基本情報

写真b

木村 文隆

KIMURA Fumitaka


キーワード

神経科学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3661

FAX番号

06-6879-3669

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/molneu/member.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 生体生理医学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 生体生理医学専攻,准教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 生物学科 卒業 1983年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 医科学修士 1985年03月
大阪大学 医学研究科 生理系専攻 修了 医学博士 1989年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会奨励研究員 1988年03月 ~ 継続中
大阪大学助手 1989年04月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1999年01月 ~ 継続中
大阪医科大学 非常勤講師 2008年04月 ~ 継続中
東京大学 非常勤講師 2012年04月 ~ 継続中
鳥取大学 2017年04月 ~ 2018年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • シナプス可塑性のメカニズム
    神経科学一般関連

  • 大脳皮質内情報処理機構、アセチルコリンによる情報処理制御機構
    神経科学一般関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 北米神経科学学会

  • 日本生理学会

  • 日本神経科学学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A hypothtical model concerning how spike-timing-dependent plasticity contributes to neural circuit formation and initiation of the critical period in barrel cortex,Fumitaka Kimura and Chiaki Itami,The Journal of Neuoscience,39, 3784-3791,2019年05月,学術論文

  • Developmental switch in spike timing-dependent plasticity at layers 4-2/3 in the rodent barrel cortex,Itami, C., Kimura, F.,Journal of Neuroscience,32: 15000-15011,2012年11月,学術論文

  • Fast activation of feedforward inhibitory neurons from thalamic input and its relevance to the regulation of spike sequences in the barrel cortex,Kimura, F., Itami, C., Ikezoe, K., Tamura, H., Fujita, I., Obata, K., Yanagawa, Y., Ohshima, M.,Journal of Physiology-London,588, 2768-2787,2010年08月,学術論文

  • BDNF-dependent unmasking of “silent” synapses in developing mouse barrel cortex,Itami, C., Kimura, F., Kohno, T., Matsuoka, M., Ichikawa, M., Tsumoto, T., Nakamura, S.,Proc. Natl. Acad. Sci., USA 100: 13069-13074 (2003),100: 13069-13074,2003年09月,学術論文

  • Change of conduction velocity by regional myelination yields constant latency irrespective of distance between thalamus and cortex,Salami, M., Itami, C., Tsumoto, T. and Kimura, F.,Proceedings of the National Academy of Sciences, USA,2003年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,生物学辞典,巌佐庸 他,岩波書店,2011年04月

  • 専門著書,ブレインサイエンスレビュー2006,木村文隆,クバプロ,2006年11月

  • 専門著書,Modulatory actions of brain-derived neurotrophic factor on synaptic transmission in rat visual cortex,Tsumoto, T., Taniguchi, N., Kimura, F., Kinoshita, S. and Akaneya, Y.,Springer,2000年04月

  • 専門著書,脳を知る,木村文隆,秀潤社,1999年04月

  • その他,Muscarinic modulation of excitatory synaptic responses in cortical neurons,木村文隆,,1996年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ブレインサイエンス研究助成金,木村文隆,ブレインサイエンス財団,2004年05月

  • Human Frontier Science Programme, Long-term fellowship,Fumitaka Kimura,Human Frontier Science Programme,1990年05月

  • 金原一郎記念医学医療振興財団研究交流助成金,木村文隆,金原一郎記念医学医療振興財団,1998年07月

  • 旭化成神経生理学研究助成金,木村文隆,旭化成,1995年05月

  • 成茂神経科学研究助成金,木村文隆,成茂神経科学財団,1994年04月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • クローズアップ現代 「大麻汚染、新たなる危機」,NHK テレビ,2017年02月

  • 大麻が神経回路を破綻,NHK テレビニュース,2016年06月

  • Researchers discover possible self-organizing mechanism of neural connections,Medical Express,2017年01月

  • 大麻成分、脳に悪影響 神経回路の枝刈る? マウス実験,朝日新聞 Digital,2016年06月

  • 大麻、健康被害への誤認と蔓延,RBCニュース (琉球放送),2019年06月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 新人研修会フォローアップ講演会,記憶のメカニズム,2009年03月

  • 近畿修猷館同窓会総会記念講演会,記憶の仕組み,2008年11月

  • 先輩と語ろう,記憶のメカニズム-若い脳がよく憶えられるわけ,2006年05月