基本情報

写真b

鈴木 賢紀

SUZUKI Masanori


キーワード

熱力学、高温融体物性、構造解析

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月01日 ~ 2016年07月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助教,専任

  • 2016年08月01日 ~ 2019年03月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,講師,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,准教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

PYROSEARCH, The University of Queensland, Postdoctoral research fellow 2010年04月 ~ 2011年03月
大阪大学大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻・助教 2011年04月 ~ 2016年08月
大阪大学大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻・講師 2016年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 酸化還元法を利用した金属表面微細孔の形成による電磁波吸収性の向上
    金属生産および資源生産関連,地球資源工学およびエネルギー学関連

  • 水熱反応を利用したスラグ・ガラスの利材化
    金属生産および資源生産関連,環境材料およびリサイクル技術関連

  • イオン性混合融体・溶融スラグの物性評価
    金属生産および資源生産関連,無機材料および物性関連

  • 毛細管現象を利用した溶銑脱燐プロセス構築のためのP含有スラグの物性測定
    金属生産および資源生産関連,無機材料および物性関連

  • 酸化還元法を利用した金属表面微細孔の形成と濡れ現象の制御
    金属生産および資源生産関連,無機材料および物性関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本鉄鋼協会

  • 日本金属学会

  • 日本熱物性学会

  • セラミックス協会

  • American Ceramic Society

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Kinetic Model of Mass Transfer and Chemical Reactions at a Steel/Slag Interface under Effect of Interfacial Tension,Peiyuan Ni, Toshihiro Tanaka, Masanori Suzuki, Masashi Nakamoto, Pär G. JÖnsson,ISIJ International,Vol. 59, No. 5, in press (2019),2019年05月,学術論文

  • 溶鉄/ZrO2系溶融スラグ/固体ZrO2の多相平衡における酸素ポテンシャル測定による溶鉄中Zr活量係数の評価,鈴木賢紀,鉄と鋼,Vol. 105 (2019), No. 3, pp.382-388.,2019年03月,学術論文

  • 酸素センサーを用いた起電力(EMF)法による溶鉄中添加元素の熱力学的評価,鈴木賢紀,鉄と鋼,Vol. 105 (2019), No. 3, pp.353-357.,2019年03月,解説・総説

  • A Kinetic Model on Oxygen Transfer at a Steel/Slag Interface under Effect of Interfacial Tension,Peiyuan Ni, Toshihiro Tanaka, Masanori Suzuki, Masashi Nakamoto, Pär G. JÖnsson,ISIJ International,Vol. 58 (2018), No. 11, pp.1979-1988.,2018年11月,学術論文

  • Structural Behavior of Vanadium Ions in Alkaline Borosilicate Glass for Nuclear Waste Storage,Masanori Suzuki, Norimasa Umesaki, Toshihiro Tanaka, Takahiro Ohkubo, Toshiaki Kakihara, Taku Hashimoto, and Hidenori Kawashima,Phys. Chem. Glasses : Eur. J. Glass Sci. Technol. B,Vol.59, No.4, pp.181-192,2018年08月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award,Masanori Suzuki, Aiman Bin Mohd Halil, Yasuo Takahashi, Toshihiro Tanaka,MJIIT Japanese University Consortium,2013年11月

  • 第2回論文賞,鈴木賢紀,グローバルCOEプログラム「構造・機能先進材料デザイン教育研究拠点」,2012年02月

  • 溶融塩奨励賞,鈴木賢紀,電気化学溶融塩委員会,2011年11月

  • 第1回論文賞,鈴木賢紀,グローバルCOEプログラム「構造・機能先進材料デザイン研究拠点」,2009年03月

  • Student Poster Award ,鈴木賢紀,The 6th International Conference on Borate Glasses, Crystals and Melts,2008年08月

全件表示 >>