基本情報

写真b

堀井 俊宏

HORII Toshihiro


キーワード

マラリアワクチンの開発,マラリア原虫の分子生物学,寄生虫学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8280

FAX番号

06-6879-8281

URL

http://www.biken.osaka-u.ac.jp/kenkyu/kansen/Protozool/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2019年03月31日,微生物病研究所,教授,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,寄附研究部門教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 生物学科 卒業 1976年03月
大阪大学 理学研究科 生理学専攻 修了 1978年03月
大阪大学    理学博士 1981年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1980年11月 ~ 1991年03月
大阪大学助教授 1991年04月 ~ 1999年03月
大阪大学教授 1999年04月 ~ 継続中
大阪大学・微生物病研究所・感染症国際研究センター長 2005年04月 ~ 継続中
大阪大学・微生物病研究所・難治感染症対策研究センター長 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • マラリアワクチン開発
    寄生虫学関連

  • マラリア感染におけるの宿主―寄生体相互作用の研究
    寄生虫学関連

  • 抗マラリア剤の開発
    寄生虫学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本ワクチン学会

  • 日本熱帯医学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本寄生虫学会

  • 日本バイオセーフティ学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evidences of Protection Against Blood-stage Infection of Plasmodium falciparum by the Novel Protein Vaccine SE36.,Horii T, Shirai H, Jie L, Ishii KJ, Palacpac NQ, Tougan T, Hato M, Ohta N, Bobogare A, Arakaki N, Matsumoto Y, Namazue J, Ishikawa T, Ueda S, Takahashi M.,Parasitol Int.,59(3):380-6.,2010年09月,学術論文

  • Plasmodium falciparum serine repeat antigen 5 (SE36) as a malaria vaccine candidate.,Palacpac NM, Arisue N, Tougan T, Ishii KJ, Horii T.,Vaccine,29, 5837-5845,2011年06月,学術論文

  • Plasmodium cynomolgi genome sequences provide insight into Plasmodium vivax and the monkey malaria clade.,Shin-Ichiro Tachibana, Steven A. Sullivan, Satoru Kawai, Shota Nakamura, Hyunjae R. Kim, Naohisa Goto, Nobuko Arisue, Nirianne M. Q. Palacpac, Hajime Honma, Masanori Yagi, Takahiro Tougan, Yuko Katakai, Osamu Kaneko, Toshihiro Mita, Kiyoshi Kita, Yasutomi, Patrick L. Sutton, Rimma Shakhbatyan, Toshihiro Horii, Teruo Yasunaga, John W. Barnwell, Ananias A. Escalante, Jane M. Carlton, and Kazuyuki Tanabe,Nature Genetics ,44(9), 1051-1055,2012年08月,学術論文

  • Characteristic features of the SERA multigene family in the malaria parasite.,Arisue N, Palacpac NMQ, Tougan T, Horii T,Parasites & vectors,13(1) 170,2020年04月,学術論文

  • Recovery and stable persistence of chloroquine sensitivity in Plasmodium falciparum parasites after its discontinued use in Northern Uganda.,Balikagala B, Sakurai-Yatsushiro M, Tachibana SI, Ikeda M, Yamauchi M, Katuro OT, Ntege EH, Sekihara M, Fukuda N, Takahashi N, Yatsushiro S, Mori T, Hirai M, Opio W, Obwoya PS, Anywar DA, Auma MA, Palacpac NMQ, Tsuboi T, Odongo-Aginya EI, Kimura E, Ogwang M, Horii T, Mita T,Malaria journal,19(1) 76,2020年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,The Frontiers in Medical Sciencesシリーズ 免疫応答と免疫病態の統合的分子理解 ,石井 健 ,堀井俊宏,南山堂,ISBN,978-4-525-13111-1,2007年07月

  • 専門著書,マラリア学 -ラボマニュアル-,堀井俊宏,菜根出版,2000年01月

  • 専門著書,今すぐ始める!メタゲノム解析 実験プロトコール,元岡大祐、中村昇太、飯田哲也、堀井俊宏,羊土社,ISBN,978-4-7581-0197-4,2016年12月

  • 一般著書,次世代シーケンサー活用術:トップランナーの最新研究事例に学ぶ,中村 昇太、飯田 哲也、中屋 隆明、堀井 俊宏,化学同人,ISBN,978-4-7598-1590-0,2015年02月

  • 専門著書,「免疫学辞典」第2版,堀井俊宏,東京化学同人,2002年01月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,鉄硫黄タンパク質、タンパク質-FAD複合体、電子伝達剤、およびフェレドキシン活性阻害の測定方法,長谷俊治、有賀(木股)洋子、楠木正巳、栗栖源嗣、堀井俊宏、佐藤暖、岡田健,国際公開番号WO03/060118AI(登録),2003年01月,2003年07月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第50回武田科学振興財団特定研究助成,堀井俊宏,武田科学振興財団,2004年10月

  • 2014年度日本熱帯医学会相川正道賞,堀井 俊宏,日本熱帯医学会,2014年11月

  • 第51回小泉賞,堀井俊宏,日本寄生虫学会,2004年04月

報道 【 表示 / 非表示

  • C型肝炎ウイルス、薬剤耐性なく治療する化合物 阪大、アルツハイ マー病治療薬の候補の中に...トキソプラズマなども効果,産経新聞,2017年11月

  • マラリア制圧に⼤きな⼀歩 渡航者向けワクチン来年にも治験開始、72%の予防効果、阪⼤など世界初の実⽤化へ,産經新聞,2017年08月

  • 阪大など開発のマラリアワクチン、西アフリカで治験5月から ,日本経済新聞,2017年03月

  • (先端技術)感染症の謎 解きほぐす,日経産業新聞,2016年02月

  • 研究室探訪  分子生物学者、アフリカを行く  マラリア発症予防ワクチンに懸ける,日経バイオテク,2016年02月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪中学生サマー・セミナー「マラリア原虫の研究からワクチン開発へ〜顕微鏡でマラリア原虫を見てみよう!〜」,-,2017年08月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第56回日本熱帯学会大会,大会長,2015年12月

  • 国内重要会議,第76会日本寄生虫学会大会,大会長,2007年03月

  • その他,第10回分子寄生虫学ワークショップ,2002年07月

  • その他,第9回分子寄生虫学ワークショップ,2001年07月

  • その他,第8回分子寄生虫学ワークショップ,2000年07月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本寄生虫学会,理事,2012年04月 ~ 継続中

  • 学会,国際微生物連合2011会議,国際運営委員,2010年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本寄生虫学会,評議員,1990年04月 ~ 継続中

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • ワクチンでマラリアを撲滅する(Handai Walker 2015年12・1月号 教授インタビューに掲載),2016年01月

  • NHKおはよう日本(2015年12月22日(火)07:20頃)にて日本のグローバルヘルスにおける製品開発の事例として紹介,2015年12月

  • NHK World News(2015年12月17日(木)20:00 - 21:00)にて日本のグローバルヘルスにおける製品開発の事例として紹介,2015年12月