基本情報

写真b

有末 伸子

ARISUE Nobuko


キーワード

分子進化 マラリアワクチン

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8279

FAX番号

06-6879-8281

URL

http://www.biken.osaka-u.ac.jp/kenkyu/kansen/Protozool/index.html

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2004年06月30日,微生物病研究所,特任研究員,専任

  • 2004年07月01日 ~ 2007年03月31日,微生物病研究所,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

総合研究大学院大学 先導科学研究科 生命体科学専攻 修了 博士(理学) 2002年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • マラリア原虫の系統進化
    進化生物学関連

  • マラリアワクチンの開発

    分子生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本進化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本寄生虫学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characteristic features of the SERA multigene family in the malaria parasite.,Arisue N, Palacpac NMQ, Tougan T, Horii T,Parasites & vectors,13(1) 170,2020年04月,学術論文

  • マラリア原虫のSERA遺伝子ファミリー,有末伸子,第27回分子寄生虫学ワークショップ/第17回分子寄生虫・マラリア研究フォーラム合同大会,2019年08月,会議報告/口頭発表

  • Phylogenetic position of Plasmodium vivax inferred from apicoplast and nuclear genome sequences,Nobuko Arisue, Tetsuo Hashimoto, Hajime Honma, Satoru Kawai, Kume Keitaro, Yuki Matsumoto, Daisuke Motooka, Shota Nakamura, Tosihiro Horii,7th International Conference on Plasmodium vivax Research,2019年06月,国際会議(proceedingsなし)

  • Apicoplast phylogeny reveals the position of Plasmodium vivax basal to the Asian primate malaria parasite clade.,Arisue N, Hashimoto T, Kawai S, Honma H, Kume K, Horii T,Scientific reports,9(1) 7274,2019年05月,学術論文

  • 三日熱マラリア原虫Plasmodium vivaxの系統的位置,有末 伸子, 橋本 哲男, 本間 一, 川合 覚, 久米 慶太郎, 堀井 俊宏,第88回日本寄生虫学会大会,2019年03月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 研究者入門2014-這い上がれ-,自分の居場所の探し方,2014年07月