基本情報

写真b

豊田 博紀

TOYODA Hiroki


キーワード

神経科学、神経生理学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-2882

FAX番号

06-6879-2882

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月01日 ~ 2011年06月30日,歯学研究科 統合機能口腔科学専攻,講師,専任

  • 2011年07月01日 ~ 2012年03月31日,歯学研究科 統合機能口腔科学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,歯学研究科 口腔科学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

北海道大学 歯学部  卒業 1998年03月
浜松医科大学 医学研究科  修了 2003年03月

職歴 【 表示 / 非表示

浜松医科大学医学部附属病院 歯科口腔外科 研修医 1998年04月 ~ 1999年03月
自治医科大学医学部附属病院 集中治療部 臨床助手 2003年04月 ~ 2004年04月
トロント大学医学部生理学講座 博士研究員 2004年04月 ~ 2006年03月
大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔機能学講座 講師 2006年04月 ~ 2011年07月
大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔機能学講座 准教授 2011年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 神経科学、神経生理学、口腔生理学、環境生理学
    生理学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会

  • 日本生理学会

  • 日本神経科学学会

  • 大阪大学歯学会

  • Society for Neuroscience

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A role of CB1R in inducing θ-rhythm coordination between the gustatory and gastrointestinal insula, Kang Y, Sato H, Saito M, Yin DX, Park SK, Oh SB, Bae YC, Toyoda H,Scientific Reports,6(32529),2016年09月,学術論文

  • Capsaicin induces Theta-band synchronization between gustatory and autonomic insular cortices,Saito M, Toyoda H, Kawakami S, Sato H, Bae YC, Kang Y,The Journal of Neuroscience,32 13470-13487,2012年09月,学術論文

  • Protein kinase G dynamically modulates TASK1-mediated leak K(+) currents in cholinergic neurons of the basal forebrain,Toyoda H, Saito M, Okazawa M, Hirao K, Sato H, Abe H, Takada K, Funabiki K, Takada M, Kaneko T, Kang Y,The Journal of Neuroscience,30(16) 5677-5689,2010年04月,学術論文

  • FMRP acts as a key messenger for dopamine modulation in the forebrain,Wang H, Wu LJ, Kim SS, Lee FS, Gong B, Toyoda H, Ren M, Shang YZ, Xu H, Liu F, Zhao MG., Zhuo M,Neuron,59(4) 634-647,2008年08月,学術論文

  • Roles of NMDA NR2B subtype receptor in prefrontal long-term potentiation and contextual fear memory,Zhao MG, Toyoda H, Lee YS, Wu LJ, Ko SW, Zhang XH, Jia Y, Shum F, Xu H, Li BM, Kaang BK, Zhuo M,Neuron,47(6) 859-872,2005年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Encyclopedia of Signaling Molecules,Toyoda H,Springer,2018年02月

  • 専門著書,Recruitment of masseter motoneurons by the presumed spindle Ia inputs. In: Breath, Walk and Chew - The Neural Challenge: Part I,Kang Y, Saito M, Toyoda H, Sato M,Elsevier,2010年06月

  • 専門著書,Recruitment of masseter motoneurons by spindle Ia inputs and its modulation by leak K+ channels. In: Interface Oral Health Science,Kang Y, Toyoda H, Saito M, Sato H,Springer,2010年06月

  • 一般著書,脳機能の解明-生命科学の主潮流-,福田敦夫, 豊田博紀,ガイア出版会,ISSN,-,2002年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • ライオン学術賞,豊田博紀,歯科基礎医学会,2018年09月

  • 岩垂育英会賞,豊田博紀,岩垂育英会,2008年11月

  • 平成29年度大阪大学大学院歯学研究科教員評価優秀者教育部門,豊田博紀,大阪大学大学院歯学研究科,2018年03月

  • 大阪大学総長奨励賞,豊田博紀,大阪大学,2013年06月

  • 大阪大学歯学部弓倉学術奨励賞,豊田博紀,大阪大学歯学会,2011年11月

全件表示 >>