基本情報

写真b

本多 修

HONDA Osamu


キーワード

放射線医学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月01日 ~ 2002年06月30日,医学系研究科,助手,専任

  • 2003年10月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年06月30日,医学系研究科,助教,専任

  • 2010年07月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科,講師,専任

  • 2010年10月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1992年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 博士課程 2000年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 胸部放射線医学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線医学学会

  • 肺癌学会

  • 日本呼吸器学会

  • 北米放射線学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Influence of gantry rotation time and scan mode on image quality in ultra-high-resolution CT system. ,Honda O, Yanagawa M, Hata A, Kikuchi N, Miyata T, Tsukagoshi S, Uranishi A, Tomiyama N.,European Journal of Radiology,2018;103:71-75.,2018年06月,学術論文

  • Efficacy of CT-guided localization followed by video-assisted thoracoscopic surgery in children with tiny pulmonary nodules.,Nara K, Oue T, Uehara S, Ueno T, Ibuka S, Nakahata K, Zenitani M, Umeda S, Yamamichi T, Honda O, Okuyama H.,Asian J Endosc Surg.,9(4):328-331,2016年11月,学術論文

  • Dual-energy dynamic CT of lung adenocarcinoma: correlation of iodine uptake with tumor gene expression.,Yanagawa M, Morii E, Hata A, Fujiwara M, Gyobu T, Ueda K, Honda O, Tomiyama N.,Eur J Radiol. ,85巻・8号・1407-13,2016年08月,学術論文

  • Dual-energy dynamic CT of lung adenocarcinoma: correlation of iodine uptake with tumor gene expression. ,Yanagawa M, Morii E, Hata A, Fujiwara M, Gyobu T, Ueda K, Honda O, Tomiyama N.,Eur J Radiol.,85(8):1407-1413,2016年08月,学術論文

  • Submillisievert CT using model-based iterative reconstruction with lung-specific setting: An initial phantom study.,Hata A, Yanagawa M, Honda O, Gyobu T, Ueda K, Tomiyama N,European Radiology,2016年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,画像診断update 検査の組み立てから診断まで:特発性肺線維症、特発性器質化肺炎,大友邦、興梠征典、杉村和朗、福田国彦、松永尚文、村田喜代史 監修・編集,日本医師学会,2011年06月

  • 教科書,胸部のCT 第3版:転移性肺腫瘍(癌性リンパ管症を含む)、リンパ増殖性肺疾患(悪性病変),村田喜代史・上甲剛・村山貞之編,メディカル・サイエンス・インターナショナル,2011年04月

  • 専門著書,胸部単純X線診断をきわめる,梁川雅弘,富山憲幸,藤田由佳,澄川裕充,井上敦夫,三原直樹,本多 修,上甲 剛,中村仁信,秀潤社,ISBN,4879623482,2007年03月

 
 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学医学部附属病院での診療,2000年04月 ~ 継続中