基本情報

写真b

望月 正人

MOCHIZUKI Masahito


キーワード

熱加工力学, 材料強度学・材料力学, プロセスメカニックス, 保全学, インターフェイスメカニックス, 非破壊評価, デジタルエンジニアリング

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www7.mapse.eng.osaka-u.ac.jp/member/Mochizuki/Home.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年10月01日 ~ 2004年03月31日,工学研究科,講師,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年09月30日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,准教授,専任

  • 2009年10月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 工学部 機械工学科 卒業 1989年03月
京都大学 工学研究科  京都大学博士(工学) 1997年11月

職歴 【 表示 / 非表示

株式会社日立製作所 機械研究所 研究員 1989年04月 ~ 1998年06月
大阪大学 大学院工学研究科 生産科学専攻 助手 1998年07月 ~ 1999年09月
大阪大学 大学院工学研究科 生産科学専攻 講師 1999年10月 ~ 2004年03月
独国フラウンホッファー材料科学研究所 客員研究員 2000年04月 ~ 2001年03月
大阪大学 大学院工学研究科 生産科学専攻 助教授 2004年04月 ~ 2005年03月
大阪大学 大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻 助教授 2005年04月 ~ 2007年03月
大阪大学 大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻 准教授 2007年04月 ~ 2009年09月
大阪大学 大学院工学研究科 構造・機能先進材料デザイン教育研究センター 准教授 2008年05月 ~ 継続中
京都大学 大学院エネルギー科学研究科 客員准教授 2009年04月 ~ 2010年03月
物質・材料研究機構 客員研究員 2009年10月 ~ 継続中
大阪大学 大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻 教授 2009年10月 ~ 継続中
東北大学 流体科学研究所 客員教授 2015年04月 ~ 2016年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 溶接構造デジタルエンジニアリングに関する研究,など
    材料力学および機械材料関連,材料加工および組織制御関連

  • ミスマッチを考慮した動的強度・破壊特性に関する研究
    材料力学および機械材料関連,船舶海洋工学関連,材料加工および組織制御関連,建築構造および材料関連

  • 微視的不均質を考慮した材料のき裂発生伝播挙動の解明と材料設計への応用に関する研究
    材料力学および機械材料関連,材料加工および組織制御関連,構造材料および機能材料関連

  • 高品質溶接継手の破壊特性評価に関する研究
    構造材料および機能材料関連,材料加工および組織制御関連

  • 加工・組立プロセスを考えた構造化設計と保全に関する研究
    設計工学関連,加工学および生産工学関連,原子力工学関連,船舶海洋工学関連,材料加工および組織制御関連,構造材料および機能材料関連

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 軽金属溶接協会

  • 日本高圧力技術協会

  • 日本船舶海洋工学会

  • 日本機械学会

  • 日本材料学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Prediction of Ductile-to-Brittle Transition Under Different Strain Rates in Undermatched Welded Joints,Masahito Mochizuki and Masao Toyoda,Transactions of the ASME, Journal of Pressure Vessel Technology,Vol. 133, No. 3, 031401-1-8,2011年05月,学術論文

  • Distortion Analysis by Combining Arc Plasma Process with Weld Mechanics,Masahito MOCHIZUKI, Manabu TANAKA and Shigetaka OKANO,Mathematical Modelling of Weld Phenomena 9,pp. 551-578,2010年12月,学術論文

  • SCC Prediction in Weld Components by Multi-Scale Analysis Incorporating Crystal Plasticity,Yoshiki Mikami, Ryosuke Uraguchi, Keisuke Sogabe and Masahito Mochizuki,Mathematical Modelling of Weld Phenomena 9,pp. 551-578,2010年12月,学術論文

  • Thermal Elastic-Plastic Analysis Considering Temperature Rise by Rapid Plastic Deformation in Undermatched Joints,Masahito Mochizuki, Gyu-Baek An and Masao Toyoda,Transactions of the ASME, Journal of Pressure Vessel Technology,Vol. 131, No. 3, DOI: 10.1115/1.3027477, 031202-1-11,2009年08月,学術論文

  • Strategy of Considering Microstructure Effect on Weld Residual Stress Analysis,Masahito Mochizuki and Masao Toyoda,Transactions of the ASME, Journal of Pressure Vessel Technology,Vol. 129, No. 4, pp. 619-629,2007年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,VI-2.2 EBSDデータを活用した微視的ひずみ解析(第VI章 新しい観察手法による溶接部の組織解析に関する解説 / VI-2 結晶方位解析),三上 欣希, 望月 正人,一般社団法人 溶接学会 溶接冶金研究委員会,2013年02月

