基本情報

写真b

由本 陽子

YUMOTO Yoko


キーワード

理論言語学 (形態論・語彙意味論)

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月01日 ~ 2005年03月31日,言語文化部,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,言語文化研究科 言語文化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年09月30日,言語文化研究科 言語文化学専攻,教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

神戸女学院大学 文学部 英文学科 卒業
大阪大学 文学研究科 英文学専攻 修了 文学博士(大阪大学) 2004年02月

職歴 【 表示 / 非表示

新村出記念財団・評議員 2009年06月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 英語と日本語の語形成論、語彙意味論、概念意味論
    言語学,英語学,日本語学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本英文学会 2001年4月~2005年3月  編集委員・副委員長

  • 日本英語学会 1998年12月~2000年11月 大会準備委員、 2007年~2011年 編集委員、2015年~ 評議員

  • 関西言語学会 運営委員・事務局

  • 日本言語学会 2015年~ 評議員

  • 日本語文法学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Variation in N-V compound verbs in Japanese,Yoko YUMOTO,Lingua,120:2388-2404,2010年09月,学術論文

  • 「語彙意味論の新展開」,由本陽子,『日本語学』臨時増刊号「言語研究の新たな展開」,vol.30-14, pp.39-49,2011年11月,学術論文

  • 『項との結合による複雑述語形成―その制約とメカニズムについて―』「「名詞+動詞」型の複合語形成と意味構造における項の語彙的束縛」,由本陽子,日本言語学会第142回大会予稿集,2011年06月,会議報告/口頭発表

  • 「V+かえる」と「V+直す」の意味と統語,由本陽子,日本語文法,5巻2号 110-127,2005年09月,学術論文

  • 語形成のモジュール性と意味解釈―「V+そこなう」と「V+落とす」における否定の意味解釈について,由本陽子,Kansai Linguistic Society,24:45-55,2004年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,『複合動詞・派生動詞の意味と統語ーモジュール形態論から見た日英語の動詞形成ー』,由本陽子,ひつじ書房,2005年07月

  • 専門著書,『レキシコンに潜む文法とダイナミズム』,由本陽子,開拓社,ISBN,978-4-7589-2528-0,2011年10月

  • 専門著書,『語形成と概念構造』,由本陽子・影山太郎,研究社出版,1997年09月

  • 専門著書,『語彙意味論の新たな可能性を探って』,由本陽子・小野尚之,開拓社,ISBN,9784758922210,2015年11月

  • 専門著書,『語彙の意味と文法』,由本陽子・岸本秀樹(編),くろしお出版,2009年02月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ANNUAL REPORT 100 OF OSAKA UNIVERSITY-Academic Achievements-2010-2011,Yumoto Yoko,Osaka University,2011年07月

  • 大阪大学 教育・研究功績賞,由本陽子,大阪大学,2006年01月

  • 新村出賞,由本陽子,新村出財団,2005年11月

  • 大阪大学 教育・研究功績賞,由本陽子,大阪大学,2005年01月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • ろう者と聴者が恊働する手話言語学ワークショップ , 第2回「時間の流れと変化に関する日本手話の表現」,2014年12月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 国立国語研究所 共同研究者,2009年10月 ~ 2015年03月

  • 日本英語学会編集委員,2007年10月 ~ 2011年10月

  • 日本学術振興会,2007年08月 ~ 2009年07月

  • レキシコンフォーラム編集委員,2006年04月 ~ 継続中

  • 日本学術振興会,2005年01月 ~ 2006年12月

全件表示 >>