基本情報

写真b

矢谷 博文

YATANI Hirofumi


キーワード

歯科補綴学,顎関節症および顎顔面部慢性疼痛の診断と治療に関する臨床疫学的研究

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-2951

FAX番号

06-6879-2947

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 2012年03月31日,歯学研究科 統合機能口腔科学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,歯学研究科 口腔科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

広島大学 歯学研究科  修了 歯学博士 1985年05月

職歴 【 表示 / 非表示

広島大学歯学部附属病院第2補綴科 助手 1984年04月 ~ 1985年03月
岡山大学歯学部附属病院第1補綴科 講師 1985年04月 ~ 1987年03月
岡山大学歯学部歯科補綴学第一講座 助教授 1987年04月 ~ 2000年03月
米国ケンタッキー大学歯学部Orofacial Pain Center 文部省在外研究員 1996年06月 ~ 1997年03月
岡山大学医療技術短期大学部看護学科 講師 1999年04月 ~ 2000年03月
岡山大学歯学部歯科補綴学第一講座 教授 2000年04月 ~ 2001年03月
国立大学法人広島大学歯学部 非常勤講師 2000年04月 ~ 継続中
岡山大学大学院医歯学総合研究科 教授 2001年04月 ~ 2003年03月
福岡歯科大学 非常勤講師 2001年04月 ~ 2003年03月
大阪大学大学院歯学研究科 教授 2003年04月 ~ 継続中
岡山大学大学院医歯学総合研究科 非常勤講師 2004年04月 ~ 継続中
大阪大学歯学部附属病院 副病院長 2006年04月 ~ 2008年03月
国立大学法人九州大学 非常勤講師 2008年04月 ~ 継続中
日本学術会議連携会員 2008年10月 ~ 継続中
大阪大学大学院歯学研究科 副研究科長 2009年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 顎関節症および顎顔面部慢性疼痛の診断と治療に関する臨床疫学的研究
    補綴系歯学関連

  • 接着歯学
    補綴系歯学関連

  • クラウンブリッジ補綴学
    補綴系歯学関連

  • 歯科補綴学
    補綴系歯学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本顎口腔機能学会

  • 日本咀嚼学会

  • 日本歯科医学教育学会

  • 歯科基礎医学会

  • 日本口腔顔面痛学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of rhythmic masticatory muscle activity during non-rapid eye movement sleep in guinea pigs and humans,Takafumi Kato, Risa Toyota, Shingo Haraki, Hiroyuki Yano, Makoto Higashiyama, Yoshio Ueno, Hiroshi Yano, Fumihiko Sato, Hirofumi Yatani, Atsushi Yoshida,Journal of Sleep Research,26,2018年08月,学術論文

  • Binding of PICK1 PDZ domain with calcineurin B regulates osteoclast differentiation.,Kamano Y, Watanabe J, Iida T, Kondo T, Okawa H, Yatani H, Saeki M, Egusa H,Biochem Biophys Res Commun,2018年03月,学術論文

  • Concept and clinical application of the resin-coating technique for indirect restorations.,Nikaido T, Tagami J, Yatani H, Ohkubo C, Nihei T, Koizumi H, Maseki T, Nishiyama Y, Takigawa T, Tsubota Y,Dent Mater J,10.4012/dmj.2017-253,2017年12月,学術論文

  • A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society.,Kuboki T, Ichikawa T, Baba K, Fujisawa M, Sato H, Aita H, Koyama S, Hideshima M, Sato Y, Wake H, Kimura-Ono A, Nagao K, Kodaira-Ueda Y, Tamaki K, Sadamori S, Tsuga K, Nishi Y, Sawase T, Koshino H, Masumi SI, Sakurai K, Ishibashi K, Ohyama T, Akagawa Y, Hirai T, Sasaki K, Koyano K, Yatani H, Matsumura H,J Prosthodont Res,2017年12月,学術論文

  • Adhesion procedure for CAD/CAM resin crown bonding: Reduction of bond strengths due to artificial saliva contamination,Kawaguchi-Uemura A, Mine A, Matsumoto M, Tajiri Y, Higashi M, Kabetani T, Hagino R, Imai D, Minamino T, Miura J, Yatani H,J Prosthodont Res,2017年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,日本歯科理工学会誌 Vol.36 No.3 ,若林 一道,一般社団法人 日本歯科理工学会,ISSN,1884-4421,2017年05月

  • 一般著書,接着歯学のための重要13キーワードベスト240論文 : 世界のインパクトファクターを決めるトムソン・ロイター社が選出 : 講演や雑誌でよく見る、あの分類および文献,矢谷 博文, 峯 篤史, 奈良 陽一郎, 坪田 有史, 木本 克彦, 二瓶 智太郎, 星 憲幸,クインテッセンス出版,ISBN,9784781205724,2017年04月

  • 一般著書,よくわかる口腔インプラント学,赤川 安正, 松浦 正朗, 矢谷 博文, 渡辺 文彦,医歯薬出版,ISBN,9784263458006,2017年04月

  • 翻訳作品,Ohrbach R, Knibbe W. Diagnostic Criteria for Temporomandibular Disorders: Scoring Manual for Self-Report Instruments. Version 29May2016.,Yatani H, Arima T, Ishigaki S, Tsukiyama Y,www.rdc-tmdinternational.org,2016年05月

  • 専門著書,CAD/CAM冠大臼歯適用における長期的耐久性の予測-破壊強度評価にもとづく将来展望,矢谷 博文,要 智子,若林 一道,医歯薬出版,2016年05月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,歯科用金属部材の表面処理方法および表面処理された歯科用金属部材と歯科用レジンとの接着方法,矢谷 博文, (出願),2014年05月

  • 日本,歯科用ジルコニア質焼結体,クラウン用フレーム,ブリッジ用フレーム,中博道,大西宏司,中村隆志,菅野剛,若林一道,矢谷博文,関野徹,2015-137187(公開),2014年01月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度日本接着歯学会論文賞,T. Nakamura, T. Sugano, H. Usami, K. Wakabayashi, H. Ohnishi, T. Sekino, H. Yatani,日本接着歯学会,2015年12月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学歯学部同窓会,顎関節症と補綴,1989年09月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第118回日本補綴歯科学会学術大会,大会長,2009年06月

  • 国内重要会議,第33回日本顎口腔機能学会学術大会,大会長,2004年11月

  • その他,第18回日本顎頭蓋機能学会学術大会,大会長,2004年09月