基本情報

写真b

望月 太郎

MOCHIZUKI Taro


キーワード

哲学・倫理学, 高等教育論

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2004年03月31日,文学研究科 文化形態論専攻,助教授,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2006年10月31日,大学教育実践センター,助教授,専任

  • 2006年11月01日 ~ 2012年03月31日,大学教育実践センター,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,文学研究科 文化形態論専攻,教授,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 高等教育論
    教育学関連

  • 哲学・倫理学
    哲学および倫理学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 大学評価学会

  • 関西哲学会

  • 日本哲学会

  • 日仏哲学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 哲学プラクティスを通した開発途上国との国際協力,望月太郎,現代思想,49(1) 185-196,2021年01月,その他

  • Quality Indicators for Philosophical Practice: Self-reflection as Sign for the Depth of a Dialogue,Peter Harteloh and Taro Mochizuki,Philosophical Practice and Counselling,10 141-159,2020年12月,学術論文

  • Reading the Correspondence between Descartes and Princess Elisabeth from the Viewpoint of Philosophical Counselling: Introduction and Research Questions,Taro Mochizuki, Peter Harteloh,Journal of Humanities Therapy,10巻,1号,pp.155-172,2019年06月,http://www.knuinmun.or.kr/,学術論文

  • Philosophical Perspectives of Hate Speech in/for Asia,Taro Mochizuki, Yu Izumi, Kanit Sirichan, San Tun, Toru Oga,Conference Proceedings of 5th INTERNATIONAL CONFERENCE on Hate Speech in Asia: Challenges and Solutions, 32-49,2020年10月,会議報告/口頭発表

  • 発展途上国における教育開発のための哲学プラクティス〜国際協力と哲学へのニーズ:カンボジアでの実践から,望月太郎,思考と対話,Vol.1巻,創刊号号,pp.57-61,2019年06月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Recalibrating Careers in Academia: Professional Advancement Policies and Practices in Asia-Pacific, Co-edited by Libing Wang and Wesley Teter,Libing Wang,Wesley Teter,Mochizuki, Taro,UNESCO Bangokok Office,2017年03月

  • 専門著書,Energy Ethics: Interngenerational Perspectives in and for the ASEAN Region, Edited by Roman Meinhold,Mochizuki, Taro,Gerhold K. Becker,Soraj Hongladarom,Konrad Adenauer Stiftung and Guna Chakra Research Center, Graduate School of Philosophy and Religion, Assumption University, Bangkok, Thailand,2016年12月

  • 教科書,平和研究入門,木戸衛一,大阪大学出版会,ISBN,978-4-87259-474-4 C3036,2014年04月

  • 専門著書,「無償教育の漸進的導入」と大学界改革(第3章:カンボジアにおける高等教育の量的拡大と授業料高騰の問題),細川孝,渡部昭男,望月太郎,晃洋書房,2014年03月

  • 専門著書,大学のグローバル化と内部質保証—単位の実質化,授業改善,アウトカム評価—,早田幸政,望月太郎,晃洋書房,2012年04月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 発展途上国における教育開発のための哲学プラクティス,望月太郎,特定非営利活動法人ratikウェブサイト,2020年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • リベラルアーツ教育を再考する,変わる教養、変わらない教養−リベラルアーツ教育と哲学教育の現在,2021年01月

  • 3rd ASEAN–Japan Roundtable: The Impact of the COVID 19 Pandemic,A ‘War’ Against COVID-19, is it a metaphor or reality?,2020年11月

  • 第16回千里山サイエンスカフェ,やさしく、「哲学」って何?〜対話としての哲学〜,2020年11月

  • 日本-ASEANグローバル哲学研究交流ラボラトリー 第五回公開セミナー 東南アジア哲学の可能性,「タイ式民主主義」の後進性,2019年07月

  • 日本-ASEANグローバル哲学研究交流ラボラトリー 第二回公開セミナー 東南アジア哲学の可能性,Japan-ASEAN Global Philosophical Research Exchange Laboratory ,2017年12月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 海外先進教育研究実践支援プログラム,2005年10月 ~ 2006年03月