基本情報

写真b

檜垣 立哉

HIGAKI Tatsuya


キーワード

哲学・現代思想(フランス・ドイツを中心とした)

URL

http://ningen.hus.osaka-u.ac.jp/higaki.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月01日 ~ 2007年03月31日,人間科学研究科 人間科学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年07月31日,人間科学研究科 人間科学専攻,准教授,専任

  • 2009年08月01日 ~ 継続中,人間科学研究科 人間科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 文学部 哲学科 卒業 1987年03月
東京大学 人文科学研究科  修了 1990年03月
東京大学 人文科学研究科  中退 1992年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学助手 1992年04月 ~ 1994年03月
埼玉大学講師 1994年04月 ~ 1996年03月
埼玉大学助教授 1996年04月 ~ 2000年03月
大阪大学大学院助教授 2000年04月 ~ 2009年08月
大阪大学大学院教授 2009年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 現代における哲学的思考の可能性 自我論、生命論、言語論、精神分析

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日仏哲学会

  • 哲学会

  • 日本哲学会

  • 日本記号学会

  • 社会芸術学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Concept of the “Continuum of Discontinuities” in the Later Works of Kitarō Nishida,Higaki Tatsuya,ヨーロッパ日本哲学ネットワーク,2018年09月,会議報告/口頭発表

  • 競馬実況における「賭け」 杉本清・元関西テレビアナウンサーを囲んで,杉本清・植島啓司・坂井直樹・檜垣立哉,セミオトポス13,13号45-61,2018年08月,その他

  • 賭博の論理・賭博の現場,檜垣立哉,賭博の記号論 叢書セミオトポス13,13号14-17,2018年08月,解説・総説

  • ドゥルーズとパース 連続性と記号,檜垣立哉,アメリカ哲学フォーラム,2018年06月,会議報告/口頭発表

  • 食の過去と未来,檜垣立哉,日本記号学会第38回大会,2018年05月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,『食べることの哲学』,檜垣立哉,世界思想社,ISBN,9784790717119,2018年04月

  • 専門著書,『ベルクソニズム』,G.ドゥルーズ 檜垣立哉・小林卓也訳,法政大学出版局,ISBN,9784588010637,2017年07月

  • 専門著書,『日本哲学原論序説 拡散する京都学派』,檜垣立哉,人文書院,ISBN,9784409041079,2015年05月

  • 一般著書,哲学者、競馬場へ行く,檜垣立哉,青土社,ISBN,978-4791768332,2014年11月

  • 一般著書,『子供の哲学 産まれるものとしての身体』,檜垣立哉,講談社,ISBN,978-4-06-258541-5,2012年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 今週の本棚 本と人「思索のスパイスで矛盾考察」,毎日新聞,2018年06月

  • テーブルトーク 「食べることの哲学」考察のフルコース,朝日新聞 夕刊,2018年04月

  • オグリキャップが教えてくれた「生きる思想」――哲学者・檜垣立哉インタビュー #1,文春オンライン,2017年07月

  • 『哲学者、競馬場に行く』書評,週刊実話,2015年03月

  • 『生そのものの政治学』ニコラスローズ著 檜垣立哉監訳 書評,朝日新聞,2015年02月

全件表示 >>