基本情報

写真b

堀 雄一郎

HORI Yuuichirou


キーワード

蛍光プローブ

URL

http://www-molpro.mls.eng.osaka-u.ac.jp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年08月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 生命先端工学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2016年03月31日,工学研究科 生命先端工学専攻,助教,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,准教授,専任

  • 2013年04月01日 ~ 2016年03月31日,免疫学フロンティア研究センター,助教,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 薬学研究科  修了 博士(薬学) 2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

ロックフェラー大学 2004年04月 ~ 2006年07月
科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者 2012年10月 ~ 2016年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質の機能と局在を可視化する蛍光プローブの開発
    生物分子化学関連,生体関連化学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本蛋白質科学会

  • 日本化学会

  • 日本薬学会

  • アメリカ化学会

  • 日本分子イメージング学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthetic-Molecule/Protein Hybrid Probe with Fluorogenic Switch for Live-Cell Imaging of DNA Methylation,Hori Y, Otomura N, Nishida A, Nishiura M, Umeno M, Suetake I, Kikuchi K.,Journal of the American Chemical Society,140(5) 1686-1690,2018年02月,学術論文

  • Development of cyanine probes with dinitrobenzene quencher for rapid fluorogenic protein labelling.,Hori Y, Hirayama S, Kikuchi K,Philosophical transactions. Series A, Mathematical, physical, and engineering sciences,375(2107),2017年11月,学術論文

  • 生細胞でのタンパク質蛍光標識技術の開発と糖鎖機能の解明,堀 雄一郎、菊地 和也,2017年10月,解説・総説

  • Fluorogenic probes reveal a role of GLUT4 N-glycosylation in intracellular trafficking,Hirayama S, Hori Y, Benedek Z, Suzuki T, Kikuchi K,Nature Chemical Biology,12(10) 853-859,2016年10月,学術論文

  • Redesign of a Fluorogenic Labeling System To Improve Surface Charge, Brightness, and Binding Kinetics for Imaging the Functional Localization of Bromodomains,Hori Y, Hirayama S, Sato M, Kikuchi K,Angewandte Chemie International Edition,54(48) 14368-14371,2016年10月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,タンパク質を蛍光標識する方法,菊地 和也、堀 雄一郎、上野 秀樹,P5299932(登録),2009年03月,2013年06月

  • 日本,タンパク質を二段階標識する方法,菊地 和也、堀 雄一郎、上野 秀樹,特願2009-056306(出願),2009年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • The FAMSI (Federation of Asian Societies for Molecular Imaging) Young Investigator Award,Hori Y.,Federation of Asian Societies for Molecular Imaging,2017年08月

  • 平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,堀 雄一郎,文部科学省,2016年04月