基本情報

写真b

蔡 徳七

CHE Dock-Chil


生年月

1963年06月

キーワード

反応物理化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5401

FAX番号

06-6850-5403

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1995年06月01日 ~ 2002年03月31日,理学部,助手,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 化学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年11月15日,理学研究科 化学専攻,助教,専任

  • 2012年11月16日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,講師,専任

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 応用物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Stereodynamic Imaging of Bromine Atomic Photofragments Eliminated from 1‑Bromo-2-methylbutane Oriented via Hexapole State Selector,M. Nakamura, H.-P. Chang, K.-C. Lin, T. Kasai, D.-C. Che, F. Palazzetti and V. Aquilanti, J. Phys. Chem. A,(123) 6635-6644,2019年08月,学術論文

  • Vectorial Imaging of the Photodissociation of 2-Bromobutane Oriented via Hexapola State Selection,M. Nakamura, F. Palazzetti, P.-Y. Tsai, S.-J. Yang, K.-C. Lin, T. Kasai, D.-C. Che, A. Lombardi, V. Aquilanti,Phys. Chem. Chem. Phys,(21) 14164-14172,2019年04月,学術論文

  • Stereodynamics: From elementary processes to macroscopic chemical reactions,12. T. Kasai, D.-C. Che, P.-Y. Tsai, K.-C. Lin, F. Palazzettia, V. Aquilanti,1702 090023,2018年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • Roaming and chaotic behaviors in collisional and photo-initiated molecular-beam reactions: a role of classical vs. quantum nonadiabatic dynamics,T. Kasai, D.-C. Che, P.-Y. Tsai, M. Nakamura, B. Muthiah, K. C.-Lin,Rendiconti Lincei. Scienze Fisiche e Naturali,29 219-232,2018年06月,学術論文

  • Atomic force microscopy analysis of SasA‐KaiC complex formation involved in information transfer from the KaiABC clock machinery to the output pathway in cyanobacteria,Reiko Murakami, Hitomi Hokonohara, Dock-Chil Che,Tomoji Kawai,Takuya Matsumoto, Masahiro Ishiura,Genes Cells Wiley Online Library ,23(4), 294-306,2018年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,実用真空技術総覧 第4編第3章第3節,大山 浩・蔡 徳七,エヌ・ティー・エス,ISBN,978-4-86043-559-2,2019年02月

  • 教科書,物理化学実験法” 第5版,千原秀昭、徂徠道夫 編,東京化学同人,ISBN,978-4-8079-0752-6,2011年09月

  • 教科書,“物理化学実験法” 第4版 19章,蔡 徳七,東京化学同人,2000年05月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,体表活性酸素検知装置,体表活性酸素検知装置,K20110402(出願),2012年03月

  • 日本,体表ガス中の活性酸素測定装置及び測定方法,蔡徳七,下内章人,溝上員章,特願2012-071189(出願),2012年03月

  • 日本,過カルボン酸濃度測定方法,児島幸子,古田太郎,笠井俊夫,蔡徳七,特願JP2008-058024(出願),2010年08月

  • 日本,定量2液混合装置,黒木敏夫,笠井俊夫,蔡徳七,特願2007-126237(出願),2007年05月

  • 日本,超高密度パルス配向分子ビーム発生装置,笠井俊夫、蔡 徳七、清水雄一郎、鈴井光一,3727584(登録),2001年12月