基本情報

写真b

民井 淳

ATSUSHI Tamii


キーワード

原子核物理,実験

URL

http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/~tamii

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年06月01日 ~ 2007年03月31日,核物理研究センター,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,核物理研究センター,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学    修了 博士(理学) 1999年11月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学 大学院理学系研究科 助手 1998年04月 ~ 2003年05月
大阪大学 核物理研究センター 助教授 2003年06月 ~ 2007年03月
大阪大学 核物理研究センター 准教授 2007年04月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Investigating neutron-proton pairing in sd-shell nuclei via (p, 3He) and (3He,p) transfer reactions,Y. Ayyad, J. Lee, H.J. Ong et al.,Physical Review C,96 021303(R)-1-021303(R)-6,2017年08月,学術論文

  • High-j neutron excitations outside 136Xe,R. Talwar, H.J. Ong et al.,Physical Review C,96 024310-1-024310-9,2017年08月,学術論文

  • Multi-layer plastic scintillation detector array for fast neutrons with n-γ discrimination capability,L. Yu, S. Terashima, H.J. Ong et al.,Nuclear Instruments and Methods in Physics A,866 118-128,2017年06月,学術論文

  • Repulsive three-body force and channel-coupling effects via 12C + 12C scattering at 100A MeV,W. W. Qu, G.L. Zhang, S. Terashima, I. Tanihata, A. Tamii, H.J. Ong et al.,Physical Review C,95 044616 -1-044616 -14,2017年04月,学術論文

  • Observation of isoscalar and isovector dipole excitations in neutron-rich 20O,N.Nakatsuka 他,Physics Letters B,768 387-392,2017年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Proceedings of the 10th International Symposium on Origin of Matter and Evolution of Galaxies,I. Tanihata, T. Shima et al.,American Institute of Physics,ISBN,978-0-7354-0819-7,2010年10月

  • 専門著書,The 10th International Symposium on Origin of Matter and Evolution of Galaxies (OMEG2010),ISAO TANIHATA, HOOI JIN ONG, ATSUSHI TAMII, TADAFUMI KISHIMOTO, TOSHITAKA KAJINO, SHIGERU KUBONO, TATSUSHI SHIMA,American Institute of Physics,ISBN,073540819X,2010年09月