基本情報

写真b

木谷 茂

KITANI Shigeru


キーワード

応用微生物学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.icb.osaka-u.ac.jp

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,生物工学国際交流センター,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年06月30日,生物工学国際交流センター,助教,専任

  • 2012年07月01日 ~ 継続中,生物工学国際交流センター,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用生物工学科 卒業 工学学士 1996年03月
大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻 修了 工学修士 1998年03月
大阪大学 工学研究科 応用生物工学専攻 修了 工学博士 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

科学技術振興事業団「植物の機能と制御」 博士研究員 2001年04月 ~ 2004年03月
大阪大学生物工学国際交流センター 助手 2004年04月 ~ 2007年03月
大阪大学生物工学国際交流センター 助教 2007年04月 ~ 2012年06月
大阪大学生物工学国際交流センター 准教授 2012年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生物活性物質生産メカニズムの解明とその産業的応用
    応用微生物学関連,生物分子化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本放線菌学会

  • 日本生物工学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Butenolides from Streptomyces albus J1074 act as external signals to stimulate avermectin production in Streptomyces avermitilis.,Nguyen TB, Kitani S, Shimma S, and Nihira T. ,Appl Environ Microbiol.,84:e02791-17.,2018年05月,学術論文

  • Cystargamide B, a cyclic lipodepsipeptide with protease inhibitory activity from Streptomyces sp.,Kitani S, Yoshida M, Boonlucksanawong O, Panbangred W, Anuegoonpipat A, Kurosu T, Ikuta K, Igarashi Y, and Nihira T. ,J Antibiot (Tokyo).,71:662-6.,2018年03月,学術論文

  • Characterization of the biosynthetic gene cluster for cryptic phthoxazolin A in Streptomyces avermitilis.,Suroto DA, Kitani S, Arai M, Ikeda H, and Nihira T. ,PLoS One.,13(1):e0190973.,2018年01月,学術論文

  • Discovery of a new diol-containing polyketide by heterologous expression of a silent biosynthetic gene cluster from Streptomyces lavendulae FRI-5.,Pait IGU, Kitani S, Roslan FW, Ulanova D, Arai M, Ikeda H, and Nihira T. ,J Ind Microbiol Biotechnol.,45:77-87.,2017年12月,学術論文

  • Rakicidin F, a new antibacterial cyclic depsipeptide from a marine sponge-derived Streptomyces sp.,Kitani S, Ueguchi T, Igarashi Y, Leetanasaksakul K, Thamchaipenet A, and Nihira T.,J Antibiot (Tokyo). ,71:139-41. ,2017年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,ビジュアルバイオテクノロジー,Carolyn A. Dehlinger ,化学同人,ISBN,9784759819205,2017年04月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,組み換えベクター、形質転換体、および、それを用いたホルモンの製造方法,木谷 茂、仁平卓也,特開2007-129940(公開),2005年11月

  • 日本,バージニアマイシンM生合成遺伝子、それらの遺伝子クラスターおよびその用途,木谷 茂、仁平卓也,特開2007-61045(公開),2005年09月

  • 日本,TFL1タンパク質に特異的に結合するタンパク質およびその遺伝子、並びにその利用方法,経塚 淳子、木谷 茂,特開2004-208572(公開),2002年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回大阪大学総長奨励賞,木谷 茂,大阪大学,2015年07月

  • 新化学技術研究奨励賞,木谷 茂,公益社団法人新化学技術推進協会,2014年05月

  • 第1回大阪大学総長による表彰,木谷茂,大長か大学,2012年01月

  • 発酵と代謝研究奨励金,木谷 茂,財団法人バイオインダストリー協会,2011年10月

  • 日本放線菌学会 浜田賞,木谷 茂,日本放線菌学会,2011年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 2011年度日本放線菌学会・浜田賞受賞講演,放線菌における低分子シグナル伝達系を介した抗生物質生産制御メカニズムの解明,2011年09月

  • ラオス・科学技術研究所セミナー,Finding of new metabolite and regulation of the production in actinomycetes,2010年12月

  • カンボジア・プノンペン王立大学・理学部セミナー,Finding of new metabolite and understanding of antibiotic biosynthetic mechanism in actinomycetes,2010年12月

  • 第22回バイオエンジニアリング講演会,生理活性物質生産プロセスの解明を介した微生物育種,2010年01月

  • カンボジア・プノンペン王立大学・理学部セミナー,Deciphering a regulatory network for antibiotic production,2009年09月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,平成21年度生物工学若手研究者の集い(若手会),実行委員,2009年07月

  • 国内重要会議,第58回日本生物工学会大会,実行委員,2006年09月

  • 国内重要会議,日本放線菌学会2004年度大会,実行委員,2004年07月