基本情報

写真b

夘野 善弘

UNO Yoshihiro


生年月

1970年11月

キーワード

実験動物学,発生生物学,細胞生物学,ゲノム編集

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.iexas-osaka-u.jp/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助手,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助手,専任

学歴 【 表示 / 非表示

近畿大学 理工学部 原子炉工学科 卒業 1993年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学純系動物事業場文部技官(教務職員) 1993年06月 ~ 継続中
大阪大学助手 1998年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • KOマウスの作製
    胚の凍結保存
    トランスポゾンシステムの機能ゲノミクスへの応用
    マウスゲノム上のシス調節エレメント等を同定するための
    新規ハイスループット・テクノロジーの開発
    発生生物学関連,遺伝学関連,実験動物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本ゲノム編集学会

  • 日本実験動物学会

  • 関西実験動物研究会

  • 実験動物技術者協会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • CLICK: one-step generation of conditional knockout mice.,Miyasaka Y, Uno Y, Yoshimi K, Kunihiro Y, Yoshimura T, Tanaka T, Ishikubo H, Hiraoka Y, Takemoto N, Tanaka T, Ooguchi Y, Skehel P, Aida T, Takeda J, Mashimo T,BMC genomics,(2018) 19:318,2018年05月,その他

  • FKBP8 protects the heart from hemodynamic stress by preventing the accumulation of misfolded proteins and endoplasmic reticulum-associated apoptosis in mice.,Misaka T, Murakawa T, Nishida K, Omori Y, Taneike M, Omiya S, Molenaar C, Uno Y, Yamaguchi O, Takeda J, Shah AM, Otsu K,Journal of molecular and cellular cardiology,114 93-104,2018年01月,学術論文

  • Noninvasive and quantitative live imaging reveals a potential stress-responsive enhancer in the failing heart,Ken Matsuoka, Yoshihiro Asano, Shuichiro Higo, Osamu Tsukamoto, Yi Yan, Satoru Yamazaki, Takashi Matsuzaki, Hidetaka Kioka, Hisakazu Kato, Yoshihiro Uno, Masanori Asakura, Hiroshi Asanuma, Tetsuo Minamino, Hiroyuki Aburatani, Masafumi Kitakaze, Issei Komuro, and Seiji Takashima,THE FASEB journal,2014年01月,学術論文

  • A transposon-based chromosomal engineering method to survey a large cis-regulatory landscape in mice. ,Kokubu C., Horie K., Abe K., Ikeda R., Mizuno S., Uno Y., Ogiwara S., Ohtsuka M., Isotani A., Okabe M., Imai K. and Takeda J. ,Nature Genetics ,41: 946-952. 2009,2009年08月,学術論文

  • Region-specific saturation germline mutagenesis in mice using the Sleeping Beauty transposon system.,Keng, V. W., K. Yae, T. Hayakawa, S. Mizuno, Y. Uno, K. Yusa, C. Kokubu, T. Kinoshita, K. Akagi, N. A. Jenkins, N. G. Copeland, K. Horie, J. Takeda.,Nat Methods.,2:763-769.,2005年10月,学術論文

全件表示 >>