基本情報

写真b

野尻 正樹

NOJIRI Masaki


キーワード

生化学,構造生物学,生物無機化学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年11月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 化学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2013年06月30日,理学研究科 化学専攻,助教,専任

  • 2013年07月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

埼玉大学 理工学研究科 生産科学専攻 修了 博士(工学) 2000年03月

職歴 【 表示 / 非表示

理化学研究所播磨研究所 基礎科学特別研究員 2000年04月 ~ 2002年10月
理化学研究所 播磨研究所 客員研究員 2002年11月 ~ 継続中
オランダ・ライデン大学 客員研究員 2010年08月 ~ 2011年03月
アメリカ・シカゴ大学 客員研究員 2011年10月 ~ 2012年02月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生化学的手法ならびにX線結晶構造解析法を用いた金属タンパク酵素における反応機構の解析

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会 日本生化学会 日本蛋白質科学会 日本結晶学会 日本生物物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification of productive and futile encounters in an electron transfer protein complex,Andralojc, W., Hiruma, Y., Liu, W-M., Ravera, E., Nojiri, M., Parigi, G., Luchinat, C., Ubbink, M.,Proc. Natl. Acad. Sci., U.S.A.,Early Edition,2017年02月,学術論文

  • Structural and functional characterization of the Geobacillus copper nitrite reductase: Involvment of the unique N-terminal region in the interprotein electron transfer with its redox partner.,Fukuda, Y., Koteishi, H., Yoneda, R., Tamada, T., Takami, H., Inoue, T., Nojiri, M.,Biochim. Biophys. Acta,1837, 396-405,2014年03月,学術論文

  • The Structure of the Cytochrome P450cam-Putidaredoxin Complex Determined by Paramagnetic NMR Spectroscopy and Crystallography,Hiruma, Y., Hass, M.A.S., Kikui, Y., Liu, W-M., Olmez, B., Skinner, S.P., Blok, A., Kloosterman, A., Koteishi, H., Lohr, F., Schwalbe, H., Nojiri, M., Ubbink, M.,J. Mol. Biol.,425, 1127-1133,2013年11月,学術論文

  • Structural and mechanistic insights into the electron-flow through protein for cytochrome c-tethering copper nitrite reductase,Tsuda, A., Ishikawa, R., Koteishi, H., Tange, K., Fukuda, Y., Kobayashi, K., Inoue, T., Nojiri, M.,J. Biochem.,154(1), 51-60,2013年07月,学術論文

  • タンパク質分子間電子伝達機構の構造基盤,野尻正樹,生化学,85・1・5-12,2013年01月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Structure and function of copper nitrite reductase. "Metalloenzymes in denitrification: Applications and Environmental impacts", eds I. Moura, J.J.G. Moura, S.R. Pauleta, L.B. Maia (RSC Publishing), pp91-113,Masaki Nojiri,RSC Publishing,ISBN,978-1-78262-334-2,2016年11月

  • 専門著書,窒素循環を支えるキーエンザイム“亜硝酸還元酵素”「日本の結晶学(II)」,野尻正樹,日本結晶学会,2014年08月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会奨励賞,野尻正樹,日本生化学会,2011年10月

  • 酵素工学奨励賞,野尻正樹,酵素工学研究会,2010年11月

  • 第25回若い世代の特別講演会 講演証,野尻正樹,日本化学会,2011年03月

  • 国立大学法人 大阪大学 教育・研究功績賞,野尻正樹,国立大学法人 大阪大学,2010年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • 複合体の構造解明,日経産業新聞,2009年11月

  • ニキビ菌の酵素を発見,日本経済新聞,2007年06月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)ワークショップ「(量子物理学+生化学)x生物学=? ~"量子生物学"とは何か~,ワークショップオーガナイザー,2017年12月

  • 国内重要会議,第86回日本生化学会大会シンポジウム「電子と生命、そしてバイオテクノロジー」,シンポジウムオーガナイザー,2013年09月

  • 国内重要会議,第29回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2019),実行委員,2019年06月

  • 国内重要会議,第87回 日本生化学会大会 フォーラム「蛋白質化学に立脚した”超域”生命化学への期待」,2014年10月

  • 国内重要会議,日本結晶学会年会,実行委員,2010年12月

全件表示 >>