基本情報

写真b

片山 光浩

KATAYAMA Mitsuhiro


キーワード

ナノ材料工学,ナノ計測技術,表面界面物性

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7775

FAX番号

06-6876-4564

URL

http://nmc.eei.eng.osaka-u.ac.jp/index_j.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年11月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 電気電子情報工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 電子工学科 卒業 1985年03月
大阪大学 工学研究科 電子工学専攻 中退 1986年06月
大阪大学 工学研究科  博士(工学) 1994年11月

職歴 【 表示 / 非表示

理化学研究所研究員 1986年07月 ~ 1995年09月
大阪大学講師 1995年10月 ~ 1998年10月
大阪大学助教授 1998年11月 ~ 2005年03月
大阪大学教授 2005年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブの作製制御とデバイス応用
    ナノレベルの極限計測技術の開拓
    半導体表面・界面構造の解析と機能探索
    ナノ構造化学関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本真空協会

  • 日本表面科学会

  • 日本物理学会

  • 応用物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Electronic States of Coupled Graphene Nanoribbons, F. Hashimoto, N. Mori, O. Kubo and M. Katayama,Japanese Journal of Applied Physics,56, No. 4, 045001 1-8,2017年02月,http://iopscience.iop.org/article/10.7567/JJAP.56.045001/pdf,学術論文

  • Unpredicted surface termination of α-Fe2O3(0001) film grown by mist chemical vapor deposition,S. Osaka, O Kubo, K. Takahashi, M. Oda, K. Kaneko, H. Tabata, S. Fujita and M. Katayama: ,Surface Science,Volume 660, Pages 9–15,2017年01月,http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0039602816307932,学術論文

  • Structural and Electronic Properties of Barium-Induced Surfaces on Si(111): Barium Disilicide and Si(111) 2 × 8 Reconstruction,O. Kubo, T. Otsuka, S. Okasaka, S. Osaka, H. Tabata, M. Katayama,Japanese Journal of Applied Physics,Volume 55, Number 8S1,2016年07月,http://iopscience.iop.org/article/10.7567/JJAP.55.08NB11/meta;jsessionid=ADD99230E70C7B88B97C910D881BDF5F.c1.iopscience.cld.iop.org,学術論文

  • Pressure-Sensing Properties of Single-Walled Carbon Nanotubes Covered with a Corona-Poled Piezoelectric Polymer,T. Ikawa, H. Tabata, T. Yoshizawa, K. Utaka, O. Kubo, M. Katayama,Applied Physics Letters,109, Issue 3, 033104 1-5,2016年07月,http://scitation.aip.org/content/aip/journal/apl/109/3/10.1063/1.4959091,学術論文

  • Efficient Energy Absorption of Intense ps-Laser Pulse into Nanowire Target, H. Habara, S. Honda, M. Katayama, H. Sakagami, K. Nagai , K. A. Tanaka,Physics of Plasmas,23, 063105 1-5 ,2016年06月,http://scitation.aip.org/content/aip/journal/pop/23/6/10.1063/1.4953092,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,Surface Science-An Introduction,K. Oura, V. G. Lifshits, A. A. Saranin, A. V. Zotov and M. Katayama,Springer,ISBN,3-540-00545-5,2003年05月

  • 専門著書,カーボンナノチューブの機能・複合化の最新技術(第3章第2節 カーボンナノチューブの無機薄膜被覆による機能化),本多信一,片山光浩,シーエムシー出版,ISBN,4-88231-564-5 C3043,2006年05月

  • 専門著書,日本物理学会編 表面新物質とエピタクシー,青野正和,片山光浩,培風館,ISBN,4-563-02212-8 C3042,1992年04月

  • 専門著書,Metal-Semiconductor Interfaces,Mitsuhiro Katayama,IOS Press,1995年04月

  • 専門著書,「走査型プローブ顕微鏡―最新技術と未来予測―」2.2原子間力顕微鏡(AFM),菅原 康弘,丸善株式会社,2005年12月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回山﨑貞一賞,片山光浩,財団法人 材料科学技術振興財団,2001年11月

  • 井上研究奨励賞,片山光浩,井上科学振興財団,1997年02月

  • APEX/JJAP編集貢献賞,片山 光浩,応用物理学会,2016年04月

  • 応用物理学会 Poster Award,久保 理, 重原 正明, 田畑 博史, 森 伸也, 片山 光浩,公益財団法人 応用物理学会,2015年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • 一酸化炭素 室温で高感度検出 -阪大、白金修飾の単層CNT利用-,日刊工業新聞,2008年03月