞,高島 義徳,シクロデキストリン学会,2011年09月

  • 第4回バイオ関連化学シンポジウム講演賞,高島 義徳,社団法人日本化学会生体機能関連化学部会、バイオテクノロジー部会フロンティア生命化学研究会,2010年09月

  • 平成21年度国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞,高島 義徳,国立大学法人大阪大学,2010年02月

  • 高分子研究奨励賞,高島 義徳,高分子学会,2009年05月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • Cyclodextrin dimer makes synthetic polymerase,Royal Society of Chemistry,2015年07月

  • 生体内物質を利用 離合自在な物質合成,読売新聞,2013年04月

  • 金属―分子相互作用で物体の着脱に成功―人工系で天然のヘムタンパク質類似の機能の発現に期待―,大阪大学プレスリリース,2013年02月

  • 阪大、金属-分子相互作用による目視可能な大きさの物体の着脱を実現,マイナビニュース,2013年02月

  • 化学結合:分子の世界を可視化,毎日新聞,2013年02月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 接着剤を用いず直接共有結合する高分子材料

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • ひらめき☆ときめきサイエンス『化学で紐解く身の回りの不思議現象』,身の回りの高分子・ゲルの作製,2018年08月