基本情報

写真b

淺川 東彦

ASAKAWA Haruhiko


キーワード

細胞核 分裂酵母 減数分裂

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/jpn/general/lab/07/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2014年08月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,助教,専任

  • 2014年09月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞核の機能構造における核膜の役割
    細胞生物学関連,分子生物学関連

  • 減数分裂における細胞核ダイナミクスの解析
    分子生物学関連,細胞生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 酵母遺伝学フォーラム

  • 日本細胞生物学会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Asymmetrical localization of Nup107-160 subcomplex components within the nuclear pore complex in fission yeast,Haruhiko Asakawa, Gregory P. Copenhaver, Tomoko Kojidani, Hui-Ju Yang, Chizuru Ohtsuki, Hiroko Osakada, Atsushi Matsuda, Masaaki Iwamoto, Yuji Chikashige, Koji Nagao, Chikashi Obuse, Yasushi Hiraoka, Tokuko Haraguchi,PLOS Genetics,15(6), e1008061. ,2019年06月,学術論文

  • Shelterin promotes tethering of late replication origins to telomeres for replication-timing control,Ogawa Shiho, Kido Sayuri, Handa Tetsuya, Ogawa Hidesato, Asakawa Haruhiko, Takahashi Tatsuro S., Nakagawa Takuro, Hiraoka Yasushi, Masukata Hisao,EMBO JOURNAL,37(15), pii: e98997,2018年08月,学術論文

  • Estimation of GFP-Nucleoporin Amount Based on Fluorescence Microscopy.,Asakawa H, Hiraoka Y, Haraguchi T.,Methods in molecular biology.,1721, 105-115,2018年02月,学術論文

  • Microscopic Observation of Living Cells Stained with Fluorescent Probes.,Asakawa H, Ding D-Q, Haraguchi T, Hiraoka Y.,Cold Spring Harbor protocols,2017年10月,学術論文

  • Spatial organization of the Schizosaccharomyces pombe genome within the nucleus.,Matsuda A, Asakawa H, Haraguchi T, Hiraoka Y,Yeast,34(2), 55-66,2017年02月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Annual Report of Osaka University -Academic Achievements- 2010-2011論文100選,H Asakawa,Osaka University,2011年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • NICTと阪大、分裂酵母が独特の核膜孔複合体アウターリング構造を持つことを解明,日本経済新聞,2019年06月

  • NICTなど 真核生物の解明につながる発見 分裂酵母が核膜孔複合体アウターリン グ構造を保持,電波タイムズ,2019年06月

  • 単細胞生物にサバイバルの知恵 栄養不足なら省エネ分裂,読売新聞(大阪),2010年12月

  • 酵母菌の細胞核分裂 新プロセス発見 「分子通信」実現へ,日刊工業新聞,2010年10月

  • 酵母、核膜破れず 生物進化過程解明へ,日経産業新聞,2010年10月