  • 専門著書,Minimizing Angular Distortion in Welding by Reverse-Side Heating, Minimization of Welding Distortion and Buckling: Modeling and Implementation, P. Michaleris, Ed.,Masahito Mochizuki,Woodhead Publishing Limited, Cambridge, United Kingdom,2011年04月

  • 教科書,溶接構造の力学と設計,豊田政男, 望月正人,新版 溶接・接合技術特論, 溶接学会編, 第3章, 産報出版, pp. 211-288,ISBN,ISBN4-88318-144-8,2005年03月

  • 専門著書,高張力鋼の溶接HAZ軟化と強度特性評価,望月正人,黒木出版社,2004年03月

  • 専門著書,建築鉄骨における実用的な入熱・パス間温度の管理手法,中込忠男(信州大学), 望月正人, 藤田哲也(日本設計), 護雅典(竹中工務店), 他,建築鉄骨における実用的な入熱・パス間温度の管理手法, 中込忠男編, 社団法人 溶接学会, pp. 97-111,2002年11月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,低残留応力構造の溶接方法,望月正人, 遠藤昭夫, 和田則明, 服部成雄, 玉井康方, 中川正紀, 林眞琴, 藤森治男,3542407(登録),1998年03月,2004年04月

  • 日本,ワイヤピーニングガンおよびワイヤピーニング装置,榎本邦夫, 黒沢孝一, 望月正人, 大高正廣, 坂田信二, 林眞琴, 林英策, 吉久保富士男,3350737(登録),1997年10月,2002年09月

  • 日本,炉内機器の予防保全方法及びその装置,榎本邦夫, 大高正廣, 林英策, 黒沢孝一, 天野和雄, 望月正人, 服部成雄,3275119(登録),1994年02月,2002年02月

  • アメリカ,Method of and Apparatus of Water Jet Peening,Kunio Enomoto, Masahito Otaka, Koichi Kurosawa, Hideyo Saito, Hiroshi Tsujimura, Yasumasa Tamai, Keiichi Uraki, Masahito Mochizuki,United States Patent, No. 5305361(登録),1993年01月,1994年04月

  • 日本,原子炉構造物の残留応力改善方法およびその残留応力改善装置,榎本邦夫, 大高正廣, 黒沢孝一, 斉藤英世, 辻村浩, 玉井康方, 浦城慶一, 望月正人,2774008(登録),1992年01月,1998年04月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本保全学会論文賞,瀬良健彦, 中野守人, 平野伸朗, 千種直樹, 岡野成威, 望月正人,日本保全学会,2016年05月

  • 日本計算工学会 ベストペーパーアワード,越智申久, 望月正人,日本計算工学会,2015年07月

  • 日本高圧力技術協会 科学技術賞 (論文賞特賞),岡野成威,望月正人,社団法人日本高圧力技術協会,2011年05月

  • 軽金属溶接論文賞,白井秀彰,望月正人,豊田政男,一般社団法人軽金属溶接協会,2011年05月

  • 科学技術振興機構 若手表彰,望月正人,科学技術振興機構,2011年02月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 日本船舶海洋工学会 第4回材料・溶接研究会, 日本造船学会 第28回構造・材料研究委員会 材料・溶接部会,溶接残留応力場におけるSCCき裂進展評価について,2006年10月

  • 日本金属学会第139回秋期大会,低炭素ステンレス鋼溶接部における粒界すべり挙動に及ぼす加工硬化の影響,2006年09月

  • 日本保全学会シンポジウム 高経年化対策に関わる劣化・損傷の評価技術の最前線,電磁超音波共鳴法を用いた減肉測定手法の開発と数値計算を用いた検出原理の検討,2006年08月

  • 第32回 非破壊検査に関する研究発表会,電磁超音波共鳴法による鋼板の減肉測定手法の開発と数値計算を用いた検出原理の検討,2006年07月

  • 第8回超鉄鋼ワークショップ - 新構造の提案と求められる材料技術,HAZ軟化を有する細粒鋼溶接継手の実用強度の予測,2004年07月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,International Conference on Application & Evaluation of High-Grade Linepipes in Hostile Environments,Secretary of the General,2002年11月

  • 国内重要会議,溶接構造シンポジウム2002,実行委員会代表幹事,2002年11月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,経済産業省委託試験研究 RWIM補修技術検討会(独立行政法人 原子力安全基盤機構),委員,2006年05月 ~ 継続中