基本情報

写真b

平野 康次

HIRANO Kouji


生年月

1980年05月

キーワード

有機合成化学、有機金属化学、有機反応化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7361

FAX番号

06-6879-7362

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~miura-lab/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年10月01日 ~ 2015年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,助教,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 工学研究科  修了 博士(工学) 2008年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学、有機金属化学、有機反応化学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

  • 近畿化学会(有機金属部会)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Copper-Catalyzed Regioselective C–H Amination of Phenol Derivatives with Assistance of Phenanthroline-Based Bidentate Auxiliary,K. Takamatsu, Y. Hayashi, S. Kawauchi, K. Hirano, M. Miura,ACS Catal.,2019, 9, 5336-5344,2019年05月,学術論文

  • Development of New C-N and C-P Bond Formations with Alkenes and Alkynes Based on Electrophilic Amination and Phosphination,K. Hirano, M. Miura,J. Synth. Org. Chem. Jpn.,2018, 76, 1206-1214,2018年11月,学術論文

  • Nickel‐Catalyzed Stereospecific C‐H Coupling of Benzamides with Epoxides,S. Xu, K. Takamatsu, K. Hirano, M. Miura,Angew. Chem. Int. Ed.,2018, 57, 11797-11801,2018年07月,学術論文

  • Metal-Free Electrophilic Phosphination/Cyclization of Alkynes,Y. Unoh, K. Hirano, M. Miura,J. Am. Chem. Soc.,2017, 139, 6106-6109,2017年04月,学術論文

  • Copper-Mediated Decarboxylative Coupling of Benzamides with ortho-Nitrobenzoic Acids by Directed C-H Cleavage,K. Takamatsu, K. Hirano, M. Miura,Angew. Chem. Int. Ed.,2017, 56, 5353-5357,2017年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Sustainable Catalysis: Challenges and Practices for the Pharmaceutical and Fine Chemical Industries,K. Hirano, M. Miura,Wiley,ISBN,978-1-118-15542-4,2013年04月

  • 専門著書,直接芳香族カップリング反応の設計と応用,三浦雅博,シーエムシー出版,ISBN,9784781314211,2019年05月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Merck Banyu Lectureship Award (MBLA) 2019,平野 康次,公益財団法人 MSD生命科学財団,2020年02月

  • Thieme Chemistry Journals Award 2020,平野 康次,Georg Thieme Verlag KG,2020年01月

  • 大阪大学賞,平野 康次,大阪大学,2019年11月

  • Chemist Award BCA 2019,平野 康次,公益財団法人 MSD生命科学財団,2019年10月

  • 平成29年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞,平野 康次,文部科学省,2017年04月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第27回 国際複素環化学会議,Synthesis of Benzophospholes with Phosphenium Cations of Unique Reactivity,2019年09月

  • 第20回有機合成指向有機金属国際会議OMCOS20,Copper-Catalyzed Regioselective C-H Amination of Phenol Derivatives with Assistance of Phenanthroline-Based Bidentate Auxiliary,2019年07月

  • 日本薬学会第139年会シンポジウム「有機合成化学の若い力:今、ICHIBANアツい化学者たち」,極性転換が拓く新規炭素ーヘテロ元素結合形成,2019年03月

  • The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14) ,Palladium-Catalyzed Asymmetric Benzylic Substitution of Secondary Benzyl Carbonates,2018年11月

  • International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS),Phosphination of Alkenes and Alkynes with Phosphinyl Radicals and Phosphenium Cations of Unique Reactivity,2018年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第59回有機金属化学討論会,実行委員,2012年09月