基本情報

写真b

髙原 渉

TAKAHARA Wataru


キーワード

ノベル・ジョイニング,金属結合,超伝導,量子化学,情報伝達,材料設計

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 金属材料工学科 卒業 1988年03月
大阪大学 工学研究科 金属材料工学専攻 修了 1990年03月
大阪大学 工学研究科 金属材料工学専攻 修了 1993年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1993年04月 ~ 2007年03月
大阪大学助教 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 物質内コミュニケーション言語解析
    ナノ材料科学関連,言語学関連,生命、健康および医療情報学関連

  • 超伝導転移温度の評価
    金属材料物性関連,数理物理および物性基礎関連,構造材料および機能材料関連

  • 溶接アークプラズマの発光分光解析
    材料加工および組織制御関連

  • 金属融体の物性解析
    金属材料物性関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • DV-Xα研究協会

  • スマートプロセス学会

  • 溶接学会

  • 日本材料学会

  • 日本金属学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Melting points and chemical bonding properties of 3d transition metal elements,Wataru Takahara,IOP Conference Series: Materials Science and Engineering,Vol. 61 (2014) 012029,2014年08月,http://iopscience.iop.org/1757-899X/61/1/012029,学術論文

  • 金属元素の化学結合性と融点・沸点,高原 渉,溶接学会全国大会講演概要, 第94集, 平成26年度春季全国大会,Vol. 2014s (2014), No. 94, pp.112-113,2014年04月,https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwstaikai/2014s/0/2014s_112/_article/-char/ja/,会議報告/口頭発表

  • スズ合金の金属結合状態と融点,高原 渉,20th Symposium on Microjoining and Assembly Technology in Electronics,Mate 2014, Vol. 20, pp. 173-176,2014年02月,学術論文

  • 国際溶接資格Now 大阪大学 大学院等高度副プログラム「高度溶接技術者プログラム」,高原 渉,WE-COMマガジン,第10号,2013年10月,http://www-it.jwes.or.jp/we-com/bn/vol_10/sec_3/3-1.pdf,その他

  • 3d遷移金属クラスターの分子軌道と液体金属物性,高原 渉,溶接学会全国大会講演概要, 第93集, 平成25年度秋季全国大会,Vol. 2013f (2013), No. 93, pp.164-165,2013年08月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,Fortran90/95による実践プログラミング,安田清和他,大阪大学出版会,ISBN,978-4-87529-473-7,2014年03月

  • 専門著書,フラクトグラフィ 破面と破壊情報解析,村田雅人,高原 渉,丸善,2000年09月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,疲労強度の高い溶接継手,南二三吉、高原渉、高嶋康人、誉田登、有持和茂,特許公開2004-337938(登録),2003年05月,2004年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 高温学会技術奨励賞 ,高原 渉,,1992年

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第23回マイクロエレクトロニクスシンポジウム「大学研究室紹介コーナー」パネル展示,大阪大学マテリアル生産科学専攻生産プロセス講座ノベル・ジョイニング領域研究室紹介,2013年09月

  • 第43回国際電子回路産業展JPCA2013Show「アカデミックプラザ」大学研究室研究紹介パネル展示,大阪大学大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻生産科学コース生産プロセス講座ノベル・ジョイニング領域研究紹介,2013年06月

  • 第22回マイクロエレクトロニクスシンポジウム「大学研究室紹介コーナー」パネル展示,大阪大学マテリアル生産科学専攻生産プロセス講座ノベル・ジョイニング領域研究室紹介,2012年09月

  • 高度技術研修 「エレクトロニクスにおける環境調和型製造技術」,環境対応設計のための熱・構造解析シミュレーション,2002年12月

  • 日本材料学会 関西支部 材料フォーラム(1999年11月),材料フォーラム 量子材料学の基礎と電子状態計算の講習(実習付)-DV-Xα分子軌道法と分子動力学法-,1999年11月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 13th International Conference on Electronics Packaging, ICEP 2013, Osaka, Japan,Chair Persons,2013年04月

  • 国内重要会議,溶接学会平成24年度秋季全国大会,第3会場運営関連,2012年09月

  • 国際会議,ECO-MATES 2011, Osaka, Japan,Chair Persons,2011年11月

  • 国際会議,The 8th International Symposium of Japan Welding Society, Kyoto, Japan, 2008,Chair Persons,2008年11月

  • 国内重要会議,溶接構造シンポジウム2006,座長,2006年11月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,溶接学会,溶接教育委員,2012年08月 ~ 継続中

  • 学会,高温学会,評議員,2009年05月 ~ 2012年03月

  • 学会,溶接学会,ミニ研究会「ナノ構造デザインにおける論理と直観」主査,2005年10月 ~ 2007年03月

  • 学会,溶接学会,アドホック研究会「ダメージメカニックスによる溶接継手の破壊解析」委員,1999年06月 ~ 2001年11月

  • 学会,日本材料学会,フラクトグラフィ部門委員会幹事,1999年01月 ~ 1999年12月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院等高度副プログラム「高度溶接技術者プログラム」担当者,2010年01月 ~ 継続中

  • 溶接学会ミニ研究会「ナノ構造デザインにおける論理と直観」研究会主査,2005年10月 ~ 2007年03月

  • 日本溶接協会規格WES 2808 : 2003 規格作成への関与,2003年10月

  • 日本溶接協会テクニカルレポート WES-TR 2808 : 2000 の規格作成への関与,2000年07月