基本情報

写真b

平尾 俊一

HIRAO Toshikazu


キーワード

機能有機化学,有機合成化学,有機金属化学,錯体化学,高分子化学,生体関連化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7413

FAX番号

06-6879-7415

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~hiraken/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2015年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,特任教授,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2012年03月31日,先端科学イノベーションセンター,兼任教授,兼任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年03月31日,産業科学研究所,兼任教授,兼任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日,附属図書館,附属図書副館長,兼任

  • 2012年10月01日 ~ 2015年03月31日,アーカイブズ,兼任教員,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 工学部 合成化学科 卒業 学士 1973年03月
京都大学 工学研究科 合成化学専攻 修了 工学修士 1975年03月
京都大学 工学研究科 合成化学専攻 修了 工学博士 1978年03月
京都大学 工学部  研究生 1978年07月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1978年08月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1992年05月 ~ 継続中
大阪大学教授 1994年12月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科教授(改組) 1998年04月 ~ 継続中
九州大学先導物質化学研究所・客員教授 2007年04月 ~ 2007年09月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生体関連システムの構築
    構造有機化学および物理有機化学関連,有機機能材料関連,生体関連化学,機能物性化学関連,有機合成化学関連

  • 遷移金属錯体の設計に基づく有機合成および材料合成方法論の開拓
    機能物性化学関連,有機合成化学関連,有機機能材料関連,生体関連化学

  • 共役系レドックスシステムの設計に基づく有機合成および材料合成方法論の開拓
    有機合成化学関連,有機機能材料関連,機能物性化学関連,高分子化学関連

  • 電子移動型反応系の構築と合成方法論の展開
    有機合成化学関連,構造有機化学および物理有機化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会

  • 米国化学会

  • 日本化学会

  • 電気化学会

  • 触媒学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of a Sumanenyl Hafnocene Complex,Toru Amaya, Shun Katoh, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao,Org. Chem. Front.,6(7) 1032-1037,2019年04月,学術論文

  • Synthesis of self-doped polyaniline bearing phosphonic acid moiety via Pd-catalyzed phosphonation of poly(2-bromoaniline),Toru Amaya, Tomohiro Hatai, Izumi Kurata, and Toshikazu Hirao,Tetrahedron Letters,59(18) 1715-1718,2018年05月,学術論文

  • Oxidative Bromination Reactions in Aqueous Media by Using Bu4NBr/TFA/H2O2 System,Toshiyuki Moriuchi, Yasuhiro Fukui, Takashi Sakuramoto, and Toshikazu Hirao,Chem. Lett.,Vol. 46, No. 12, p. 1708-1710,2017年12月,学術論文

  • Crown Ether Assisted Convex Cesium Binding to a Sumanenyl Bowl,Sarah N. Spisak, Jingbai Li, Andrey Yu. Rogachev, Zheng Wei, Toru Amaya, Toshikazu Hirao, and Marina A. Petrukhina,Organometallics,36(24) 4961-4967,2017年12月,学術論文

  • ホスホン酸部位を有する自己ドープ型導電性ポリアニリンの開発,雨夜 徹、平尾俊一,高分子論文集,74(6) 473-481,2017年11月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Vanadium: The Versatile Metal,Toshikazu Hirao,American Chemical Society,2007年12月

  • 専門著書,Catalytic Reductive C-C Bond Formation,Toshikazu Hirao,Springer,2007年06月

  • 専門著書,"Functionalized Redox Systems: Synthetic Reactions and Design of π- and Bio-Conjugates (Editor: Toshikazu Hirao)",Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi, Toru Amaya, Annika Groß, Akiya Ogawa, and Akihiro Nomoto,Springer-Verlag,ISBN,978-4-431-55305-2,2015年01月

  • 専門著書,"Organometallics and Related Molecules for Energy Conversion (Editor: Wai-Yeung Wong)",Toshiyuki Moriuchi, Toru Amaya, and Toshikazu Hirao,Springer-Verlag,ISBN,978-3-662-46053-5,2015年01月

