基本情報

写真b

和仁 健太郎

WANI Kentarou


キーワード

国際法

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 国際公共政策専攻,准教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,法学研究科,兼任教員,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

上智大学 法学部 国際関係法学科 卒業 1999年03月
東京大学 総合文化研究科  修了 修士(学術) 2001年03月
東京大学 総合文化研究科  修了 博士(学術) 2007年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員(DC-2) 2003年04月 ~ 2005年03月
東京大学大学院総合文化研究科・助教 2007年04月 ~ 2010年09月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 国際法

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 国際法学会

  • 世界法学会

  • 国際法協会日本支部

  • 国際関係論研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 中国による海洋法秩序への挑戦と海洋ガバナンス,和仁 健太郎,論究ジュリスト,(30) 36-43,2019年08月,学術論文

  • 元徴用工訴訟問題と日韓請求権協定,和仁 健太郎,国際法学会エキスパートコメント,2019年07月,解説・総説

  • 「戦争状態」理論の再検討:伝統的国際法は平時・戦時の二元的構造の国際法だったのか?,和仁健太郎,岩沢雄司・森川幸一・森肇志・西村弓編『国際法のダイナミズム 小寺彰先生追悼論文集』, 627-650,2019年03月,学術論文

  • Development of the Law of the Sea and the Legal Status of International Straits in Time of International Armed Conflict,Kentaro Wani,Japanese Yearbook of International Law,61 39-80,2019年03月,学術論文

  • 未承認反乱団体が海上で行う暴力行為と海賊行為との関係(4・完):海賊行為の「私的目的」要件をめぐる歴史的展開,和仁健太郎,阪大法学,68(4) 27-74,2018年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Neutrality in International Law : From the Sixteenth Century to 1945,Kentaro Wani,Routledge,ISBN,9781138284777,2017年01月

  • 専門著書,伝統的中立制度の法的性格―戦争に巻き込まれない権利とその条件―,和仁健太郎,東京大学出版会,2010年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第43回安達峰一郎記念賞,和仁健太郎,財団法人安達峰一郎記念財団,2010年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第1回国際公共政策コンファレンス(待兼山会議),「グローバル化するリスクと国際平和」コメンテーター,2015年04月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,国際法学会,雑誌編集委員会委員,2018年09月 ~ 2020年08月

  • 学会,国際法学会,雑誌編集委員会・幹事,2016年09月 ~ 2018年08月

  • 学会,一般財団法人・国際法学会,雑誌編集委員会・幹事,2016年07月 ~ 2017年03月