基本情報

写真b

鈴木 博善

SUZUKI Hiroyoshi


キーワード

船舶流体力学

URL

http://www.naoe.eng.osaka-u.ac.jp/naoe/naoe3/naoe3.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2006年03月31日,工学研究科 地球総合工学専攻,助手,専任

  • 2006年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 地球総合工学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 地球総合工学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 造船学科 卒業 1990年03月
大阪大学 工学研究科 造船学専攻 修了 工学修士 1992年03月
大阪大学    修了 博士(工学) 2002年01月

職歴 【 表示 / 非表示

日本鋼管株式会社 1992年04月 ~ 1993年06月
大阪大学助手 1993年07月 ~ 2002年03月
大阪大学学内講師 2002年04月 ~ 2006年03月
大阪大学助教授 2006年04月 ~ 2007年03月
大阪大学准教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 水中ロボットのテザーケーブルの運動に関する研究
    船舶海洋工学関連

  • 水中ロボットまわり流れのCFD解析
    船舶海洋工学関連

  • 船尾乱流場の実験的研究
    船舶海洋工学関連

  • 船舶流体力学におけるCFDの研究
    船舶海洋工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本船舶海洋工学会

  • The International Society of Offsore and Polar Engineers

  • 日本機械学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Numerical Study on Estimation of Hydrodynamic Performance for Open-Frame Underwater Vehicle using CFD ,Hiroyoshi Suzuki, Yoshiki Nagai, Yosuke Okuda, Yutaka Ohta, Yoshitaka Watanabe, Toshio Iseki,Proceedings of the Twenty-eighth (2018) International Ocean and Polar Engineering Conference, 432-438,2018年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • Numerical Motion Analysis of ROV Applying ANCF to Tether Cable Considering its Mechanical Property,Hiroyuki Suzuki, Hiroto Tomobe, Asako Kuwano, Thant Zin Htun,Proceedings of the Twenty-eighth (2018) International Ocean and Polar Engineering Conference, 365-372,2018年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • Numerical Study on the Fluid Structure Interaction of Finite-Length Flexible Structures in Tsunami Flow by Strongly Coupled Approach,Thaw Tar, Hiroyoshi Suzuki, Naomi Kato,The Proceedings of The Twenty-eighth (2018) International OCEAN AND POLAR ENGINEERING CONFERENCE, 1222-1229,2018年06月,国際会議(proceedingsあり)

  • ドリルパイプ破断事例の破壊メカニズムに関する技術的考察,井上朝哉,和田一育,大沢直樹,藤久保昌彦,鈴木博善,Ciro Santus,日本船舶海洋工学会論文集,26 183-193,2018年03月,学術論文

  • ドリルパイプ模型のStick-Slip 現象の 計測と数値解析,福田聡太,永石雄飛,勝井辰博,井上朝哉,鈴木博善,日本船舶海洋工学会講演会論文集,25号,2017年11月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Aoolications to Marine Disaster Prevention -Spilled Oil and Gas Tracking Buoy System-,Naomi Kato, Editor,Splinger ,ISBN,978-4-431-55989-4,2017年03月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,津波抑制方法および装置,鈴木博善,加藤直三,抦﨑和孝,東克彦,都築浩,堤英伸,中尾允哉,特願2018-44883(出願),2018年03月

  • 日本,津波抑制方法および装置,鈴木博善,加藤直三,抦﨑和孝,東克彦,都築浩,堤英伸,中尾允哉,特願2018-44884(出願),2018年03月

  • 日本,フレキシブルパイプを用いた津波被害低減装置,鈴木博善,加藤直三,抦﨑和孝,東克彦,都築浩,堤英伸,中尾允哉,特願2018-4305(出願),2018年01月

  • アメリカ,Unmanned drifting substance monitoring buoy, drifting substance monitoring system, and drifting substance monitoring method,N. Kato et. al.,US8,983,780 B2(登録),2012年02月,2015年03月

  • 日本,無人浮流物質監視用ブイ、無人浮流物質監視システム及び無人浮流物質監視方法,加藤直美三、千賀英敬、鈴木博善、吉江宗生、藤田勇、松崎義孝、田中敏成,2009-191156(出願),2009年08月

受賞 【 表示 / 非表示

  • ISOPE2006 Best Paper Award,Hiroyoshi Suzuki and Naomi Kato,International Society of Offshore and Polar Engineers,2006年05月

  • 関西造船協会賞,鈴木 博善,関西造船協会,1997年01月

  • 日本造船学会奨学褒賞,鈴木博善,日本造船学会,1990年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 国際シンポジウム「大規模工業地帯への自然災害の影響」,「格子状に配列した鉛直フレキシブルパイプを用いた津波による油・ガス貯蔵タンクに対する減災効果」,2015年03月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,関西造船協会シンポジウム,実行委員,2003年03月

  • 国内重要会議,第2回高速船フォーラム,実行委員,2001年11月

  • 国内重要会議,超大型コンテナ船シンポジウム,実行委員,2001年06月

  • 国内重要会議,関西造船協会シンポジウム,実行委員,2000年07月

  • 国内重要会議,関西造船協会シンポジウム,実行委員,1998年05月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本船舶海洋工学会関西支部,運営委員(研究),2017年05月 ~ 継続中

  • その他,庚子造船会,常務理事,2010年06月 ~ 継続中