基本情報

写真b

片山 一朗

KATAYAMA Ichiro


キーワード

アレルギー性皮膚疾患,膠原病,皮膚免疫学,色素異常症

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3031

FAX番号

06-6879-3039

URL

http://derma.med.osaka-u.ac.jp

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院 医員 1977年07月 ~ 1980年09月
大阪大学医学部附属病院 医員(シニア非常勤) 1982年07月 ~ 1985年03月
英国 Royal College of Surgeons 研究員 1982年10月 ~ 1983年09月
国立大阪病院皮膚科 厚生技官 1985年04月 ~ 1986年09月
北里大学医学部 助手 1986年10月 ~ 1987年03月
北里大学医学部 講師 1987年04月 ~ 1990年06月
東京医科歯科大学医学部 助教授 1990年07月 ~ 1996年06月
長崎大学医学部 教授 1996年07月 ~ 2002年03月
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 教授 2002年04月 ~ 2004年02月
大阪大学大学院医学系研究科 教授 2004年03月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • アレルギー性皮膚疾患、膠原病の病態解析と治療法の開発、表皮と真皮の相互作用、痒みのメカニズムの解析、皮膚と生体リズム

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本研究皮膚科学会評議員(1990〜)

  • 日本アレルギー学会評議員(1994〜)

  • 日本アレルギー学会試験委員(2001〜2005)

  • 日本皮膚科学会代議員(1996〜2006)

  • 日本乾癬学会評議員(1996〜)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Three-dimensional cell shapes and arrangements in human sweat glands as revealed by whole-mount immunostaining.,Kurata, R., Futaki, S., Nakano, I., Fujita, F., Tanemura, A., Murota, H., Katayama, I., Okada, F., and Sekiguchi, K.,PLoS One,12,2017年06月,学術論文

  • Novel autoantibody against the β2-glycoprotein I/HLA-DR complex in patients with refractory cutaneous ulcers.,N. Arase, K. Tanimura, H. Jin , T. Yamaoka, M. Kishibe, M. Nishioka, E. Kiyohara, M. Tani, S. Matsuoka, K. Ohmura, K. Takasugi, T. Yamamoto, H. Murota, H. Arase, I. Katayama. ,Br. J. Dermatol.,2017年04月,学術論文

  • Microbially cleaved immunoglobulins are sensed by the innate immune receptor LILRA2,N. Arase, H. Jin, K Tanimura, T. Yamaoka, S. Matsuoka, M. Nishioka, E. Kiyohara, M. Tani, K. Ohmura, K. Takasugi, H. Murota, I. Katayama H. Arase,第45日本免疫学会学術集会,2016年12月,会議報告/口頭発表

  • Autoantibodies against neo-self β2-glycoprotein I / HLA-DR complex,Kouyuki Hirayasu, Fumiji Saito, Tadahiro Suenaga, Kyoko Shida, Noriko Arase, Keita Oikawa, ToshifumiYamaoka, Hiroyuki Murota, Hiroji Chibana, Ichiro Nakagawa, Tomoko Kubori, Hiroki Nagai, Yuji Nakamaru, Ichiro Katayama, Marco Colonna, Hisashi Arase,第45日本免疫学会学術集会,2016年12月,会議報告/口頭発表

  • Immunological analysis of the patients with vitiligo vulgaris and rhododendronl-induced leukoderma,Noriko Arase, Atsushi Tanemura, Lingli Yang, Hui Jin, Megumi Nishioka, Fei Yang, Yumi Aoyama, Tadahiro Suenaga, Hisashi Arase, Ichiro Katayama,日本研究皮膚科学会 第41回年次学術大会・総会,2016年12月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,色素細胞ー基礎から臨床へー第2版 第20章尋常性白斑の診断と治療,片山一朗, 種村 篤(監修:伊藤祥輔・柴原茂樹・錦織千佳子),慶應義塾大学出版会,2015年08月

  • 専門著書,アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2015 ,片山一朗(監修), 一般社団法人日本アレルギー学会 アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会,協和企画,2015年05月

  • 専門著書,医学大辞典 第20版 ,片山一朗,南山堂,2015年04月

  • 専門著書,皮膚疾患ガイドライン編 第Ⅱ章 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン,片山一朗(編集:宮地良樹),メディカルレビュー社,2015年03月

  • 専門著書,看護学テキストNiCE 疾病と治療Ⅳ 運動器系/皮膚/耳鼻咽喉/歯・口腔  2.皮膚疾患各論 E.蕁麻疹,片山一朗(総編集:松田 暉、荻原俊男、難波光義、鈴木久美、林 直子),南江堂,2015年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 発汗低下がアトピー性皮膚炎の悪化に関与,毎日放送,2013年07月

  • ヒスタミン、発汗抑え皮膚を乾燥 アトピー悪化に、大阪大,朝日新聞,2013年07月

  • ヒスタミン、発汗抑え皮膚を乾燥 アトピー悪化に、大阪大,共同通信,2013年07月

  • アトピー性皮膚炎、患部が温まるとかゆいのは? 阪大など解明 ,日本経済新聞,2012年07月

  • 「温まるとかゆい」原因突き止め,読売新聞,2012年07月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座,「皮膚は考える:紫外線と皮膚の微妙な関わり」,2017年02月

  • 第3回東三河皮膚科学術講演会,痒み治療アップデート:蕁麻疹治療への新しいアプローチ,2012年12月

  • 日本皮膚科学会第208回熊本地方会ランチョンセミナー,アトピー性皮膚炎の治療~最新の知見~,2012年12月

  • 上野の山リサーチカン ファレンス2012,アトピー性皮膚炎と生活習慣:診療ガイドラインへのインパクト,2012年10月

  • 第13回免疫アレルギーフォーラム,アトピー性皮膚炎と汗 バリア障害or バリア保持?,2012年10月

全件表示 >>