基本情報

写真b

民谷 栄一

TAMIYA Eiichi


キーワード

バイオセンサー、バイオチップ、LSPR、金属ナノ微粒子、電気化学測定、生体試料検出

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4087

FAX番号

06-6879-7840

URL

http://dolphin.ap.eng.osaka-u.ac.jp/nanobio/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学・マテリアルサイエンス研究科・教授 1993年04月 ~ 2007年03月
国立大学法人 大阪大学工学研究科 教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ナノマテリアル(金属ナノ粒子・有機ナノ粒子・カーボンナノチューブetc.)と微細加工技術を駆使し、遺伝子や免疫・酵素など優れた生体分子の機能を取り込んだバイオチップ・バイオセンサーの開発や、一細胞・一分子アッセイなど革新的技術の開拓m、バイオマスエネルギー変換システムに関する研究に取り組んでいます。
    ナノ材料科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 酵素工学研究会

  • 日本分子生物学会

  • (社)日本分析化学会

  • (社)日本生物工学会

  • (社)電気化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sensitive Detection of Glycated Albumin in Human Serum Albumin Using Electrochemiluminescence,Yuki Inoue, Mikako Inoue, Masato Saito, Hiroyuki Yoshikawa and Eiichi Tamiya,Anal. Chem,89(11) 5909-5915,2017年05月,学術論文

  • Pressure free nanoimprinting lithography using ladder-type HSQ material for LSPR biosensor chip,Shu Jiang, Masato Saito, Mizuho Murahashi, and Eiichi Tamiya,Sensors and Actuators B: Chemical,242 47-55,2017年04月,学術論文

  • Electrochemiluminescence Based Enzymatic Urea Sensor Using Nanohybrid of Isoluminol-gold Nanoparticle- graphene Oxide Nanoribbons,Nur Syakimah Ismail, Le Quynh Hoa,Vu Thi Huong,Yuki Inoue, Hiroyuki Yoshikawa, Masato Saito, and Eiichi Tamiya,Electroanalysis ,29(4) 938-943,2017年04月,学術論文

  • Quenched Electrochemiluminescence Imaging using Electro-Generated Substrate for Sensitive Detection of Catalase as Potential Enzyme Reporter System,Yuki Inoue, Masato Saito, Hiroyuki Yoshikawa, Eiichi Tamiya,,Electrochimica Acta,240 447-455,2017年04月,学術論文

  • Synthesis of Recombinant Mouse Crystallin Proteins and in Vitro Measurement of Their Refractivity,Akiho Furuyama, Chiyuki Matsushima, Takahiro Yokoi, Mitsuyoshi Ueda, and Eiichi Tamiya,ACS Biomater. Sci. Eng.,3(4) 502-508,2017年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,IoTを指向するバイオセンシング・デバイス技術,民谷栄一、関谷 毅、八木康史(監修),シーエムシー出版,2016年11月

  • 専門著書,Food Biosensors,Royal Society of Chemistry,,Minhaz Uddin Ahmed, Mohammed Zourob, Eiichi Tamiya,Royal Society of Chemistry,2016年10月

  • 専門著書,Nanobiosensors and Nanobioanalyses, p1-371 (Editors),Vestergaard, M.C., Kerman, K., Hsing, I.-M., Tamiya, E.,Springer,2015年03月

  • 専門著書,Applications of Nanomaterials in Sensors and Diagnostics, P.171-188 "Gold Nanostructure LSPR-Based Biosensors for Biomedical Diagnosis",Mun'delanji C. Vestergaard, Masato Saito, Hiroyuki Yoshikawa, Eiichi Tamiya,Springer,ISBN,978-3-642-36024-4,2013年04月

  • 専門著書,第5章 「ナノインプリント技術によるLSPRセンサの開発」P152-157, 『プラズモンナノ材料開発の最前線と応用』(シーエムシー出版),斉藤真人、民谷栄一,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-0693-3,2013年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,弾性表面波センサ,田中 浩康、栗岡 秀治、民谷 栄一、齋藤 真人,特開2017-72620(公開),2017年01月

  • 日本,弾性表面波センサ,田中 浩康、栗岡 秀治、民谷 栄一、齋藤 真人,特許第6111469号(登録),2016年04月,2017年03月

  • 日本,抗酸化力の評価方法,民谷 栄一、永谷 尚紀、牛島 ひろみ,特開2016-206027(公開),2015年04月

  • 日本,被験物質の濃度測定方法および検出装置,吉川裕之、井村修平、民谷栄一,特願2013-219688(出願),2013年10月

  • 日本,電気化学測定による抗酸化力測定法,永谷 尚紀、民谷 栄一、服部 玄,特開2015-78853(公開),2013年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 中谷大賞,民谷 栄一,中谷医工計測技術振興財団,2016年02月

  • 大阪大学総長懸賞(研究部門),民谷 栄一,国立大学法人大阪大学,2014年07月

  • 文部科学大臣発明奨励賞,民谷 栄一,社団法人発明協会,2010年10月

  • 第8回バイオビジネスコンペJAPAN奨励賞,民谷 栄一,バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会,2008年02月

  • 第37回市村学術賞貢献賞「新規な電極型遺伝子センサー開発と実用展開」,民谷 栄一,(財)新技術開発財団,2005年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 海藻成分で発電 素子開発、食料と競合せず,日経産業新聞,2014年03月

  • 大腸菌の有無 試験紙で検査,日本経済新聞,2012年09月

  • 歯周病菌、30分で検出 阪大、装置を開発,日本経済新聞,2012年06月

  • 阪大、生きた菌の量15分で検出,日本経済新聞,2011年10月

  • 進むバイオエタノール燃料電池の開発,フジサンケイビジネスアイ,2011年06月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 情報機構大田区産業プラザ 情報機構セミナー,IoTを志向したバイオセンシングデバイスの基礎と開発事例、応用まで,2017年02月

  • SPIE 2017 Nano-Bio Sensing, Imaging & Spectroscopy,Nanophotonic and Electrochemical Biosensors for Biomedical Applications,2017年02月

  • 第57回研究会-ナノ界面を意識した薄膜技術の医工学応用,ナノバイオセンサーの開発とその応用展開,2017年02月

  • The 2nd Asian Symposium on Nanobiotechnology,Nanotechnology and electrochemistry based biosensors for biomedical applications,2016年12月

  • International Workshop on Advanced Materials and Nanotechnolog IWAMN 2016,Nanophotonic and electrochemical biosensors for biomedical diagnosis,2016年11月

全件表示 >>