基本情報

写真b

野村 泰伸

NOMURA Taishin


キーワード

生体工学,医用工学,計算論的神経科学,運動制御

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www3.bpe.es.osaka-u.ac.jp/~taishin/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月01日 ~ 2002年03月31日,基礎工学研究科,助教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2004年03月31日,基礎工学研究科 機能創成専攻,助教授,専任

  • 2004年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 機能創成専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 物理学科 卒業 理学士 1991年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 工学修士 1993年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 博士(工学) 1995年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1993年04月 ~ 1996年03月
大阪大学助手 1996年04月 ~ 1998年09月
大阪大学講師 1998年10月 ~ 2002年02月
大阪大学助教授 2002年03月 ~ 2004年03月
立命館大学理工学部・非常勤講師 2003年04月 ~ 2004年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 非線形力学系理論の生物・生体現象への応用, 立位姿勢,歩行運動,眼球運動の神経制御機構の実験的および理論的研究,心臓不整脈の力学系モデルとその制御に関する研究,フィジオーム(マルチスケール生体機能シミュレーションおよびそのソフトウェア基盤開発)
    生体医工学関連,生命、健康および医療情報学関連,ソフトコンピューティング関連,認知科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生体医工学会

  • 計測自動制御学会

  • IEEE

  • 電子情報通信学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 剛体マルチリンクモデルを用いたジャンプ着地姿勢と前十字靭帯損傷リスクの力学的関係性の解析,若林魁人、筆頭著者名他,第46回日本臨床バイオメカニクス学会,2019年10月,学術論文

  • Development of a robust methodology for evaluating a neural controller for stabilizing upright stance based on data assimilation with Bayesian inference,T. Nomura, Y. Suzuki, A. Nakamura, S. Sakoda, P. Morasso,Neuromodulation 2019 (Internationales Symposium zu Tiefer Hirnstimulation und Restaurativen Technologien),2019年07月,会議報告/口頭発表

  • A Method for Examining the Intermittent and the Stiffness Postural Control Models using Data Assimilation with Bayesian Inference,Taishin Nomura, Yasuyuki Suzuki, Akihito Nakamura, Kazuya Kondo, Pietro Morasso,41st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,2019年07月,会議報告/口頭発表

  • データサイエンス時代の生体機能モデル論,野村泰伸,第63回システム制御情報学会,2019年05月,会議報告/口頭発表

  • Long latency event-related desynchronization and synchronization of EEG beta-band in response to support-surface perturbations during quiet standing,Akihiro Nakamura, Yasuyuki Suzuki, Matija Milosevic, Taishin Nomura,29th NCM Annual Meeting (Society for the Neural Control of Movement), Toyama City,2019年04月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,スポーツと脳: 脳を知る・創る・守る・育む16,津本忠治, 室伏広治, 森 郁恵, 野村泰伸, 水澤英洋, 下郡智美, 宮下保司,クバプロ,ISBN,978-4878051425,2015年09月

  • 教科書,生体システム工学の基礎,福岡豊, 内山孝憲, 野村泰伸,コロナ社,ISBN,978-4-339-03371-7,2015年04月

  • 教科書,Harnessing Biological Complexity: An Introduction to Computational Physiology,Taishin Nomura, Yoshiyuki Asai,Springer,ISBN,978-4431538790,2011年01月

  • 専門著書,神経内科の最新医療,金澤一郎,柴崎浩,東儀英夫,野村泰伸 他98名,先端医療技術研究所,東京,ISBN,978-4925089371,2004年11月

  • 教科書,日本エム・イー学会編/ME教科書シリーズ 生体リズムの動的モデルとその解析 --MEと非線形力学系--,川上博,吉永哲哉,土居伸二,寺田和子,野村泰伸,コロナ社,ISBN,978-4339071511,2001年09月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,感覚における時間順序判断計測装置,佐古田三郎、野村泰伸、中村亨、深田慶、青池太志,特開2009-118909(公開),2007年11月

  • 日本,シミュレーション装置、生体モデルのデータ構造、モデル作成装置、検索装置、生体モデル開発システム、モデル作成プログラムおよび記録媒体,野村泰伸、河津俊宏、中西正夫、鈴木康之、倉智嘉久,特願2007-278222(出願),2007年10月

作品 【 表示 / 非表示

  • Physiome.jp,Taishin Nomura, Yoshiyuki Asai, et al. ,http://www.physiome.jp/,2007年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • IOP (Institute of Physics) Publishing, Physiological Measurement: 2018 Reviewer Awards,Taishin Nomura,IOP (Institute of Physics) Publishing,2019年03月

  • 計測自動制御学会著述賞,福岡豊、内山孝憲 、野村泰伸,計測自動制御学会,2016年09月

  • 計測自動制御学会技術賞,野村泰伸,浅井義之,公益社団法人計測自動制御学会,2012年08月

  • 日本神経回路学会研究賞,山崎大河,野村泰伸,佐藤俊輔,日本神経回路学会,2002年09月

  • 日本エムイー学会論文賞坂本賞,小林誠,野村泰伸,佐藤俊輔,日本エムイー学会,2002年05月

報道 【 表示 / 非表示

  • 超人たちのパラリンピック「“音”で限界を超える 走り幅跳び 高田千明選手」,NHK,2019年02月

  • あほやねん!すきやねん!,NHK大阪,2014年11月

  • すくみ足客観的に診断 重症度 センサーで計測・分析,日経産業新聞,2014年02月

  • 阪大基礎工の探求5,日本経済新聞,2013年11月

  • NHKスペシャル ミラクルボディ ジャンプ 空飛ぶ魔法使い,NHK,2010年02月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第41回大阪大学基礎工学部公開講座,元気に立って元気に歩く ―脳と身体による制御の仕組み,2019年07月

  • 第63回システム制御情報学会,招待講演:データサイエンス時代の生体機能モデル論,2019年05月

  • Handai-Asahi中之島塾,「元気に立って歩く〜脳と身体による制御の仕組み」,2018年04月

  • 招待講演:日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会,ヒト直立姿勢と二足歩行のニューロメカニクス,2017年12月

  • International Symposium on BrainKorea 21 PLUS,Intermittent control during stance and gait(基調講演),2017年09月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,6th INCF Japan Node International Workshop Advances in Neuroinformatics (AINI 2018),大会長,2018年12月

  • 国際会議,8th International Workshop on Biosignal Interpretation,Program Chair,2016年11月

  • 国内重要会議,計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2016,実行委員長,2016年11月

  • 国際会議,35th Annual Conference pf the IEEE EMBC,Thema Chair of Bioinformatics, Computational Biology; Systems Biology, Modeling Methodology,2013年07月

  • 国際会議,International Symposium on Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine,Symposium Chair,2011年11月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,ヘルスケアIoTコンソーシアム,専門委員,2016年10月 ~ 継続中

  • 学会,日本生体医工学会,副理事長,2014年05月 ~ 継続中

  • 学会,公益社団法人計測自動制御学会,計測自動制御学会論文誌編集委員(Associate Editor),2013年01月 ~ 継続中

  • 学会,Advanced Biomedical Engineering,Associate Editor,2013年01月 ~ 継続中

  • 公益法人,計測自動制御学会,ライフエンジニアリング部門統合情報生物工学部会主査,2013年01月 ~ 2013年12月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 臨床医工学と情報科学融合分野の社会人再教育コーディネータ,2005年07月 ~ 継続中