  • 専門著書,Organometallic Complexes of Sumanene,Toru Amaya and Toshikazu Hirao,John Wiley & Sons,ISBN,9781118510148,2014年01月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,自己ドーピング機能を持つポリアニリンの製造方法およびその方法により製造されたポリアニリンを含む帯電防止剤,平尾 俊一、雨夜 徹、阿部 靖,2013-84037(出願),2013年04月

  • 日本,芳香族ヒドロキシカルボン酸の製造方法,平尾俊一、濱口正基、大塚良一,特願2011-120263(出願),2011年05月

  • 日本,スマネン誘導体および電子回路材料としての利用,平尾俊一、関修平、雨夜徹、清水康智、稲田雄飛、太和田善久、辻良太郎,特願2011-033642(出願),2011年02月

  • 日本,芳香族ヒドロキシカルボン酸の製造方法 ,平尾俊一、濱口正基、大塚良一,特願2010-124047(出願),2010年05月

  • 日本,電子回路材料,平尾俊一、関修平、雨夜 徹、太和田善久、辻良太郎,特願2010-72226(出願),2010年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Award for Outstanding Achievements in Bioorganometallic Chemistry,Toshikazu Hirao,International Syposium on Bioorganometallic Chemistry,2008年07月

  • Vanadis Award in Recognition of Outstanding Contributions to the Progress, Application, and Exploration of Vanadium in Science,Toshikazu Hirao,International Symposium on the Chemistry and Biological Chemistry of Vanadium,2008年07月

  • 大阪大学教育・研究功績賞,平尾俊一,国立大学法人大阪大学,2009年02月

  • Visiting Lecturer Award of the Chemistry Research Promotion Center, Taiwan,Toshikazu Hirao,Chemistry Research Promotion Center, National Science Council, Taiwan,2004年11月

  • MMS賞,平尾俊一,田中貴金属,2003年07月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会会長に岩澤氏,化学工業日報,2010年02月

  • 国際化学賞とバナディス賞 平尾俊一教授日本人初受賞,讀賣新聞,2008年07月

  • 三洋電機と大阪大学、色純度が高い赤色OLEDの発光材料を開発,日経江レクトロニクス,2005年03月

  • 国立大法人 地域連携への道,日本経済新聞,2004年04月

  • 大学工学部本社調査,日本経済新聞,2004年02月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 金属ナノ粒子分散ポリマーを製造する二つの方法

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 『大阪大学特別教授』による講演会,「機能有機化学の道を歩んで」,2015年02月

  • 第11回国際有機反応化学シンポジウム,Hybrid Catalysts Consisisting of Polyanilines and Metal Nanoparticles,2013年11月

  • 第25回国際有機金属化学会議,πボウルスマネン錯体,2012年09月

  • 第8回国際バナジウム化学・生物化学シンポジウム,V(V)で誘起される酸化的カップリング,2012年08月

  • 第61回高分子学会年次大会,ポリアニリン/金属ナノクラスターの合成,2012年05月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,第13回国際有機化学京都会議,組織委員会委員,2015年11月

  • 国際会議,第10回カルボアニオン化学国際会議,組織委員,2013年09月

  • 国際会議,第12回国際有機化学京都会議,組織委員,2012年11月

  • 国際会議,第10回国際有機反応シンポジウム,組織委員,2011年11月

  • 国内重要会議,第44回酸化反応討論会,実行委員,2011年11月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,日本化学会,副会長,2010年03月 ~ 2012年05月

  • 学会,日本化学会,支部長,2008年03月 ~ 2009年02月

  • 学会,日本化学会,広告委員会委員,2007年03月 ~ 2009年02月

  • 学会,日本化学会,次期近畿支部長,2007年03月 ~ 2008年02月

  • 学会,電気化学会,有機電気化学研究会常任幹事,2007年01月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 化学だいすきクラブ,2004年04月 ~ 継続中