基本情報

写真b

和田 誠大

WADA Masahiro


キーワード

インプラント,高齢者歯科学 

URL

http://web.dent.osaka-u.ac.jp/~prost2/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年05月01日 ~ 2012年03月31日,歯学研究科 統合機能口腔科学専攻,助教,専任

  • 2012年04月01日 ~ 2015年04月30日,歯学研究科 口腔科学専攻,助教,専任

  • 2015年05月01日 ~ 継続中,歯学部附属病院,講師,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,大阪大学,International Juornal of Implant Dentistry handling editor,兼任

  • 2017年04月01日 ~ 2017年09月30日,大阪大学,インプラント学会 研究推進委員会エキスパートパネル,兼任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,大阪大学,補綴学会関西支部 代議員,兼任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,大阪大学,口腔インプラントセンター 病院准教授,兼任

  • 2019年06月01日 ~ 継続中,大阪大学,産業技術総合研究所客員研究員,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 歯学研究科  修了 歯学博士 2007年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能再建学講座補綴学第二教室 助教 2008年04月 ~ 2015年03月
大阪大学歯学部附属病院 講師 2015年04月 ~ 継続中
大阪大学歯学部附属病院 病院准教授 2017年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • インプラント手術時における初期安定性と骨質の関係
    インプラントオーバーデンチャーにおけるCAD/CAMの有効性
    高齢者インプラント治療に関する疫学調査
    口腔内細菌同定法の迅速化に関する研究
    補綴系歯学関連

  • インプラント周囲炎に関する研究
    口腔再生医学および歯科医用工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔インプラント学会、日本補綴歯科学会、日本骨代謝学会、Academy of Osseointegration

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Ihh/Gli2 signaling promotes osteoblast differentiation by regulating Runx2 expressionand function.,Wada M, Shimoyama A, Ikeda F, Hata K, Matsubara T, Nifuji A, Noda M, Amano K, Yamaguchi A,Nishimura R, Yoneda T.,Mol Cell Biol,Jul;18(7):2411-8,2007年06月,学術論文

  • Measuring the Load-Bearing  Ratio Between Mucosa and Abutments Beneath Implant- and Tooth-Supported Overdentures: A  n In Vivo Preliminary Study,Takanori Ando, Yoshinobu Maeda, Masahiro Wada, Tomoya Gonda,Int J Prosthodont,24:43-45.,2011年10月,学術論文

  • Assessment of bone density in the posterior maxilla based on Hounsfield units to enhance the initial stability of implants,Sogo M, Ikebe K, Tsung-chieh Yang, Wada M, Maeda Y,Clinical implant Dentistry and Related Reseach,2010年10月,学術論文

  • Signal transduction and transcriptional regulation during mesenchymal cell differentiation,Riko Nishimura, Kenji Hata, Fumiyo Ikeda, Fumitaka Ichida, Atsuko Shimoyama,Takuma Matsubara, Masahiro Wada, Katsuhiko Amano, and Toshiyuki Yoneda,J Bone Miner Metab.,26(3):203-12.,2008年11月,学術論文

  • Msx2 stimulates chondrocyte maturation dy controlling Ihh expression,Katsuhiko Amano, Fumitaka Ichida, Atsushi Sugita,, Kenji Hata, Masahiro Wada, Yoko Takigawa, Masako Nakanishi, Mikihiko Kogo, Riko Nishimura, Toshiyuki Yoneda,Journal of Biological Chemistry.,24;283(43):29513-21.,2008年10月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,インプラント修復の臨床基本手技4-トラブル対応とメインテナンス.(補綴時の機能的トラブル対応 ),和田誠大, 前田芳信,デンタルダイヤモンド社,2011年08月

  • 専門著書,インプラント補綴のリスクファクターを少なくするために(適合に関するリスクファクター),前田芳信, 和田誠大, 松田信介,Quintessense Dental Implantology,2011年01月

  • 専門著書,インプラント補綴のリスクファクターを少なくするために(適合に関するリスクファクター),前田芳信,和田誠大,松田信介,Quintessense Dental Implantology,2010年12月

  • 専門著書,インプラント補綴のリスクファクターを少なくするために(適合に関するリスクファクター),前田芳信,和田誠大,松田信介,Quintessense Dental Implantology,2010年10月

  • 翻訳作品,第4回ITIコンセンサス会議議事録(インプラント治療における新たなテクニックとテクノロジー ),Stephen T.Chen,Dieter Weingert著,Quintessense Dental Implantology 別冊,2010年07月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第三回大阪大学総長奨励賞 研究部門,和田誠大,大阪大学,2014年08月

  • 第二回大阪大学総長奨励賞 研究部門,和田誠大,大阪大学,2013年08月

  • 大阪大学歯学部教員評価 診療部門,和田誠大,大阪大学歯学部附属病院,2011年10月

  • 優秀演題賞,和田誠大,骨代謝学会,2005年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • 歯周病菌、30分で検出 阪大、装置を開発,日本経済新聞,2012年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔インプラント学会 第39回近畿北陸支部学術大会,IODの適応とメインテナンス -歯科医師とコデンタルが知っておくべきポイント-,2019年11月

  • 日本口腔インプラント学会 第39回近畿北陸支部学術大会,可撤性インプラント補綴におけるデジタルデンティストリーの役割,2019年11月

  • 大阪大学大学院歯学研究科 第15回市民フォーラム「治せなかった病気が治る、最新歯科治療」,「インプラント治療最前線 ライフステージに合わせた様々な治療」,2017年12月

  • 第20回インプラント学会臨床技術向上講習会,可撤性インプラント補綴について,2014年10月

  • 国際誌委員会セミナー,国際誌に採択される論文とするためには,2014年09月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,公益社団法人日本口腔インプラント学会,国際誌委員会 委員,2014年04月 ~ 継続中