基本情報

写真b

木下 タロウ

KINOSHITA Taroh


キーワード

免疫学、生化学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.biken.osaka-u.ac.jp/kenkyu/bio/menekifuzen.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1990年11月01日 ~ 2017年03月31日,微生物病研究所,教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,寄附研究部門教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,免疫学フロンティア研究センター,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 農学部 農業生物学科 卒業 1974年03月
東京大学 農学系研究科 農業生物学専攻 修了 農学修士 1977年03月
大阪大学 医学研究科 細菌学専攻 修了 医学博士 1981年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会奨励研究員 (大阪大学医学部細菌学教室) 1981年04月 ~ 1982年01月
大阪大学医学部細菌学助手 1982年02月 ~ 1988年03月
大阪大学医学部細菌学講師 1988年04月 ~ 1990年10月
大阪大学微生物病研究所教授 1990年10月 ~ 2017年03月
大阪大学微生物病研究所・所長 2003年10月 ~ 2007年10月
大阪大学免疫学フロンティア研究センター・教授 2007年10月 ~ 継続中
大阪大学免疫学フロンティア研究センター・副拠点長 2007年11月 ~ 2017年03月
大阪大学・微生物病研究所・寄附研究部門・教授 2017年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 1,難治血液疾患 (発作性夜間血色素尿症、再生不良性貧血)の分子病態研究, 2.タンパク質GPIアンカーの生合成機構, 3.異種移植の基礎研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • American Association of Immunologists

  • 生化学会

  • 日本細菌学会

  • 日本免疫学会

  • 日本生体防御学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Critical Roles of Glycosylphosphatidylinositol for Trypanosoma Brucei.,Nagamune, K., Nozaki, T., Maeda, Y., Ohishi, K., Fukuma, T., Hara, T., Schwarz, R.T., S殳terlin, C., Brun, R., Riezman, H., Kinoshita, T.,Proc. Natl. Acad. Sci. USA,97:10336-10341,2000年09月,学術論文

  • The cloning of PIG-A, a component in the early step of glycosylphosphatidylinositol-anchor biosynthesis.,Miyata, T., J. Takeda, Y. Iida, N. Yamada, N. Inoue, M. Takahashi, K. Maeda, T. Kitani, and T. Kinoshita.,Science.,259:1318-1320.,1993年02月,学術論文

  • In vivo inhibition of the antibody response by a monoclonal complement receptor specific antibody.,Heyman, B., E. J. Wiersma, and T. Kinoshita,J. Exp. Med.,172:665-668,1990年08月,学術論文

  • Distribution of decay-accelerating factor in the peripheral blood of normal individuals and patients with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria.,Kinoshita, T., M. E. Medof, R. Silber, and V. Nussenzweig.,J. Exp. Med,162:75-92,1985年07月,学術論文

  • Stress-induced synthesis of phosphatidylinositol 3-phosphate in Mycobacteria.,Y. S. Morita, Y. Yamaryo-Botte, K. Miyanagi,J. M. Callaghan, J.H. Patterson, P. K. Crellin, R. L. Coppel, H. Billman-Jacobe, T. Kinoshita, and M. J. McConville,J. B. C.,285:22:16643-16650,2010年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Handbook of Glycosyltransferases and Related Genes. GPI-GlcNAc Transferase: Complex of PIG-A, PIG-C, PIG-H, hGPI1, and PIG-P.,Inoue, N. and T. Kinoshita.,Springer-Verlag, Tokyo,2002年04月

  • 専門著書,Handbook of Glycosyltransferases and Related Genes, PIG-B, GPI-Man Transferase III, Man-(Ethanolaminephosphate) Man-GlcN-(Acyl) PI MannosylTransferase.,Kinoshita, T. and N. Inoue,Springer-Verlag, Tokyo.,2002年04月

  • 専門著書,Sugar Chains,Fujita, M., X.-D. Gao and T. Kinoshita,Springer,ISBN,978-4-431-55381-6,2015年02月

  • 専門著書,ポストゲノム時代の糖鎖生物学がわかる,前田裕輔、木下タロウ (編集;谷口直之),羊土社,2002年10月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,GPIアンカーータンパク質複合体生合成阻害薬スクリーニング方法,木下タロウ、永宗喜三郎,特願2001ー358367(登録),2001年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 紫綬褒章,木下 タロウ,内閣府,2018年11月

  • 第4回(平成29年)日本免疫学会 ヒト免疫研究賞,木下 タロウ,日本免疫学会,2017年12月

  • 2017年度武田医学賞,木下 タロウ,武田科学振興財団,2017年11月

  • International Glycoconjugate Organization (IGO) Award 2015,Taroh Kinoshita,International Glycoconjugate Organization (IGO),2015年09月

  • 第19回大阪科学賞,木下タロウ,大阪府、大阪市、大阪科学技術センター,2001年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 退職教授による記念講義(最終講義等),「補体とGPIアンカーに出会って」,2017年03月