基本情報

写真b

齊藤 達哉

SAITOH Tatsuya


キーワード

免疫,炎症,生体防御

URL

http://saitohtatsuya.wixsite.com/saitohlab

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年05月01日 ~ 2012年07月31日,微生物病研究所,助教,専任

  • 2012年08月01日 ~ 2014年03月31日,免疫学フロンティア研究センター,特任准教授(常勤),専任

  • 2014年04月01日 ~ 2015年03月31日,微生物病研究所,准教授,専任

  • 2018年10月01日 ~ 継続中,薬学研究科 医療薬学専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員(PD) 2005年04月 ~ 2007年04月
大阪大学 微生物病研究所 助教 2007年04月 ~ 2012年04月
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任准教授 2012年04月 ~ 2014年04月
大阪大学 微生物病研究所 准教授 2014年04月 ~ 2015年04月
徳島大学 疾患酵素学研究センター 教授 2015年04月 ~ 2016年04月
徳島大学 先端酵素学研究所 教授 2016年04月 ~ 2018年04月
大阪大学 大学院薬学研究科 教授 2018年04月 ~ 継続中
 

論文 【 表示 / 非表示

  • シンポジウム「病原体と宿主が交差するオルガネラ・ゾーン」企画・運営,森田 英嗣, 齊藤 達哉,第 92 回日本生化学会大会シンポジウム,2019年09月,会議報告/口頭発表

  • 生体防御応答に関わるオルガネラ・ゾーンの理解と制御,齊藤 達哉,第 92 回日本生化学会大会シンポジウム,2019年09月,会議報告/口頭発表

  • 自然免疫から読み解く食と病気との関係,齊藤 達哉,2019年07月,会議報告/口頭発表

  • Genome-wide association study revealed novel loci which aggravate asymptomatic hyperuricaemia into gout.,Kawamura Y, Nakaoka H, Nakayama A, Okada Y, Yamamoto K, Higashino T, Sakiyama M, Shimizu T, Ooyama H, Ooyama K, Nagase M, Hidaka Y, Shirahama Y, Hosomichi K, Nishida Y, Shimoshikiryo I, Hishida A, Katsuura-Kamano S, Shimizu S, Kawaguchi M, Uemura H, Ibusuki R, Hara M, Naito M,Takao M, Nakajima M, Iwasawa S, Nakashima H, Ohnaka K, Nakamura T, Stiburkova B, Merriman TR, Nakatochi M, Ichihara S, Yokota M, Takada T, Saitoh T, Kamatani Y, Takahashi A, Arisawa K, Takezaki T, Tanaka K, Wakai K, Kubo M, Hosoya T, Ichida K, Inoue I, Shinomiya N, Matsuo H.,Annals of the Rheumatic Diseases,78, 10, 1430-1437.,2019年07月,学術論文

  • Autophagy Regulation of Metabolism Is Required for CD8+ T Cell Anti-tumor Immunity,DeVorkin Lindsay、Pavey Nils、Carleton Gillian、Comber Alexandra、Ho Cally、Lim Junghyun、 McNamara Erin、Huang Haochu、Kim Paul、Zacharias Lauren G.、Mizushima Noboru、Saitoh Tatsuya、 Akira Shizuo、Beckham Wayne、Lorzadeh Alireza、Moksa Michelle、Cao Qi、Murthy Aditya、Hirst Martin、DeBerardinis Ralph J.、Lum Julian J.,Cell Reports,27 502-513,2019年03月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,実験医学 増刊 The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト,水島昇,吉森保,和栗聡,貝塚剛志,山本林,中村修平,朽津芳彦,藤田尚信,福田光則,藤原悠紀,Viorica Raluca Contu,長谷勝徳,株田智弘,板倉英祐,持田啓佑,中戸川 仁,松本弦,小松雅明,石原直忠,濱崎万穂,森下英晃,和田洋,孫-和田戈虹,川村暢幸,渋谷周作,齊藤達哉,他,羊土社,2017年09月

  • その他,Advances in Experimental Medicine and Biology. Organelle Contact Sites: From Molecular Mechanism to Disease.,Simmen T, Herrera-Cruz MS, Tagaya M, Marchi S, Hanada K, Saheki Y, Dickson EJ, Ohsaki Y, Tamura Y, Henne WM, Area-Gomez E, Hattori N, Rieusset J, Misawa T, Takahama M, Saitoh T. et al.,Springer,2017年08月

  • その他,日本臨床 増刊号 高尿酸血症・低尿酸血症,藤森新,山中寿,箱田雅之,谷口敦夫,細山田真,髙濵充寛,齊藤達哉 他,日本臨牀社,2016年11月

  • その他,実験医学 増刊 細胞死,浅野謙一,阿部理一郎,池田史代,伊藤美智子,今井浩孝,植松智,植村紀仁,小川佳宏,小田(中橋)ちぐさ,勝山朋紀,榧垣伸彦,河村佳見,齊藤達哉 他,羊土社,2016年04月

  • その他,ここまで明らかになった!尿酸代謝ワールドと高尿酸血症の病態解明~診療と医学の最前線~,松澤佑次,藏城雅文,益崎裕章,下村伊一郎,南勲,小川佳宏,福原淳範,齊藤達哉,三澤拓馬,審良静男 他,メディカルレビュー社,2015年07月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 創薬シーズ事業化コンペティション 優秀賞,齊藤 達哉,大阪府ライフサイエンス産業課,2019年02月

  • International Immunology Outstanding Merit Award 2015,齊藤 達哉,International Immunology,2016年04月

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,齊藤 達哉,文部科学省,2015年04月

  • 大阪大学 総長奨励賞,齊藤 達哉,大阪大学,2014年07月

  • 日本薬学会 奨励賞,齊藤 達哉,日本薬学会,2014年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 研究戦略 免疫機構の制御に焦点,薬事日報,2019年07月

  • 自然免疫の制御に基づく疾患治療法の開発を目指して,薬事日報,2014年09月

  • 細胞内物質分解のリソソーム、オートファジーで修復 − 阪大 ,日刊工業新聞,2013年08月

  • 生活習慣病などの治療法に期待 - 阪大、細胞内器官の除去・修復機構を発見,マイナビニュース ,2013年08月