基本情報

写真b

林 高史

HAYASHI Takashi


キーワード

生物無機化学、生体機能関連化学、構造有機化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7928

FAX番号

06-6879-7930

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~hayashiken/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 附属オープンイノベーション教育研究センター,センター長、若手人材育成部門長,兼任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 分析センター,センター長,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 工学部 合成化学科 卒業 工学士 1985年03月
京都大学 工学研究科 合成化学専攻 修了 工学修士 1987年03月
京都大学 工学研究科 合成化学専攻 修了 工学博士 1990年03月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学大学院工学研究科・助手 1990年04月 ~ 1997年06月
九州大学大学院工学研究院・助教授 1997年07月 ~ 2005年03月
自然科学研究機構分子科学研究所・客員教授 2005年04月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院工学研究科・教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 金属タンパク質の高機能化
    新規金属ポルフィリノイドの合成・物性・反応性
    生体分子を用いた超分子化学
    新しい生体触媒の開発
    機能物性化学関連,生物分子化学関連,構造有機化学および物理有機化学関連,有機合成化学関連,生体関連化学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 錯体化学会

  • The American Chemical Society

  • The Society of Biological Inorganic Chemistry

  • Society of Porphyrins and Phthalocyanines

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Hybridization of Modified-Heme Reconstitution and Distal Histidine Mutation to Functionalize Sperm Whale Myoglobin,Hideaki Sato, Takashi Hayashi, Tsutomu Ando, Yoshio Hisaeda, Takafumi Ueno, Yoshihito Watanabe,Journal of the American Chemical Society,Vol. 126, 436-437pp,2004年01月,学術論文

  • Ligand Binding Properties of Myoglobin Reconstituted with Iron Porphycene:Unusual O2 Binding Selectivity against CO Binding,Takashi Matsuo, Hirohisa Dejima, Shun Hirota, Dai Murata, Hideaki Sato, Takahiro Ikegami, Hiroshi Hori, Yoshio Hisaeda, Takashi Hayashi,Journal of the American Chemical Society,Vol. 126, 16007-16017pp,2004年12月,学術論文

  • Unusual Ligand Discrimination by a Myoglobin Reconstituted with a Hydrophobic Domain-Linked Heme,Hideaki Sato, Masahiro Watanabe, Yoshio Hisaeda, Takashi Hayashi,Journal of the American Chemical Society,Vol.127, No. 2, 56-57,2005年01月,学術論文

  • Photoinduced electron transfer within supramolecular hemoprotein co-assemblies and heterodimers containing Fe and Zn porphyrins,Ryota Kajihara, Koji Oohora, Takashi Hayashi,Journal of Inorganic Biochemistry,193, 42-51,2019年04月,学術論文

  • Hemoproteins Reconstituted with Artificial Metal Complexes as Biohybrid Catalysts.,Oohora K, Onoda A, Hayashi T,Accounts of chemical research,52, 4, 945-954,2019年04月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Handbook of Porphyrin Science, Vol.5,Takashi Hayashi,World Scientific,2010年03月

  • 専門著書,“Artificial Metalloenzymes Containing an Organometallic Active Site”, In Bioorganometallic Chemistry: Applications in Drug Discovery, Biocatalysis, and Imaging.,A. Onoda, T. Hayashi, M. Salmain,Wiley-VCH,ISBN,978-3-527-33527-5,2014年12月

  • 専門著書,Incorporation of modified and artificial cofactors into naturally occurring protein scaffolds In Methods in Molecular Biology,Koji Oohora, Takashi Hayashi,Springer,ISBN, 978-1-4939-1485-2,2014年05月

  • 専門著書,Progress in Inorganic ChemistryFunctionalization of Myoglobin,Yoshihito Watanabe, Takashi Hayashi,John Wiley & Sons. Inc.,2005年06月

  • 専門著書,Encyclopedia of Supramolecular Chemistry,Takashi Hayashi,Marcel Dekker,2004年06月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ヘムタンパク質ポリマーが架橋された構造体,林高史、大洞光司、小野田晃,特願2009-208054(出願),2009年09月

  • 日本,複数の金属ナノ粒子とヘムタンパク質2量体由来のアポタンパク質との複合体,林高史、小野田晃、植屋佑一,特願2010-054960(出願),2009年09月

  • 日本,酸素吸蔵機能を有する1次元・2次元ヘムタンパク質超分子なの構造体の構築,林高史、北岸宏亮、大洞光司、小野田晃、柿倉泰明,WO/2009/113551(公開),2009年03月

  • 日本,ヘムタンパク質モノマーおよびそのモノマーから得られるヘムタンパク質ポリマー,林 高史、北岸宏亮、大洞光司、柿倉泰明,特願2008-61373(登録),2008年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第27回日本化学会学術賞,林 高史,日本化学会,2010年03月

  • JPP 1st Young Investigator Award in Porphyrin Chemistry,Takashi Hayashi,Society of Porphyrins and Phthalocyanines,2000年06月

  • 第9回井上研究奨励賞,林 高史,井上科学振興財団,1992年12月

  • 九州大学総長賞,林 高史,九州大学,2001年11月

  • 有機合成化学奨励賞,林 高史,有機合成化学協会,2000年02月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • タンパク質超分子構造体

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 2006年オレオマテリアル部会セミナー,ヘムタンパク質の超高機能向上・機能変換に向けてのアプローチ,2006年10月

  • 光ナノサイエンス特別講義,ヘムタンパク質の大胆な機能向上・変換への挑戦,2006年03月

  • 生体における金属イオンの役割とその利用,ミオグロビン及びシトクロムP450camの補欠分子ヘムにおけるプロピオン酸側鎖の役割解明,2006年03月

  • 錯体化学若手の会近畿支部勉強会,タンパク質マトリクス中での錯体化学ーヘムタンパク質の機能解析と高機能変換ー,2005年11月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,5th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines,Session Organizer,2008年07月

  • 国際会議,12rh IUPAC International Symposium on MacroMolecular Complexes (MMC-12),Local Committee Member,2007年08月

  • 国際会議,第1回アジア国際シンポジウム,幹事,2007年03月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,Elsevier,Editorial Board of Journal of Inorganic Biochemistry,2007年01月 ~ 継続中

  • その他,Society of Porphyrins and Phthalocyanines,Editorial Board of Journal of Porphyrins and Phthalocyanines,2006年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本化学会,ディビジョン幹事,2006年04月 ~ 継続中

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • スーパーサイエンスプログラムSPP(文部科学省主催),2006年07月 ~ 2006年08月

  • Bull. Chem. Soc. Jpn. 編集委員,2005年04月 ~ 継続中

  • 有機合成化学協会九州・山口支部幹事,2003年04月 ~ 2005年03月