基本情報

写真b

和仁 健太郎

WANI Kentarou


キーワード

国際法

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 国際公共政策専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

上智大学 法学部 国際関係法学科 卒業 1999年03月
東京大学 総合文化研究科  修了 修士(学術) 2001年03月
東京大学 総合文化研究科  修了 博士(学術) 2007年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員(DC-2) 2003年04月 ~ 2005年03月
東京大学大学院総合文化研究科・助教 2007年04月 ~ 2010年09月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 国際法

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 国際法学会

  • 世界法学会

  • 国際関係論研究会

  • 国際法協会日本支部

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 国連海洋法条約における「軍事調査」の位置―「海洋の科学的調査」との関係―,和仁健太郎,阪大法学,66巻3・4号613-639頁,2016年11月,学術論文

  • 国際法における"unit self-defense"の法的性質と意義,和仁健太郎,阪大法学,65巻1号 pp.25-85,2015年05月,学術論文

  • 海上捕獲法の正当化根拠ーロンドン宣言(1909年)以前の学説・国家実行の検討ー,和仁 健太郎,国際法外交雑誌,113(4) 45-70,2015年01月,学術論文

  • 伝統的国際法における敵船・敵貨捕獲の正当化根拠(二・完),和仁 健太郎,64(5) 121-162,2015年01月,学術論文

  • 武力紛争時における国際海峡の法的地位:通過通航権制度と海戦法規・中立法規との関係,和仁健太郎,海洋政策研究,2014年特別号 pp.41-83,2014年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Neutrality in International Law : From the Sixteenth Century to 1945,Kentaro Wani,Routledge,ISBN,9781138284777,2017年01月

  • 専門著書,伝統的中立制度の法的性格―戦争に巻き込まれない権利とその条件―,和仁健太郎,東京大学出版会,2010年02月

  • 一般著書,「イラク『戦争』・対テロ『戦争』:戦争とは?―国際法上の戦争と武力紛争」『国際法で世界がわかる―ニュースを読み解く32講』森川幸一ほか編,和仁健太郎,岩波書店,ISBN,978-4000229555,2016年12月

  • 専門著書,「武力紛争時における国際海峡の法的地位―通過通航権制度と海戦法規・中立法規との関係」『国際海峡』坂元茂樹編著,和仁健太郎,東信堂,ISBN,9784978913155,2015年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第43回安達峰一郎記念賞,和仁健太郎,財団法人安達峰一郎記念財団,2010年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第1回国際公共政策コンファレンス(待兼山会議),「グローバル化するリスクと国際平和」コメンテーター,2015年04月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,一般財団法人・国際法学会,雑誌編集委員会・幹事,2016年07月 ~ 2017年03月