基本情報

写真b

椋田 秀和

MUKUDA Hidekazu


キーワード

物性物理学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-6437

FAX番号

06-6850-6437

URL

http://www.mukudalab.mp.es.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2014年03月31日,極限量子科学研究センター,兼任教員,兼任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 附属先端強磁場科学研究センター,兼任教員,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 物性物理工学科 卒業 学士 1994年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 工学修士 1996年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 理学博士 1999年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1997年04月 ~ 1999年03月
科学技術振興事業団博士研究員 1999年04月 ~ 1999年12月
東京大学物性研究所助手 2000年01月 ~ 2001年03月
理化学研究所研究員 2001年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科助教授 2004年04月 ~ 2007年03月
大阪大学 極限量子科学研究センター 兼任教員 2007年04月 ~ 2014年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科准教授 2007年04月 ~ 継続中
大阪大学 理学研究科附属超強磁場科学研究センター 兼任教員 2014年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 低温物理学
    磁性、超伝導および強相関系関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 応用物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 125Te-NMR Study in Novel Superconductor Pb$_{1-x}$Tl$_{x}$Te with Valence Skipping Dopants,H. Mukuda, M. Yashima, T. Matsumura, S. Maki, Y. Kitaoka, K. Miyake, H. Murakami, P. Giraldo-Gallo, T. H. Geballe, and I. R. Fisher,J Supercond. Nov. Magn.,10948-018-4886-2,2018年09月,学術論文

  • Anomalous 125Te Nuclear Spin Relaxation Coincident with Charge Kondo Behavior in Superconducting Pb1−xTlxTe,Hidekazu Mukuda, Takashi Matsumura, Shota Maki, Mitsuharu Yashima, Yoshio Kitaoka, Kazumasa Miyake, Hironaru Murakami, Paula Giraldo-Gallo, Theodore H. Geball, and Ian R. Fisher Show less,87(2) 023706,2018年02月,学術論文

  • Enhancement of Tc in CeIr(In1-xCdx)5 studied by In-NQR,M. Yashima, K. Tani, K. Nishimoto, H. Mukuda, Y. Kitaoka, F. Honda, R. Settai, and Y.Onuki,Journal of Physics: Conference Series,807 052004-1-052004-6,2017年08月,学術論文

  • Three superconducting phases with different categories of pairing in hole- and electron-doped LaFeP1−xAsxO,S. Miyasaka, M. Uekubo, H. Tsuji, M. Nakajima, and S. Tajima, T. Shiota, H. Mukuda, H. Sagayama, H. Nakao, R. Kumai, and Y. Murakami,Phys. Rev. B,95 214515,2017年06月,学術論文

  • Superconductivity and Antiferromagnetic Spin Fluctuations in LaFe (As1–xPx)(O1–yFy) probed by 31P-NMR,T. Shiota, H. Mukuda, M. Uekubo, F. Engetsu, M. Yashima, Y. Kitaoka, K.T. Lai, H. Usui, K. Kuroki, S. Miyasaka, S. Tajima,Journal of Physics: Conference Series,807 052006,2017年02月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Carbon-based Superconductors: Towards High-Tc Superconductivity,J.Haruyama (編),Pan Stanford Publishing,ISBN,ISBN-13: 978-9814303309,2014年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長奨励賞 ,椋田秀和,大阪大学,2015年07月

  • 大阪大学功績賞,椋田秀和,大阪大学,2011年08月

  • 文部科学大臣表彰 若手研究科学者賞,椋田秀和,文部科学省,2010年04月

  • 第3回日本物理学会 若手研究奨励賞,椋田秀和,日本物理学会,2009年03月

  • 井上研究奨励賞,椋田秀和,井上科学振興財団,2001年02月

報道 【 表示 / 非表示

  • 鉄系超伝導体解明へ一歩  フルギャップの可能性,科学新聞,2009年10月

  • 反強磁性と超電導が共存,日刊工業新聞,2007年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 2016年度 大阪大学SEEDSプログラム 「超伝導・超高圧・量子情報・超高真空、物性物理の最前線を体感しよう」,2016年度 大阪大学SEEDSプログラム 「超伝導・超高圧・量子情報・超高真空、物性物理の最前線を体感しよう」,2016年12月

  • 2016年度 洛星高校 土曜講座「低温物理学の挑戦!-超伝導の世界-」 ,2016年度 洛星高校 土曜講座「低温物理学の挑戦!-超伝導の世界-」 ,2016年11月

  • 高大連携物理教育セミナー 基礎工研究室見学 ,高大連携物理教育セミナー 基礎工研究室見学 ,2016年08月

  • 大阪中学生サマー・セミナー 2016 , 大阪中学生サマー・セミナー 2016 ,2016年08月

  • 2016年度 大阪大学SEEDS実感プログラム4(物性物理科学で見る量子力学と未来テクノロジー),2016年度 大阪大学SEEDS実感プログラム4(物性物理科学で見る量子力学と未来テクノロジー),2016年07月

全件表示 >>