基本情報

写真b

保坂 淳

HOSAKA Atsushi


キーワード

原子核(ハドロン)理論

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2007年03月31日,核物理研究センター,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年07月31日,核物理研究センター,准教授,専任

  • 2010年08月01日 ~ 継続中,核物理研究センター,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学部  卒業 1982年03月
東京都立大学 理学研究科 物理学専攻 修了 1984年03月
東京都立大学 理学研究科 物理学専攻 修了 1987年03月

職歴 【 表示 / 非表示

西ドイツレーゲンスブルグ大学理論物理研究室(フンボルト)研究員 1987年11月 ~ 継続中
米国ペンシルバニア大学物理学科研究員 1989年09月 ~ 継続中
カナダTRIUMF研究所理論部研究員 1991年09月 ~ 継続中
沼津工業高等専門学校一般科目講師 1993年04月 ~ 継続中
大阪大学核物理研究センター助教授 2001年04月 ~ 継続中
大阪大学核物理研究センター教授 2010年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 核子と中間子の相互作用

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of the final state interaction of eta'N on the eta' photoproduction off nucleon,Shuntaro Sakai, Atsushi Hosaka, Hideko Nagahiro,Physical Reveiw C,95, 045206,2017年04月,学術論文

  • Structure of charmed baryons studied by pionic decays,H. Nagahiro, S. Yasui, A. Hosaka, M. Oka, H. Noumi,Physical Review D,95, 014023,2017年01月,学術論文

  • Heavy pentaquark states Pc(4380) and Pc(4450) in the J/ψ production induced by pion beams off the nucleon,S.-H. Kim, H.-C. Kim, A. Hosaka,Physics Letters, Section B: Nuclear, Elementary Particle and High-Energy Physics,763 pp. 358 - 364 ,2016年12月,学術論文

  • Production and decay of charmed baryons,A. Hosaka, E. Hiyama, S.H. Kim, H. C. Kim, H. Nagahiro, H. Noumi, M.Oka, K. Shirotori, T. Yoshida, S. Yasui,Nucl.Phys. A,954,2016年10月,学術論文

  • Charmed baryons and their interactions,A. Hosaka, E. Hiyama, S.H. Kim, H.C. Kim, H. Nagahiro, H. Noumi, M. Oka, K. Shirotori, T. Yoshida, S. Yasui,arXiv:,1601.06457,2016年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Quarks, Baryons and Chiral Symmetry,Atsushi Hosaka and Hiroshi Toki,World Scientific,2001年07月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 公開講座 物質の起源を考える ~クォークからの挑戦~,「クォークからの挑戦 ~閉じ込められた粒子の追跡~」,2014年12月