基本情報

写真b

北河 康隆

KITAGAWA Yasutaka


キーワード

量子化学、錯体量子化学、理論化学、物理化学

URL

http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/nakano/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 化学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2014年06月30日,理学研究科 化学専攻,助教,専任

  • 2014年07月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 化学科 卒業 1998年03月
大阪大学 理学研究科 化学専攻 修了 博士(理学) 2003年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学・助手 2003年04月 ~ 2007年03月
大阪大学・助教 2007年04月 ~ 2014年06月
大阪大学・准教授 2014年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 錯体の機能発現機構の量子化学的解明
    基礎物理化学関連,機能物性化学関連,無機・錯体化学関連

  • 擬縮退電子系のための量子化学理論の開発
    基礎物理化学関連,機能物性化学関連,無機・錯体化学関連

  • 機能性物質の理論設計
    基礎物理化学関連,機能物性化学関連,無機・錯体化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会

  • 日本化学会

  • 分子科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Theoretical Study on the Difference in Electron Conductivity of a One-Dimensional Penta-Nickel(II) Complex between Anti-Ferromagnetic and Ferromagnetic States—Possibility of Molecular Switch with Open-Shell Molecules,Yasutaka Kitagawa, Hayato Tada, Iori Era, Takuya Fujii, Kazuki Ikenaga and Masayoshi Nakano,Molecules,24, 10, 1956-1-11,2019年05月,学術論文

  • Correlation between Slow Magnetic Relaxations and Molecular Structures of Dy(III) Complexes with N5O4 Nona-Coordination,Kaede Kobayashi, Yukina Harada, Kazuki Ikenaga, Yasutaka Kitagawa, Masayoshi Nakano, Takashi Kajiwara,Magnetochemistry,5, 2, 27-1-14,2019年04月,学術論文

  • Near-infrared absorption by intramolecular charge-transfer transition in 5,10,15,20-tetra- (N-carbazolyl)porphyrin through protonation,S. Kawano, S. Kawada, Y. Kitagawa, R. Teramoto, M. Nakano, K. Tanaka*,Chemical Communications,55, 20, 2992-2995,2019年02月,学術論文

  • NIR Emission and Acid-Induced Intramolecular Electron Transfer Derived from a SOMO–HOMO Converted Non-Aufbau Electronic Structure.,Akira Tanushi, Shun Kimura, Tetsuro Kusamoto,* Moe Tominaga, Yasutaka Kitagawa, Masayoshi Nakano, Hiroshi Nishihara*,The Journal of Physical Chemistry C,123, 7, 4417-4423,2019年02月,学術論文

  • Monte Carlo Wavefunction Approach to Singlet Fission Dynamics of Molecular Aggregates.,Masayoshi Nakano*, Kenji Okada, Takanori Nagami, Takayoshi Tonami, Ryohei Kishi, Yasutaka Kitagawa,Molecules,24, 3, 541,2019年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,アトキンス物理化学(下)第10版,中野元裕、上田貴洋、奥村光隆、北河康隆,東京化学同人,ISBN,978-4-8079-0909-4,2017年09月

  • 教科書,アトキンス物理化学(上)第10版,中野元裕、上田貴洋、奥村光隆、北河康隆,東京化学同人,ISBN,978-8079-0909-7,2017年03月

  • 専門著書,CSJカレントレビュー16 スピン化学が拓く分子磁性の新展開,北河康隆 他,化学同人,2014年09月

  • 専門著書,錯体化学選書10 金属錯体の量子・計算化学,北河康隆 他,三共出版,2014年09月

  • 専門著書,物性量子化学入門,山口兆他,講談社サイエンティフィック,2004年10月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長奨励賞・大阪大学,北河康隆,大阪大学,2013年08月

  • 大阪大学功績賞,北河康隆,大阪大学,2011年08月

  • 第4回PCCP賞,北河康隆,Royal Society of Chemistry, PCCP (Physical Chemistry Chemical Physics) and Faraday Discussion,2010年03月

  • 日本化学会第87春季年会 優秀講演賞,北河康隆,日本化学会,2007年03月

  • Poster Award,Yasutaka Kitagawa,International Symposium on Cooperative Phenomena of Assembled Metal Complexes,2001年11月

報道 【 表示 / 非表示

  • トガって、走って、未来の世界へ-CO2抑制から活用へ、革新的技術を創り出す-,阪大News Letter,2014年12月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 大阪大学基礎工学部(第38回)公開講座「未来を拓く先端科学技術」,「コンピュータでみる化学の世界 -量子化学と物質科学-」,2016年08月

  • Vietnam Malaysia International Chemical Congress (VMICC) 2014,DFT study on the structure and electronic structure of double-decker phthalocyaninato-Tb(III) complex,2014年11月

  • 16th European Seminar on Computational Methods in Quantum Chemistry,Theoretical study on electron conductivities of one-dimensional Nickel(II) complexes,2014年09月

  • 錯体化学会第64回討論会・企画シンポジウム,Electron conductivity of open-shell metal complexes,2014年09月

  • 計算生命科学WG第4回講演会,金属タンパク質活性中心の機能における化学的環境の重要性 -理論計算からのアプローチ-,2014年06月

全件表示 >>