基本情報

写真b

片山 光浩

KATAYAMA Mitsuhiro


キーワード

ナノ材料工学,ナノ計測技術,表面界面物性

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7775

FAX番号

06-6876-4564

URL

http://nmc.eei.eng.osaka-u.ac.jp/index_j.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年11月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 電気電子情報通信工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 電子工学科 卒業 1985年03月
大阪大学 工学研究科 電子工学専攻 中退 1986年06月
大阪大学 工学研究科  博士(工学) 1994年11月

職歴 【 表示 / 非表示

理化学研究所研究員 1986年07月 ~ 1995年09月
大阪大学講師 1995年10月 ~ 1998年10月
大阪大学助教授 1998年11月 ~ 2005年03月
大阪大学教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブの作製制御とデバイス応用
    ナノレベルの極限計測技術の開拓
    半導体表面・界面構造の解析と機能探索
    ナノ構造化学関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本真空協会

  • 日本表面科学会

  • 日本物理学会

  • 応用物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Bias- and Gate-Tunable Gas Sensor Response Originating from Modulation in the Schottky Barrier Height of a Graphene/MoS2 van der Waals Heterojunction,H. Tabata, Y. Sato, K. Oi, O. Kubo and M. Katayama,ACS Applied Materials&Interfaces,10・38387-38393,2018年11月,https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsami.8b14667,学術論文

  • Electronic States of Coupled Graphene Nanoribbons, F. Hashimoto, N. Mori, O. Kubo and M. Katayama,Japanese Journal of Applied Physics,56, No. 4, 045001 1-8,2017年02月,http://iopscience.iop.org/article/10.7567/JJAP.56.045001/pdf,学術論文

  • Pressure-Sensing Properties of Single-Walled Carbon Nanotubes Covered with a Corona-Poled Piezoelectric Polymer,T. Ikawa, H. Tabata, T. Yoshizawa, K. Utaka, O. Kubo, M. Katayama,Applied Physics Letters,109, Issue 3, 033104 1-5,2016年07月,http://scitation.aip.org/content/aip/journal/apl/109/3/10.1063/1.4959091,学術論文

  • Efficient Energy Absorption of Intense ps-Laser Pulse into Nanowire Target, H. Habara, S. Honda, M. Katayama, H. Sakagami, K. Nagai , K. A. Tanaka,Physics of Plasmas,23, 063105 1-5 ,2016年06月,http://scitation.aip.org/content/aip/journal/pop/23/6/10.1063/1.4953092,学術論文

  • Metal-Oxide-Layer-Coated Single Walled Carbon Nanotubes as a Sensor for Trace Amounts of Oxygen,H. Tabata, H. Fukuda, K. Matsushita, O. Kubo, T. Kikuchi, T. Sato, T. Kamimura, T. Ueda, R. Shimazaki, H. Tanjo, M. Horiuchi and M. Katayama,Applied Physics Express,Vol. 7, pp. 035101 1-4,2014年03月,http://iopscience.iop.org/1882-0786/7/3/035101/article,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,Surface Science-An Introduction,K. Oura, V. G. Lifshits, A. A. Saranin, A. V. Zotov and M. Katayama,Springer,ISBN,3-540-00545-5,2003年05月

  • 専門著書,カーボンナノチューブの機能・複合化の最新技術(第3章第2節 カーボンナノチューブの無機薄膜被覆による機能化),本多信一,片山光浩,シーエムシー出版,ISBN,4-88231-564-5 C3043,2006年05月

  • 専門著書,日本物理学会編 表面新物質とエピタクシー,青野正和,片山光浩,培風館,ISBN,4-563-02212-8 C3042,1992年04月

  • 専門著書,Metal-Semiconductor Interfaces,Mitsuhiro Katayama,IOS Press,1995年04月

  • 専門著書,「走査型プローブ顕微鏡―最新技術と未来予測―」2.2原子間力顕微鏡(AFM),菅原 康弘,丸善株式会社,2005年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回山﨑貞一賞,片山光浩,財団法人 材料科学技術振興財団,2001年11月

  • 井上研究奨励賞,片山光浩,井上科学振興財団,1997年02月

  • APEX/JJAP編集貢献賞,片山 光浩,応用物理学会,2016年04月

  • 応用物理学会 Poster Award,久保 理, 重原 正明, 田畑 博史, 森 伸也, 片山 光浩,公益財団法人 応用物理学会,2015年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • 一酸化炭素 室温で高感度検出 -阪大、白金修飾の単層CNT利用-,日刊工業新聞,2008年03月