基本情報

写真b

鳴海 康雄

YASUO Narumi


キーワード

磁性物理学,強磁場物理学,パルス強磁場

電話番号

06-6850-6684

FAX番号

06-6850-6612

URL

http://www.ahmf.sci.osaka-u.ac.jp/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 2005年04月30日,極限科学研究センター,助手,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 附属先端強磁場科学研究センター,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科 物理学専攻 修了 博士(理学) 2001年06月

職歴 【 表示 / 非表示

科学技術振興事業団・技術員 1997年04月 ~ 2001年04月
大阪大学極限科学研究センター・非常勤職員 2001年05月 ~ 2002年03月
理化学研究所・基礎科学特別研究員 2002年04月 ~ 2003年03月
大阪大学極限科学研究センター・助手 2003年04月 ~ 2005年04月
東京大学物性研究所国際超強磁場科学研究施設助教 2005年05月 ~ 2008年11月
東北大学金属材料研究所磁気物理学研究部門准教授 2008年12月 ~ 2016年03月
大阪大学大学院理学研究科附属先端強磁場科学研究センター准教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 強磁場下の強相関電子系・量子スピン系・低次元電子系の磁気・輸送測定
    強磁場下の放射光X線散乱と分光測定
    強磁場下における中性子散乱測定
    パルス強磁場発生技術の開発
    数理物理および物性基礎関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 強磁場フォーラム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • High-field magnetization of S = 1 antiferromagnetic bond-alternating chain compounds,Yasuo Narumi, Koichi Kindo, Masayuki Hagiwara, Hiroki Nakano, Akira Kawaguchi Koiuchi Okunishi, Masanori Kohno,Physical Review B,2004年05月,学術論文

  • Magnetization process of the S = 1/2 two-leg organic spin-ladder compound BIP-BNO,K. Nomura, Y. H. Matsuda, Y. Narumi, K. Kindo, S. Takeyama, Y. Hosokoshi, T. Ono, N. Hasegawa, H. Suwa, and S. Todo,Journal of the Physical Society of Japan,86(10), 104713-104121,2017年10月,学術論文

  • Experimental observation of temperature and magnetic-field evolution of the 4f states in CeFe2 revealed by soft x-ray magnetic circular dichroism,Y. Saitoh, A. Yasui, H. Fuchimoto, Y. Nakatani, H. Fujiwara, S. Imada, Y. Narumi, K. Kindo, M. Takahashi, T. Ebihara, and A. Sekiyama,Phys. Rev. B,96(3), 035151,2017年07月,学術論文

  • 40T Soft X-ray Spectroscopies on Magnetic-Field-Induced Valence Transition in Eu(Rh1-xIrx)(2)Si-2 (x=0.3),Yasumura, H, Narumi, Y, Nakamura, T, Kotani, Y, Yasui, A, Kishaba, E, Mitsuda, A. Wada, H, Kindo, K, Nojiri, H,Journal of the Physical Society of Japan,86(5) 054706,2017年05月,学術論文

  • Unusual Magnetic State with Dual Magnetic Excitations in the Single Crystal of S=1/2 Kagome Lattice Antiferromagnet CaCu3(OH)(6)Cl-2 0.6H(2)O,Yoshida, H, Noguchi, N, Matsushita, Y, Ishii, Y, Ihara, Y, Oda, M, Okabe, H, Yamashita, S, Nakazawa, Y, Takata, A. Kida, T, Narumi, Y, Hagiwara, M,Journal of the Physical Society of Japan,86(3) 033704,2017年03月,学術論文

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学リサーチクラウドカフェ,「極限強磁場でみるスピンと磁性」,2017年12月