基本情報

写真b

民谷 栄一

TAMIYA Eiichi


キーワード

バイオセンサー、バイオチップ、LSPR、金属ナノ微粒子、電気化学測定、生体試料検出

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4087

FAX番号

06-6879-7840

URL

http://dolphin.ap.eng.osaka-u.ac.jp/nanobio/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学・マテリアルサイエンス研究科・教授 1993年04月 ~ 2007年03月
国立大学法人 大阪大学工学研究科 教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ナノマテリアル(金属ナノ粒子・有機ナノ粒子・カーボンナノチューブetc.)と微細加工技術を駆使し、遺伝子や免疫・酵素など優れた生体分子の機能を取り込んだバイオチップ・バイオセンサーの開発や、一細胞・一分子アッセイなど革新的技術の開拓m、バイオマスエネルギー変換システムに関する研究に取り組んでいます。
    ナノ材料科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 酵素工学研究会

  • 日本分子生物学会

  • (社)日本分析化学会

  • (社)日本生物工学会

  • (社)電気化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Chemically Regulated ROS Generation from Gold Nanoparticles for Enzyme-Free Electrochemiluminescent Immunosensing,Yui Higashi, Joyotu Mazumder, Hiroyuki Yoshikawa, Masato Saito, and Eiichi Tamiya ,Anal Chem.,90(9) 5773-5780,2018年04月,学術論文

  • Fabrication of Surface-Enhanced Raman Spectroscopy (SERS) ? Active Electrodes by Silver Sputtering Deposition for Electrochemical SERS Analys,Zicheng Zhu, Hiroyuki Yoshikawa,Masato Saito, Bin Fan, and Eiichi Tamiya,Electroanalysis ,30 1-7,2018年03月,学術論文

  • One-step nanoimprinted hybrid micro-/nano-structure for in situ protein detection of isolated cell array via localized surface plasmon resonance,Riyaz Ahmad Mohamed Ali, Wilfred Villariza Espulgar, Wataru Aoki, Shu Jiang, Masato Saito, Mitsuyoshi Ueda, and Eiichi Tamiya,Japanese Journal of Applied Physics,Volume 57, Number 3S2,2018年02月,学術論文

  • Luminol-based electrochemiluminescent biosensors for highly sensitive medical diagnosis and rapid antioxidant detection,Eiichi Tamiya, Yuki Inoue, and Masato Saito,Japanese Journal of Applied Physics,Volume 57, Number 3S2,2018年02月,学術論文

  • Instant enumeration of total viable bacterial counts for food quality assurance using ‘DEP-On-Go’ sensort,Madhu Biyani,ab Radhika Biyani,b Hiromi Ushijima,a Masato Saito,ce Yuzuru Takamura,d Eiichi Tamiyaac and Manish Biyani,Anal. Methods,2018-10(14) 1579-1664,2018年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,第20章On-chip細胞デバイス/『臓器チップの技術と開発動向』,民谷栄一,シーエムシー出版,2018年04月

  • 専門著書,第9章プリンタブル電気化学バイオセンサーの開発/『細胞・生体分子の固定化と機能発現』,民谷栄一,シーエムシー出版,2018年04月

  • 専門著書,IoTを指向するバイオセンシング・デバイス技術,民谷栄一、関谷 毅、八木康史(監修),シーエムシー出版,2016年11月

  • 専門著書,Food Biosensors,Royal Society of Chemistry,,Minhaz Uddin Ahmed, Mohammed Zourob, Eiichi Tamiya,Royal Society of Chemistry,2016年10月

  • 専門著書,Nanobiosensors and Nanobioanalyses, p1-371 (Editors),Vestergaard, M.C., Kerman, K., Hsing, I.-M., Tamiya, E.,Springer,2015年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,弾性表面波センサ,田中 浩康、栗岡 秀治、民谷 栄一、齋藤 真人,特開2017-72620(公開),2017年01月

  • 日本,弾性表面波センサ,田中 浩康、栗岡 秀治、民谷 栄一、齋藤 真人,特許第6111469号(登録),2016年04月,2017年03月

  • 日本,抗酸化力の評価方法,民谷 栄一、永谷 尚紀、牛島 ひろみ,特開2016-206027(公開),2015年04月

  • 日本,被験物質の濃度測定方法および検出装置,吉川裕之、井村修平、民谷栄一,特願2013-219688(出願),2013年10月

  • 日本,電気化学測定による抗酸化力測定法,永谷 尚紀、民谷 栄一、服部 玄,特開2015-78853(公開),2013年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 中谷大賞,民谷 栄一,中谷医工計測技術振興財団,2016年02月

  • 大阪大学総長懸賞(研究部門),民谷 栄一,国立大学法人大阪大学,2014年07月

  • 文部科学大臣発明奨励賞,民谷 栄一,社団法人発明協会,2010年10月

  • 第8回バイオビジネスコンペJAPAN奨励賞,民谷 栄一,バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会,2008年02月

  • 第37回市村学術賞貢献賞「新規な電極型遺伝子センサー開発と実用展開」,民谷 栄一,(財)新技術開発財団,2005年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 海藻成分で発電 素子開発、食料と競合せず,日経産業新聞,2014年03月

  • 大腸菌の有無 試験紙で検査,日本経済新聞,2012年09月

  • 歯周病菌、30分で検出 阪大、装置を開発,日本経済新聞,2012年06月

  • 阪大、生きた菌の量15分で検出,日本経済新聞,2011年10月

  • 進むバイオエタノール燃料電池の開発,フジサンケイビジネスアイ,2011年06月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • ASIASENSE 2018 - 8th International Conference on Sensors,Electrochemiluminescent biosensors for medical diagnosis and food analysis,2018年02月

  • Joint Symposium of Osaka University wth higher Educational Institutes of Brunei ,Nanobiotechnology & Biosensors developments,2018年02月

  • 平成29年度第4回メディショナルナノテク研究会講演会,フォトニクスバイオセンサーのアプローチ,2018年02月

  • Joint Symposium of Osaka University wth VAST Hanoi,Nanobiotechnology & Biosensors developments,2017年12月

  • 再生医療関連技術を活用した動物実験代替法検討会,細胞,組織,臓器機能の分子解析デバイスと応用展開,2017年11月

全件表示 >>