基本情報

写真b

野﨑 一徳

NOZAKI Kazunori


キーワード

数理進化言語学,流体音響工学,顎顔面口腔情報学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.dentgrid.org/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月01日 ~ 2009年03月31日,サイバーメディアセンター,教務職員,専任

  • 2009年04月01日 ~ 2011年07月31日,臨床医工学融合研究教育センター,特任講師(常勤),専任

  • 2011年08月01日 ~ 2013年03月31日,基礎工学研究科 機能創成専攻,特任講師(常勤),専任

  • 2013年04月01日 ~ 2019年06月30日,歯学部附属病院,助教,専任

  • 2019年07月01日 ~ 継続中,歯学部附属病院,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

北海道大学 歯学部  卒業 歯科医師 2000年03月
大阪大学 歯学研究科  修了 博士(歯学) 2004年03月
大阪大学 情報科学研究科 マルチメディア工学・マルチメディアデータ工学 修了 博士(情報科学) 2009年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学サイバーメディアセンター 教務職員 2004年04月 ~ 2009年03月
臨床医工学融合研究教育センター・特任講師(常勤) 2009年04月 ~ 2011年08月
ジョセフ・フーリエ大学招聘教員 2011年07月
基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 2011年08月 ~ 2013年03月
大阪大学歯学部附属病院 2013年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 顎顔面口腔情報学
    生体医工学関連,常態系口腔科学関連,知能情報学関連,医用システム関連

  • 進化人類学と生体工学と情報学から見た摩擦音の研究
    生体医工学関連,応用人類学関連,知能情報学関連,医用システム関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会

  • Acoustical Society of America

  • 医療情報学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Aeroacoustic analysis on individual characteristics in sibilant fricative production,Tsukasa Yoshinaga, Kazunori Nozaki, Shigeo Wada,The Journal of the Acoustical Society of America,146(2) 1239-1251,2019年09月,学術論文

  • Model-based inverse estimation for active contraction stresses of tongue muscles using 3D surface shape in speech production,Narihiko Koike, Satoshi Ii, Tsukasa Yoshinaga, Kazunori Nozaki, Shigeo Wada ,Journal of Biomechanics,Volume 64, 7 November 2017, Pages 69-76,2017年11月,http://www.jbiomech.com/article/S0021-9290(17)30464-5,学術論文

  • Effects of tongue position in the simplified vocal tract model of Japanese sibilant fricatives /s/ and /ʃ/,T.Yoshinaga, K.Nozaki, S.Wada,The Journal of the Acoustical Society of America Express Letters,0(0) 0-0,2017年03月,学術論文

  • Sibilant /s/ simulator based on computer tomography images and dental casts,Kazunori Nozaki, Tsukasa Yoshinaga and Shigeo Wada,Journal of Dental Research,93(2) 207-211,2014年02月,学術論文

  • A simplified vocal tract model for articulation of [s]: The effect of tongue tip elevation on [s],Tsukasa Yoshinaga, Kazunori Nozaki, Shigeo Wada,PloS one,14(10),2019年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,A joint White Paper from the HealthGrid Association and Cisco System, "Opportunity 2 - Modeling the human body for therapy planning and computer assisted interventions”,V.Breton, W.De Nerve, C.De Wagter, G.Heeren, G.Lonsdale, L.Maigne, J.Montagnat, K.Nozaki, X.Pennec, M.Taillet,Cisco Systems,2004年12月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,被検者の顎運動を計測するためのシステム、プログラム、および方法,十河基文, 木戸善之, 野﨑一徳, 池邉一典, 西願雅也,特願2019- 203439(出願),2019年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本バーチャルリアリティ学会 SIG-MR賞 受賞,老田健太郎, 清川清, 野崎一徳, 竹村治雄,日本バーチャルリアリティ学会,2012年09月

  • 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード,野崎一徳,中村匡徳,滝本遥,和田成生,(社)日本生体医工学会北海道支部,甲信越支部,関西支部,関東支部,2010年09月

  • Analytics challenge: Best Paper Nomination,Kazunori Nozaki, Masaaki Noro, Masashi Nakagawa, Susumu Date, Kenichi Baba, Steven Peltier, Toshihiro Kawaguchi, Toyokazu Akiyama, Hiroo Tamagawa, Yohsuke Tanaka, Shinji Shimojo ,Conference on High Performance Networking and Computing, Proceedings of the 2006 ACM/IEEE conference on Supercomputing,2006年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • SC06 Announces HPC Analytics Challenge Finalists,IEEE and ACM SC06 Media Relation,2006年10月

  • マウスガードを装着した際の口蓋形態による発音しやすさの違い,中日新聞,2001年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • ソーシャル・スマートデンタルホスピタル キックオフシンポジウム-均衡する医療情報の保護とAIによる利活用-「歯科口腔領域での情報科学技術 兼:サイバーメディアセンター・ワークショップ<社会に貢献する高性能計算機システム>」,「データ同化技術を用いた歯の喪失シミュレーション 」,2018年03月

  • Cyber HPC Symposium,パネルディスカッション:「HPCのための可視化、可視化のためのHPC」,2016年03月

  • 第2回CMC CAVE研究会,ロマンのある可視化,2005年07月

  • CMC CAVE研究会,e-scienceと可視化,2004年06月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,医療情報学連合大会,プログラム委員幹事,2017年11月

  • 国内重要会議,IEEE COMPSAC 2017,2017年06月

  • 国際会議,IEEE 16th International Conference on BioInformatics and BioEngineering,2016年10月

  • 国際会議,IEEE COMPSAC2015,PC member,2015年07月

  • 国内重要会議,日本医療情報学会春季学術大会,プログラム委員,2016年05月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • PragmaKids,2004年09月 ~ 継続中