基本情報

写真b

髙島 義徳

TAKASHIMA Yoshinori


キーワード

超分子錯体の構造制御・触媒機能開発

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/harada/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 高分子科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2016年06月30日,理学研究科 高分子科学専攻,助教,専任

  • 2016年07月01日 ~ 継続中,理学研究科 高分子科学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科  修了 博士 2003年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会・特別研究員 2003年04月 ~ 2004年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 外部刺激による超分子錯体の構造制御

  • 修飾シクロデキストリンによる超分子錯体形成

  • ロタキサンにおける輪成分の運動の観察

  • 共役分子を有す超分子錯体の合成

  • 修飾 CD を用いた超分子触媒の構築

所属学会 【 表示 / 非表示

  • シクロデキストリン学会

  • 日本化学会

  • 高分子学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ホスト-ゲスト相互作用を利用した自己修復性超分子材料の構築とその刺激応答性,高島 義徳、角田 貴洋、中畑 雅樹、原田 明,日本ゴム協会誌,85(8), 260-264,2012年08月,学術論文

  • 酸化還元反応に応答するゾル-ゲル変換材料の分子設計とその自己修復性,高島 義徳、中畑 雅樹、原田 明,月刊ファインケミカル,9月号,2012年08月,学術論文

  • Temperature-Sensitive Macroscopic Assembly Based on Molecular Recognition,Zheng, Y.; Hashidzume, A.; Takashima, Y.; Yamaguchi, H.; Harada, A.,ACS Macro Letters,1 (8), 1083-1085,2012年08月,学術論文

  • ホスト-ゲスト相互作用により機能化された自己修復性超分子マテリアルの構築,高島 義徳、角田 貴洋、中畑 雅樹、原田  明,化学工業,63(6), 415-420,2012年06月,学術論文

  • Switching of macroscopic molecular recognition selectivity using a mixed solvent system ,Yongtai Zheng, Akihito Hashidzume, Yoshinori Takashima, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada,Nature Communications,3, 831.,2012年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,超分子 サイエンス&テクノロジー ‐基礎からイノベーションまで‐,,高島義徳, 原田明,NTS,2009年12月

  • 専門著書,次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能,共役高分子の超分子形成による機能化に関する研究,高島義徳, 原田明,CMC出版,2009年11月

  • 一般著書,化学、切れてもつながるゴム?!,高島義徳, 原田明,化学同人,2009年02月

  • 専門著書,バイオインスパイアードマテリアル,原田 明・山口浩靖・高島義徳,NTS,2006年06月

  • 専門著書,Comprehensive Supramolecular Chemistry II,A. Hashidzume, Y. Takashima, H. Yamaguchi, A. Harada,Elsevier,ISBN,978-0-12-803198-8.01001-4,2017年07月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,自己修復性を有する高分子材料及びその製造方法,小林裕一郎、中畑雅樹、森祥子、高島義徳、原田明,2014-140905(出願),2014年05月

  • 日本,材料界面での共有結合形成による接着の実現,「原田明」「山口浩靖」「橋爪章仁」「高島義徳」「小林裕一郎」「中畑雅樹」「関根智子」,2013-176128(出願),2013年08月

  • 日本,有機化合物およびその製造法,原田 明、高島 義徳,特願2005-219525(登録),2005年08月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第58回高分子研究発表会ヤングサイエンティスト講演賞,高島 義徳,公益社団法人 高分子学会,2012年07月

  • 平成23年度シクロデキストリン奨励賞,高島 義徳,シクロデキストリン学会,2011年09月

  • 第4回バイオ関連化学シンポジウム講演賞,高島 義徳,社団法人日本化学会生体機能関連化学部会、バイオテクノロジー部会フロンティア生命化学研究会,2010年09月

  • 平成21年度国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞,高島 義徳,国立大学法人大阪大学,2010年02月

  • 高分子研究奨励賞,高島 義徳,高分子学会,2009年05月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • Cyclodextrin dimer makes synthetic polymerase,Royal Society of Chemistry,2015年07月

  • 生体内物質を利用 離合自在な物質合成,読売新聞,2013年04月

  • 金属―分子相互作用で物体の着脱に成功―人工系で天然のヘムタンパク質類似の機能の発現に期待―,大阪大学プレスリリース,2013年02月

  • 阪大、金属-分子相互作用による目視可能な大きさの物体の着脱を実現,マイナビニュース,2013年02月

  • 化学結合:分子の世界を可視化,毎日新聞,2013年02月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 接着剤を用いず直接共有結合する高分子材料