基本情報

写真b

林 智良

HAYASHI Tomoyoshi


キーワード

ローマ法史

電話番号

06-6850-5140

FAX番号

06-6850-5146

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月01日 ~ 継続中,法学研究科 法学・政治学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 法学研究科  単位取得満期退学 博士(法学) 1993年04月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学法学部助手 1989年04月 ~ 1992年03月
奈良産業大学法学部講師 1993年04月 ~ 1995年03月
奈良産業大学法学部助教授 1995年04月 ~ 2001年03月
奈良産業大学法学部教授 2001年04月 ~ 2004年09月
大阪大学法学研究科教授 2004年10月 ~ 継続中
大阪大学人文社会科学系戦略会議議長 2018年04月 ~ 2019年03月
大阪大学総長参与 2018年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 古代ローマにおける法学・法学者の法社会史的研究
    基礎法学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本法社会学会

  • 法制史学会

  • 法文化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • "The Addressees of the Responses of P. Alfenus Varus and the Accessibility of ‘Ordinary’ People to his Legal supports in late Republican Rome",林智良,SIHDA 2019, 73rd Session At the University of Edinburgh,UK,2019年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • "The Codification of the Japanese Civil Law and the Roman Law Education in the contemprary period - A Roman Law Historian's Overview" ,林智良,The Sixth International Seminar of Roman law, China and The Codification of Civil Law,2018年10月,国際会議(proceedingsあり)

  • "Appunti su una lettura di D.17.1.58('Pauli Liber guaestionum' 4).'Casus' presupposto e significato di 'decretum'",Tomoyoshi Hayashi,Diritto romano fra Tradizione e Modernita Atti del COnvegno internazionale di Shanghai(13-15 novembre 2014),237-245,2017年11月,国際会議(proceedingsあり)

  • “I ask and he gave his opinion”(quaero, respondit) Some Reflections on the Forms of Legal Questions and Responses in D. 17,1,59 and on their Background,Tomoyoshi Hayashi,”Aus der Werkstatt römischer Juristen”, 131-151,2016年02月,学術論文

  • Traces of Oral Legal Educations found in the Paulus Fragments and the Formation of Institutiones texts,林智良,69th Session of the SIHDA, MEF University, Istanbul, Turkey,2015年09月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,法文化(歴史・比較・情報)叢書⑦法の担い手たち,佐々木有司他,国際書院,ISBN,978-4-87791-192-8,2009年05月

  • 専門著書,「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究,三阪佳弘(編著者),大阪大学出版会,ISBN,9784872596816,2019年03月

  • その他,科研費基盤研究(B)「学部課程法学教育の社会的機能と指導理念に関する法史学的・法理論的総合研究」研究成果報告書,林智良、中山竜一、三阪佳弘、福井康太、坂口一成、栗原麻子、中尾敏充、山辺規子,科研費基盤研究(B)「学部課程法学教育の社会的機能と指導理念に関する法史学的・法理論的総合研究」事務局,2016年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 国際シンポジウム「アジアの環境アセスメント訴訟の理論と実務―司法アクセスの指標の作成に向けて―」,主催者,2018年09月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,上牧町役場,政治倫理審査会委員,2003年04月 ~ 2007年03月