基本情報

写真b

蓮生 郁代

HASUO Ikuyo


キーワード

国際機構論、国際行政論、国際連合、アカウンタビリティー

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月01日 ~ 2015年09月30日,国際公共政策研究科 国際公共政策専攻,准教授,専任

  • 2015年10月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 国際公共政策専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

一橋大学 法学部 国際関係法学科 卒業 法学士 1986年03月
米タフツ大学 フレッチャー外交・法科大学院(Fletcher School of Law and Diplomacy)  修了 修士号(Master of Arts in Law and Diplomacy; MALD) 1988年05月
仏パリ・ソルボンヌ 大学  Certificat de Langue Franccaise(CLF) 1993年01月
一橋大学 法学研究科  修了 博士号(法学) 2007年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本興業銀行(現みずほ銀行) 東京本店 総合職 1988年06月 ~ 1990年09月
国連教育科学文化専門機関(ユネスコ)仏パリ本部 国際公務員(ヤング・プロフェッショナル・プログラムにて選抜) 1993年02月 ~ 2002年11月
国連教育科学文化専門機関(ユネスコ)仏パリ本部 シニア・コンサルタント 2005年07月 ~ 2005年08月
米コロンビア大学国際機構研究所 客員研究員(フルブライト・フェロー) 2006年07月 ~ 2007年05月
国連大学東京本部 コンサルタント 2007年06月 ~ 2007年12月
大阪大学大学院 国際公共政策研究科 准教授 2008年04月 ~ 2015年09月
大阪大学大学院 国際公共政策研究科 教授 2015年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 国際連合とアカウンタビリティーの概念の研究、安保理改革

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本国際法学会

  • 日本国際政治学会

  • International Studies Association

  • 日本国際連合学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 国連安保理改革とアカウンタビリティーの概念の歴史的変容 ―プラグマティックな多元的統制メカニズムの構築へ―,蓮生郁代,国際政治,国際政治 (185), pp.126-140,2016年10月,学術論文

  • 国際機関の評価:国際連合(安全保障分野),蓮生 郁代,外務省ホームページ,2013年06月,大学・研究所等の報告

  • アカウンタビリティーと責任の概念の関係-責任概念の生成工場としてのアカウンタビリティーの概念―,蓮生 郁代,国際公共政策研究,第15巻第2号pp1-17,2011年03月,学術論文

  • Transformation of the Concept of Accountability of the UN Security Council,Ikuyo HASUO,International Studies Association Annual Convention at Montreal in Canada,2011年03月,国際会議(proceedingsあり)

  • 安保理議長ノート(S/2006/507)に関する最近の事例,増田 信行(代表/平和・安全保障研究所会長)、蓮生 郁代(副代表),外務省委託研究,NYにて現地調査を実施,2009年01月,大学・研究所等の報告

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,国連行政とアカウンタビリティーの概念―国連再生への道標,蓮生郁代,東信堂,ISBN,ISBN-10: 479890094X,2012年02月

  • 専門著書,「国連改革とアカウンタビリティーの要求」『三色旗』/堤林 剣,蓮生郁代,慶應大学出版会,2010年10月

  • 専門著書,"A Ladder of Accountability:Analysis of Subconcepts of Managerial Accountability in the United Nations" in Envisioning Reform:Enhancing UN Accountability in the Twenty-first Century, edited by Sumihiro Kuyama and Michael Ross Fowler,Ikuyo HASUO,United Nations University Press,ISBN,978-92-808-1170-4,2009年09月

  • その他,‘Examples of Recent Practices of the UN Security Council According to the Note by the President (S/2006/507)’, Research Institute for Peace and Security (Commissioned Research, Ministry of Foreign Affairs, Japan),中内 政貴、山本 哲史、黒神 直純、Virgil Hawkins、蓮生 郁代、山本 慎一,財団法人 平和・安全保障研究所,2009年01月

  • 専門著書,「グローバル・レベルのアカウンタビリティーの概念」『トランスペアレンシー・ジャパン2007年度年報 第4号』,蓮生 郁代,トランスペアレンシー・ジャパン,2008年06月

報道 【 表示 / 非表示

  • 久山純弘先生による拙著の書評「蓮生郁代著 『国連とアカウンタビリティーの概念-国連再生への道標』,国際連合学会の学会誌 : 国連研究第14号  「法の支配」と国際機構 その過去・現在・未来,2013年07月

  • 蓮生郁代著『国連行政とアカウンタビリティーへの概念-国連再生への道標』,国際法外交雑誌 第111巻第4号 pp.138-143,2013年03月

  • 若手フルブライト体験者は何を考えているのか?,Tokyo Fulbright Association NEWSLETTER, No.22,2009年12月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 松浦晃一郎前ユネスコ事務局長公開講演会(司会),「マルチラテラリズムの将来、ユネスコの将来」,2017年07月

  • 松浦晃一郎前ユネスコ事務局長公開講演会(司会),「現在のユネスコを取り巻く政治的な現状について」,2016年12月

  • 松浦晃一郎前ユネスコ事務局長公開講演会(司会),ユネスコの財政危機と打開への処方箋―外交的見地からの考察―(司会),2016年05月

  • タイの王立研究所の使節団に対する講演会,2015 Revision of the Japanese ODA Charter,2016年01月

  • ユネスコ創設70周年記念シリーズ第2回 松浦晃一郎前ユネスコ事務局長公開講演会(司会),「70周年を迎えたユネスコの危機と今後の展望」(司会),2015年10月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • その他,グローバル・ガバナンス学会秋季研究大会,秋季研究大会実行委員長,2016年10月

  • その他,OSIPP政策フォーラム 兼 キャリア・セミナー,企画・司会,2009年04月

  • 国際会議,United Nations University Symposium on Accountability on the United Nations(アカウンタビリティーに関する国連大学主催第1回国際学術シンポジウム),プロジェクト起草者 兼 パネリスト(報告者),2006年10月

  • 国際会議,Conference of Transparency International Delegates and Civil Society Representatives (Beirut, Lebannon, 25-26 September 2005),Director of Transparecncy Japan,2005年09月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,グローバル・ガバナンス学会,研究企画委員会委員,2016年10月 ~ 継続中

  • 学会,グローバル・ガバナンス学会,研究企画担当理事,2016年05月 ~ 継続中

  • 学会,グローバル・ガバナンス学会,秋季研究大会実行委員長,2016年05月 ~ 2016年10月

  • 学会,グローバル・ガバナンス学会,国際交流担当理事,2014年10月 ~ 2016年05月

  • 国・地方公共団体,大阪府,特別参与,2014年04月 ~ 2015年03月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪市役所市政改革評価―総務局、市政改革室、人事局等を中心に、,2013年02月

  • ロンドン大学キングズ・カレッジにて上級客員研究員(シニア・リサーチ・フェロー)にアポイント,2012年01月 ~ 2012年03月

  • 国際交流基金の平成23年度ジャパン・チェアー・プログラムにて、仏国パリ政治学院(通称シアンスポー)に、客員教授兼ジャパン・チェアーとして派遣,2011年09月 ~ 2012年01月

  • 国連行政等についてのニューヨークでの現地調査(基盤研究(c)に関連する調査),2010年02月 ~ 継続中

  • 東京財団 『国連研究プロジェクト』 メンバー(http://www.tkfd.or.jp/research/project.php?id=18),2007年04月 ~ 継続中