基本情報

写真b

北村 正博

KITAMURA Masahiro


キーワード

歯周治療学,歯内治療学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年11月01日 ~ 2008年09月30日,歯学部附属病院,講師,専任

  • 2008年10月01日 ~ 2012年03月31日,歯学研究科 分子病態口腔科学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,歯学研究科 口腔科学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 歯学部  卒業 1986年03月
大阪大学 歯学研究科 歯学臨床系 博士(歯学) 1990年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学歯学部附属病院・医員 1990年04月 ~ 継続中
大阪大学歯学部・助手 1992年06月 ~ 継続中
大阪大学歯学部・講師 1996年11月 ~ 継続中
大阪大学歯学部附属病院・講師 1999年11月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 歯周病の病態解析、歯周組織再生療法の開発、サイトカイン療法、細胞治療
    保存治療系歯学関連,口腔再生医学および歯科医用工学関連,保存治療系歯学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会

  • 日本歯科保存学会

  • 日本口腔インプラント学会

  • 日本炎症・再生医学会

  • 大阪大学歯学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • High glucose-induced oxidative stress increases IL-8 production in human gingival epithelial cells,Y Kashiwagi, M Takedachi, K Mori, M Kubota, S Yamada, M Kitamura, S Murakami,Oral Dis,22:578-584,2016年09月,学術論文

  • A Putative Association of a Single Nucleotide Polymorphism in GPR126 with Aggressive Periodontitis in a Japanese Population,J Kitagaki, S Miyauchi, Y Asano,A Imai, S Kawai, I Michikami, M Yamashita, S Yamada, M Kitamura, S Murakami,PLoS One,10;11(8):e0160765,2016年08月,学術論文

  • The effects of cigarette smoke condensate and nicotine on periodontal tissue in a periodontitis model mouse,M Kubota, M Yanagita, K Mori, S Hasegawa, M Yamashita, S Yamada, M Kitamura, S Murakami,PLoS One,20;11(5):e0155594,2016年05月,学術論文

  • Randomized Placebo-Controlled and Controlled Non-Inferiority Phase III Trials Comparing Trafermin, a Recombinant Human Fibroblast Growth Factor 2, and Enamel Matrix Derivative in Periodontal Regeneration in Intrabony Defects,Masahiro Kitamura, Motoki Akamatsu, Masamitsu Kawanami, Yasushi Furuichi, Takeo Fujii, Mari Mori, Kazushi Kunimatsu, Hidetoshi Shimauchi, Yorimasa Ogata, Matsuo Yamamoto, Taneaki Nakagawa, Shuichi Sato, Koichi Ito, Takefumi Ogasawara, Yuichi Izumi, Kazuhiro Gomi, Kazuhisa Yamazaki, Hiromasa Yoshie, Mitsuo Fukuda, Toshihide Noguchi, Shogo Takashiba, Hidemi Kurihara, Toshihiko Nagata, Takafumi Hamachi, Katsumasa Maeda, Makoto Yokota, Ryuji Sakagami, Yoshitaka Hara, Kazuyuki Noguchi, Toshi Furuuchi, Takashi Sasano, Enyu Imai, Masatoshi Ohmae, Hayuru Koizumi, Mitsuru Watanuki, and Shinya Murakami,Journal of Bone and Mineral Research,31(4), 806-814.,2016年04月,学術論文

  • PLAP-1/asporin positively regulates FGF-2 activity,T. Awata, S. Yamada1, K. Tsushima1 H. Sakashita, S. Yamaba,T. Kajikawa, M. Yamashita, M. Takedachi, M. Yanagita, M. Kitamura, S. Murakami,Journal of Dental Research,94(10) 1417-1424,2015年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,骨ペディア骨疾患・骨代謝キーワード辞典 歯周病,北村正博、村上伸也,羊土社,ISBN,978-4-7581-2056-2,2015年05月

  • 専門著書,糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン,村上伸也、北村正博,特定非営利活動法人日本歯周病学会,2009年06月

  • 専門著書,生命歯科医学のカッティングエッジ(サイトカインを用いた歯周組織再生療法の開発、FGF-2によるPeriodontal Tissue Engineering),村上伸也、島袋善夫、北村正博、山田 聡、野崎剛徳、橋川智子、柳田 学,大阪大学出版会,2008年03月

  • 専門著書,プリベンティブ ペリオドントロジイ(歯周病とメタボリックシンドローム),村上伸也、北村正博,医歯薬出版,2007年12月

  • 専門著書,細胞増殖因子と再生医療(bFGF、歯周組織),村上伸也、北村正博、山田 聡,メディカルレビュー社,2006年07月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2012 IADR/AADR William J. Gies Award for Clinical Research,Kitamura M, et. al., Yamada S, Watanuki M, Murakami S.,International & American Associations for Dental Research,2011年12月

  • R. EARL ROBINSON REGENERATION AWARD,M. Kitamura, K. Nakashima, Y. Kowashi, T. Fujii, H. Shimauchi, T. Sasano, T.Furuichi, M. Fukuda, T. Noguchi, T. Shibutani, Y. Iwayama, S. Takashiba, H.Kurihara, M. Ninomiya, J. Kido, T. Nagata, T. Hamachi, K. Maeda, Y. Hara, Y. Izumi, T. Hirofuji, E. Imai, M. Omae, M. Watanuki, S. Murakami,American Academy of Periodontology,2009年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成24年度堺市歯科医師会学術講演会,糖尿病と歯周病ー歯科からのアプローチー ,2012年05月

  • 平成23年度東大阪市西学校園歯科医会学術講演会,侵襲性歯周炎ー若年者の歯周炎に対する対応ー,2012年03月

  • 平成23年度滋賀県歯科医師会学術講演会 ,歯周基本治療の効果について~どこまで治るのか?~,2011年12月

  • 中河内糖尿病地域連携クリティカルパスにかかわる医科歯科連携講演会,糖尿病と歯周病ー歯科として何ができるのか?ー,2011年12月

  • 平成23年度川西市歯科医師会臨床研修会,最新の歯周外科治療ー歯周組織再生療法の現状と将来展望ー,2011年11月

全件表示 >>